何を使う!?「慢性前立腺炎の薬」をきちんと知っておこう!

慢性前立腺炎の薬は何を使うのか!対処療法にしかならないかも知れない!?

view165

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 慢性前立腺炎とは

  • 日本の病院では現在、慢性前立腺炎、慢性骨盤痛は1999年にアメリカの国立衛生研究所(NIH)が作成した分類に従って診断しています。  前立腺の炎症が急性か慢性の分類、細菌性か非細菌性の分類、炎症性か非炎症性の分類、その他。これらを掛け合わせて4つに分類します。
    出典 :慢性前立腺炎 治療 原因
     

    分類される事で処方が変わるのです。

  • そしてこの4つの分類のどれに当てはまるかを調べるために尿検査をします。尿の中に白血球や細菌があるかないかを確認し、その状況により4つのカテゴリーのどれかが判明し診断されます。どのカテゴリーかが判明したらそのカテゴリーに則した薬が処方されます。
    出典 :慢性前立腺炎 治療 原因
     

    薬はこのように処方されるのです。

  • 慢性前立腺炎

     

    びっくりするかもしれませんが、性行為以外にも引き起こされる要因として、ストレスが関係していると言われています。その場合はしっかりとストレスを発散させることで予防が出来ると思います。

  • 細菌性の場合

  • 細菌に有効な抗菌薬・抗生剤の内服を4〜6週間行い治療をします。慢性的な炎症を起こしている前立腺に、抗菌薬・抗生剤は効きにくい こともあり、長期間(数ヶ月)の服用が必要となることもあります。気長に治療を続ける必要があります。
    出典 :慢性前立腺炎の症状、感染原因・悪化原因と治療対処・対策 | 男の性病症状診断.net
  • 非細菌性の場合

  • 一般雑菌による感染の合併も多くみられるため、抗菌剤・抗生剤の内服を1〜2週間行うこともあります。また、医師にる前立腺マッサージにて 前立腺液の排出も行うこともあります。 これらの治療にて改善が見られない場合は、対処療法となってしまうことも少なくありません。
    出典 :慢性前立腺炎の症状、感染原因・悪化原因と治療対処・対策 | 男の性病症状診断.net
     

    こういう事もあるのですね。

  • 大体どこの病院に行っても

  • 病院で慢性前立腺炎と診断された患者様はだいたい複数の病院を受診しているのです。ある病院で慢性細菌性前立腺炎と診断されると、抗生物質を処方されます。すると、細菌は一か月も経過すれば抗生物質のおかげでいなくなります。
    出典 :慢性前立腺炎 治療 原因
  • これで痛みが取れる場合はいいのですが、薬の服用を止めると痛みが再発したり痛み以外の症状が残ったりする場合が多くあります。その場合に同じ病院へもう一度行くと「もう菌は検出されないので治っています。」「気にしすぎです。」と言われるので他の病院へ行くことになります。
    出典 :慢性前立腺炎 治療 原因
  • 処方される薬とは

  • 慢性前立腺炎/骨盤内疼痛症候群で処方されるお薬には植物製剤、漢方薬、抗菌薬、安定剤、αブロッカーなどがあります。お薬は医師の指示とおりきちんと服用しましょう。
    出典 :治療について|男のストレスと慢性前立腺炎
  • 慢性前立腺炎/骨盤内疼痛症候群は治りにくい病気ですが、命に関わることはありません。 毎日を快適に過ごすためにも泌尿器科を受診して治療することをおすすめします。あせらず、リラックスして粘り強い治療を続けることが大切です。
    出典 :治療について|男のストレスと慢性前立腺炎
  • 治療薬を服用して

     

    長い間付き合う事になる病気ですが、とりあえずまずは予防に努めるという考えを持ちましょう。しっかりと予防をしていれば辛い症状と戦う回数も減るのです。