産後のトラブルから早く回復するには

産後、女性にはどんなトラブルが待っているのでしょう?それらのトラブルから早めに回復する方法は?

  • MUMMY 更新日:2014/05/12

view146

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 産後はどんな変化がある?

  • ■出産による母体の変化
    分娩による体力・気力の消耗
    出血による貧血
    子宮の回復……3~4週間で元の大きさに戻る
    骨盤周囲の筋肉の弛緩……1~2カ月で元に戻る
    膣や外陰部の損傷……1カ月で治る
    悪露(子宮や膣などから排出される産後の分泌物)の出現……4~6週間かけて徐々に消える
    ホルモン分泌の変化→産後うつ(産後6カ月まで要注意)
    出典 :実録健康ネタ
     

    母体の様々な場所を修復させなければなりません。
    焦らずゆっくり治していく必要がありますね。

  • 出産後は、ホルモンバランスの変化などによって、「産後うつ」といった状態になる場合があるようです。
    出典 :産後の健康管理
     

    これに加えて授乳等の睡眠不足が加わるわけですね。

  • 産後数日間の間に多くの女性がマタニティーブルーズを発症します。情緒不安定な状態や、抑うつ気分、不安感、イライラなどの精神状態がありますが。その中に不眠感などの睡眠障害を訴える率も急増します。マタニティーブルーズの症状は数日でおさまるケースがほとんどですが、睡眠障害が深刻になると産褥うつ病や、育児ノイローゼにも進行するケースがでてきます。
    出典 :産後のメンタルヘルス…ストレスをためない体質づくり [ストレス] All About
     

    周囲の支えがほしいところです。

  •  

    赤ちゃんとの時間ははじめは大変ですがなるべく楽しみたいものです。

  • 産後の疲れそのものが、体全体の免疫力を低下させているので、病気にかかりやすい状態になっているとも言えます。
    そして、ゆったりと過ごした妊娠期間に比べ、産後はあわただしく、昼夜もない生活が続き、体の回復もままならないでしょう。
    出典 :産後のトラブル-産後ダイエットと健康のために・・・ 産後生活情報サイト
     

    産前に周囲とサポートについて話し合ってもよいかもしれません。

  • 産後はどのぐらいの期間で回復する?

  • 横になって過ごす3週間という期間は、体のしくみが明らかになってきた現代の知識と照らし合わせても、理にかなったものです。お産直後の子宮は大きくておへそのあたりまでありますが、徐々に小さくなっていき、産後3週間ほどをかけてもとの状態に戻っていきます。産後は「悪露」と呼ばれる出血が続きますが、この量が減ってくるのも3週間が目安です。出産で開いた骨盤が徐々に閉じていくためにも、同様の期間が必要です。
    出典 :産後をゆったり過ごす「産褥入院」とは [出産準備] All About
  •  

    3週間は子育てと体の回復に努めましょう。

  • 出産後から、元の通常の女性の身体へと戻っていく期間として、おおよそ元に戻る時間としては、出産後6週間~8週間までくらいといわれています。
    出典 :産後の肥立ちの意味と期間~出産後の母体の健康 | 骨盤パワー
     

    早く職場に復帰したいと焦ってはいけません。

  • どんな食べ物が産後には良い?

  • 産後の肥立ちを良くする食事や食べ物としていわれているのが、穀物や根菜、野菜や海草、また、豆類中心の食事がいいとされているようです。

    その他にも、黒砂糖を熱湯で溶いたものや、ラズベリーの葉(ラズベリーティー)なども良いとされているようです。

    また和食を中心とした食事も、産後の肥立ちを良くする食事として良いといわれているようです。
    出典 :産後の肥立ちの意味と期間~出産後の母体の健康 | 骨盤パワー
  •  

    昔ながらの和食が良いようです。

  • 産後の肥立ちが悪い、母体の心身の状態が上手に回復しない場合には、人それぞれの症状などがありますので、その症状に適合した食事や食べ物が有効に働くのではないかと予想されます。

    まずは、産後の肥立ちの期間はゆっくりと身体と心を休めて、毎日の食事などは適切な食生活を心がけ、それでも産後の肥立ちが悪いと感じた場合は医療機関などの診察を受けて、その根本原因などを調べて、その症状に合った食事などを摂ることが望ましいと思います。
    出典 :産後の肥立ちの意味と期間~出産後の母体の健康 | 骨盤パワー
  • 産後にしていいこと

  • 初回歩行のあとは、ムリのない範囲で少しずつ体を動かしていきましょう。軽い産褥運動を始めるのもおすすめです。入院中に体をまったく動かさないで過ごすと、子宮の回復が遅れたり、まれに血栓症などのトラブルが起こることがあるので気をつけて。
    出典 :産後の体の回復スケジュール - gooベビー
     

    あくまでも無理のない範囲で。

  • 家事も育児も1人でがんばりすぎると、とたんに体調を崩してしまいます。自分の体力を過信せず、周りの人にじょうずに協力を求めていきましょう。
    出典 :産後の体の回復スケジュール - gooベビー
  • 産後の予期せぬトラブルから早めに回復するためにも、周囲の支えをうまく利用していきたいものです。