納豆は健康増進に最適な食品ということを知ってましたか?

納豆は健康に良いんです。最近は臭いがほとんどない製品をありますし、健康のために食べてみませんか?

view290

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 朝ご飯なーぅ♡♡
    朝から納豆とか健康的^ ^
     

    健康的なことはわかるのですけど、どのように健康に良いのでしょうか?一個づつ見ていきましょう。

  • 免疫細胞のエサとなって免疫を強化します

    大豆に豊富に含まれる活性成分で、免疫細胞のエサとなります。免疫細胞である白血球とリンパ球は活動するにはエサとなる成分が必要で、納豆を食べてエサを多くとることで免疫を高めることができます。
    出典 :「大豆の健康効果」食物繊維/全国納豆協同組合連合会 納豆PRセンター
     

    免疫機能を高めて、病気を予防できるのですね。

  • 納豆を食べると血液サラサラって本当?
    血液がサラサラに?

    まず、「納豆を食べると血液がサラサラになる」「脳卒中や心肺梗塞を予防する」といわれることがありますが、これは、 納豆 に含まれる、ナットウキナーゼという酵素の働きから、そう考えられています。このナットウキナーゼは、血栓(血液のかたまり)を溶かす働きがあります。

    血栓溶解作用に対する臨床試験では、健康な成人を対象に、ナットウキナーゼを1日8回、計3900mg投与する実験が行われ、結果、血液中のEFA(フィリブリン分解活性)、FDP(血栓分解産物)、TPA(ブロウロキナーゼアクティベーター)の量が上昇する、という結果が得られています。
    出典 :2/3 納豆ってどれほど身体に良いの?? [食と健康] All About
     

    血液サラサラはいろいろな病気を防ぐことになります。

  •  

    怖い怖い脳卒中や心筋梗塞予防に繋がります。

  • 成人の約6.4人にひとりが糖尿病患者もしくは糖尿病予備軍とされる現代日本において、血糖値のコントロールは多くの人々の重大な関心事となっています。血糖値が急激に上昇するのは食事の後。ミツカンでは、納豆に食後血糖値の上昇を抑制する効果があり、かつ、納豆のほうが大豆に比べその効果が強い傾向にあることを、研究により確認、発表しました。
    出典 :納豆が食後血糖値の上昇を抑制することを確認:健康情報│ミツカングループ企業サイト
     

    糖尿病の予防にも良いのですね。

  •  

    血糖値も気にしている方が多いと思いますので、朗報だと思います。

  • ダイエットにもおすすめの納豆

    ダイエット中には不足しがちなタンパク質などの栄養素を補うのにも、納豆はとても向いているといえます。タンパク質が不足すると筋肉が落ちてしまったり、基礎代謝が下がり、太りやすくやせにくい体質に。

    また、大豆はビタミンB1・6やミネラルが豊富なほか食物繊維も豊富ですので、ダイエット中にありがちな便秘の解消や、美肌にも効果的なのです。

    高栄養価の大豆を発酵させ作られている納豆は、大豆の栄養成分がそのまま含まれ、しかも納豆へと変わるに当たり、健康効果は更にパワーアップ。

    納豆にはタンパク質を分解する酵素が大量に含まれているため、消化吸収率が良くなります。大豆(加熱)のままだと65%程度ですが、納豆に加工すると80%以上に吸収率が高まるんです。
    出典 :1パックで冬の動脈硬化を予防!納豆の意外すぎる健康効果(美レンジャー) - エキサイトニュース(1/2)
     

    ダイエットへの直接的な効果より、間接的な効果の方が重要ですね。

  •  

    直接痩せるというよりは、ダイエットの過程で不足する栄養を納豆で補うと考えた方が良いかもしれません。



  • 二日酔い、悪酔い防止

    アミノ酸が、アルコール分解酵素を作り出し、血中アルコール濃度を低下させる。
    出典 :1日1パックの納豆パワーで冬太りしない健康な体作り! : ライフハッカー[日本版]
     

    これからの時期、男性の方は飲む回数が増えて来ますから、これは嬉しいですね。

  •  

    旦那さんに勧めてみるのも良いかもしれません。

  • 納豆菌は、乳酸菌よりも整腸作用が強い!

    納豆 には 納豆 菌がいますが、この菌は、あの乳酸菌よりも整腸作用が強いといわれているのです。それに加え、腸内の腐敗菌を押さえ込む時間も、乳酸菌よりも長いといわれています。

    また、乳酸菌などの腸内常在菌の発育を促し、有害菌の増殖を防ぐとも言われています。腸の管理は、健康の第一歩。腸を綺麗に保つことで、免疫力を高めることが出来るのですが、納豆は、それに一役買ってくれるのです。
    出典 :2/3 納豆ってどれほど身体に良いの?? [食と健康] All About
     

    お腹が弱い人には牛乳よりも良いかもしれませんね。

  •  

    女性には嬉しいですね。

  • 納豆や大豆に含まれるフラボノイドの一種である『イソフラボン』は、更年期の、特に女性ホルモンに働きかけ、骨粗鬆症の予防や美肌・美白の効果があるとして近年注目されている成分である。
    出典 :納豆 食の栄養 食材の栄養 医学・健康情報サイト J-Medical
     

    納豆だけではなく、大豆製品一般に言える事ですが、納豆を食べるともちろんこの効果も享受できます。

  •  

    美肌は本当に憧れます。

  • 粘膜の傷の治りを早めます

    たんぱく質の合成に働き、細胞の機能を高める酵素の働きを助ける補酵素として作用します。その結果、傷の治りを早めてくれる効果が期待できます。また、胃粘膜の修復にも効果を発揮し、胃潰瘍の改善にも一役買っています。
    出典 :「大豆の健康効果」亜鉛/全国納豆協同組合連合会 納豆PRセンター
     

    ほんと万能薬みたいですね。

  • 発表された納豆菌にガンの抑制効果

    納豆菌を研究している学者は何人かいますが、納豆菌を専門に、継続的に、研究している現役の学者となるとさほど多くはありません。「納豆菌を飲んだ時の医学効果の研究」となると、実に限られてきます。それと言うのも、納豆菌は純粋培養がとても面倒だからです。研究には、安定した一定品質の納豆菌の培養が欠かせないのですが、納豆菌そのものの医学的な働きについての研究でいちばん有名なのが、昭和42年、金沢大学の亀田幸雄博士によって行なわれた制ガン効果の実験でしょうか。

    亀田博士は、次のような実験をしました。「両足の付け根にガン細胞を移植したハツカネズミの片方の足にだけ、納豆菌を注入してその後のガンの発達を観察したところ、納豆菌を注入しなかった足にはガンが発生していたが、注入したほうにはガンはなく、あったとしても半分以下の確率だった。」このことが新聞に発表されて大きな話題となりましたが、納豆菌がどんなメカニズムでガンを抑えるかについては不明な部分がありますが、ガンの抑制効果があることは間違いないようです。

    そのほか納豆菌の胞子にはどのような医学的な効果があるのか、それを実験するために高血圧になりやすい血統にあるラットを選出し、そのラットに高血圧の元とも言うべき塩分を与えて高血圧の素地を作りながら、これらのラットを二つのグループに分けました。そして一方には納豆を与え、一方には何も与えない実験をしたのです。その結果は一目瞭然でした。納豆を与えたラットは高血圧になりにくく、長命であったのに対して、納豆を与えなかったラットは高血圧になり短命でした。その結果を踏まえて、納豆の何に効果があったかを調べたところ、納豆菌の胞子に強い血圧上昇防止力があるということが分かったのです。

    これは血栓の生成を防止する効果とよく似ていますので、何らかの関係があるのかもしれません。でも残念ながら、その関連性については後の研究を待たなければならないようです。同じくネズミによる実験ですが、納豆菌に含まれる成分を慢性すい炎を起こしていたネズミに与えたところ、改善したという実験報告があります。


    出典 :スーパーベジタブルの成分
     

    これについてはまだ立証された訳ではないので、研究の進展を待ちましょう。

  • 苦手な人のための納豆の食べ方

  • ■全国の納豆のおいしい食べ方

    そんな日本人の美と健康の源である納豆の食べ方ですが、醤油と辛子をを入れてかき混ぜ、ご飯にのせて頂くというのがポピュラーかと思いきや、地域によって様々な食べ方で親しまれているようです。

    調べてみたところ、こんなおいしい食べ方がありました!

    (1)ハクサイの漬物を入れる/ 福島県

    (2)味噌汁に入れる(納豆汁)/山形県/岩手県/秋田県

    (3)雑煮に入れる(納豆汁)/熊本県/福岡県

    (4)刻んだ切り干し大根を混ぜ込んで醤油で味をつける(そぼろ納豆)/茨城県

    (5)天日干しする(干し納豆)/茨城県

    (6)塩と糠をまぶして鉄鍋で炒る(塩納豆)/山形県/高知県

    (7)ごま油、ショウガ、ニンニクで炒めた鶏の挽肉と和える(スタミナ納豆)/鳥取県

    (8)チーズ、パセリ、醤油、砂糖を加えて混ぜる(納豆あえ)/愛知県

    (9)馬肉を和えて醤油で味をつける(さくら納豆)/熊本県
    出典 :驚くほど健康効果がある「納豆」の超おいしい食べ方9つ - ビューティニュース - MSNライフスタイル
     

    いろいろな食べ方があるのですね。