ベル麻痺のステロイド治療は副作用もあり大変なものになります

ベル麻痺の治療方法の一つにステロイド治療があります。
このステロイド投与は1週間くらいかけて行うために入院が必要になります。
ステロイドはいくつかの副作用もあるので患者さんは厳しい入院生活を覚悟する必要があります。

view257

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 顔面神経マヒ(ベル麻痺)とは?

  • 急性の顔面神経マヒというのは、ある日突然顔の半分、あるいは一部分が思うように動かせなくなる状態のことをいいます。顔にはいろいろな神経がありますが、中でも顔面神経は、顔面の筋肉を動かす大事な神経です。
    出典 :顔面神経麻痺の治療
  • この神経は脳を出てから耳の骨(側頭骨)の中を走行し、骨から外に出ると、耳下腺の中で眼、鼻、口唇に向かう3つの枝に分かれて、それぞれの筋肉に分布します。
    出典 :顔面神経麻痺の治療
     

    顔面神経は筋肉と細かく絡み合ってとても複雑な構造をしているのです

  • 顔面神経麻痺(ベル麻痺)を発症したらまず耳鼻科へ

  • 「ベル麻痺」は比較的予後はいいですが、発症の段階では、より後遺症が残りやすい「ハント症候群」、それに脳関係の疾患による麻痺などと混同しやすいです。きっちりと病院で診断してもらい、早い段階での治療開始が回復の可能性を上げます。
    出典 :顔面神経麻痺「ベル麻痺」完治。治療回復経験・教訓まとめ8つ | How to read maps
     

    早期発見が後遺症を残さないために重要なポイントなのです

  • ベル麻痺の症状が出たらまずは耳鼻科を受診しましょう

     

    このように、神経の走る道筋の大部分が耳の骨、耳下腺、顔面は、すべて耳鼻科の領域内にありますので、万一この病気にかかったら、まず耳鼻咽喉科でよく原因を探す必要があります。

  • 発症3,4日の段階で悪化はストップしましたが、医師からは「ステロイドを投与しても一週間は悪化するから」と念を押されていました。
    出典 :顔面神経麻痺「ベル麻痺」完治。治療回復経験・教訓まとめ8つ | How to read maps
  • なのでステロイド投与後すぐに効果が現われなくても、焦らない方がよいと思います。それと、あまり思い詰めると身体の血流が滞る可能性があるので、なるべく考えすぎず、出来る限り身体を休めるのがいいでしょう。
    出典 :顔面神経麻痺「ベル麻痺」完治。治療回復経験・教訓まとめ8つ | How to read maps
     

    患者になるべくストレスを与えないようにするのも大切なのです。

  • ベル麻痺の治療方法にはステロイドを使用します

  • ベル麻痺やウイルス性のマヒなど、急性の顔面神経マヒには、ステロイドとよばれるホルモン剤を早期に使用します。後者では、ヘルペスウイルスの特効薬であるゾビラックスという抗ウイルス剤を併用します。
    出典 :顔面神経麻痺の治療
     

    ウィルス性のベル麻痺にステロイドを投与するのが有効な治療法です

  • 軽症のマヒの場合は2週間から4週間程度で回復します。最近は、重症のマヒでもステロイドの大量'点滴でかなり高率に回復することが分かってきました。ただし、回復には時間がかかり、完治する率は100パーセントではありません。
    出典 :顔面神経麻痺の治療
     

    ベル麻痺はとても後遺症が残る可能性の高い病気で、100%の完治は難しいとされています

  • ベル麻痺の治療に需要なのは、原因を調べることです。
    原因が分かれば適切な治療を行うとともに、後遺症が残らないように麻痺に対する治療を早期に開始することができるのです。

  • 実際にステロイド治療をした患者の記録

  • 治療はステロイドパルス療法というものでした。まず大量のステロイドを点滴で体内に入れ、その後5日間かけて徐々に量を減らしていくというものでした。にやめるとショック症状が出るため、これが1セットで、効果があまり出なければもう1セットやるとのことでした。
    出典 :早期発見・治療に役立てて欲しい!体験した顔面神経麻痺の記録 | nanapi [ナナピ]
  • ベル麻痺の治療にステロイドを使用します

     

    だいたい1週間ほど、点滴でステロイドを投与する事になります

  • ステロイドは副作用が強いので、何か体調の変化があったらすぐに言ってくださいとの説明を受け、投薬を開始しました。点滴が終わってもほぼ体に変化はなく、一安心しましたが、問題は夜でした。
    出典 :早期発見・治療に役立てて欲しい!体験した顔面神経麻痺の記録 | nanapi [ナナピ]
  • ステロイドはドーピングにも使われるような、体を強く刺激する薬であるせいか、全く眠れないのです。巡回の看護婦さんに入眠剤にもらい、3時頃にようやく眠れましたが、これは入院中毎晩でした。
    出典 :早期発見・治療に役立てて欲しい!体験した顔面神経麻痺の記録 | nanapi [ナナピ]
  • 本当につらかったのがむくみです。目はパンパンで顔も1回り大きくなり、アンパンマンのようでした。
    出典 :早期発見・治療に役立てて欲しい!体験した顔面神経麻痺の記録 | nanapi [ナナピ]
  • ステロイド治療は副作用も多いため治療はとても大変なのですね