女性ホルモンを味方に。すべすべ肌の作り方

女性ホルモンの周期を知って、美肌を積極的に手に入れましょう!

view129

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肌の不調、女性ホルモンのせいだった!

  • 不摂生したわけでもないのに急にニキビができたり、いつものスキンケアをしているのに化粧水がヒリヒリしたりすること、ありませんか? 実はそうした肌の変化は、女性ホルモンと密接な関係があるのです。
    出典 :エストロゲンと美肌の関係|美肌のレシピ
  • 女性ホルモンの周期を知って、上手に美肌

  • 女性の体は1カ月に“月経の週・排卵前の週・排卵後の週・月経前の週”の4つの周期を繰り返し、この周期ごとにホルモンバランスが変化してお肌の状態も変わっていきます。
    出典 :女性ホルモンを整えると、「美肌」が手に入る!? - Ameba News [アメーバニュース]
     

    つまり、4つの周期ごとに適切な肌ケアをすることで、お肌のコンディションが格段にあがるんです!

  • 月経の週

     

    抵抗力が低下して肌が乾燥したり、吹き出物ができたりデリケートに。
    洗顔はソフトにして、普段使い慣れているクリームを多めに塗布してたっぷりと保湿をするように心掛けて。

  • 排卵前の週

     

    ホルモンの分泌がアップしてコラーゲンが生成されるため、肌はトラブルが起こりにくい時期。新しいスキンケアアイテムを試してみましょう。
    また、エステサロンに行くならこの時期がおすすめ!

  • 「エストロゲン(女性ホルモン)」は、生理が終わると分泌量が増え始めます。ツヤやハリのある肌を生み出すホルモンです。
    エストロゲンの分泌量が多い卵胞期は、1カ月の中でも最もお肌の調子がいい時期。
    出典 :エストロゲンと美肌の関係|美肌のレシピ
  • 排卵後の週

     

    ホルモンの分泌が高まり、代謝が低下。水分を溜め込みやすく、むくんで肌がくすんだり、吹き出物ができたりしがち。
    半身浴をしたり、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を取り入れたりすると、血行が促進されて肌の免疫力もアップ!

  • 運動は、女性ホルモン分泌にも必須です。
    でも、ハードな運動をすればいいというわけではありません。
    からだの代謝を少しだけ高める運動がカギなのです。
    出典 :女性ホルモンの分泌をUPさせる9つの方法 | 美肌マニアの美容情報
  • 月経前の週

     

    体が冷えて血行不良になったり、胃腸の機能がダウンしたりすると吹き出物ができやすくなるので、入浴などで体を温めるとよいでしょう。
    肌のベトつきが気になったら保湿ケアを重点的にして。

  • 生理直前の不調期。気持ちも肌状態も落ち込みがち。そんな心身の“荒れ”に効果的なのがバナナ。糖分やカリウム、マグネシウム、ビタミンB6などビタミン・ミネラルがバランス良く含まれているので、むくみや疲労感をラクにしてくれるでしょう。
    出典 :女性ホルモンとお肌の関係 | スキンケア大学
     

    生理前にはバナナ!覚えておきましょう。

  • 日々の生活にも気を付けて

  • 日々の何気ない生活が、女性ホルモンへ影響します。
    ちょっと気を付けて、さらに女性ホルモンを味方に!

  • ストレスを受けると卵巣機能が低下し、それに伴ってコラーゲンやヒアルロン酸が少なくなるので要注意!
    出典 :女性ホルモンを整えると、「美肌」が手に入る!? - Ameba News [アメーバニュース]
     

    ストレスは肌荒れを引き起こすというけれど、卵巣にも働きかけてしまうんですね。

  • 夜は遅くても0時前に寝る!
    ホルモン分泌は、1日の生活サイクルを整えることでケアできます。
    毎晩夜更かしで、寝る時間が一定しなければ、ホルモン分泌の状態は悪くなるばかりです。
    出典 :女性ホルモンの分泌をUPさせる9つの方法 | 美肌マニアの美容情報