びっくり!?「歯肉炎で口が臭い」こんな事あるの!?

歯肉炎で口が臭い!という事になる場合があるのです。歯周病は口臭の原因とされている!

view164

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 歯肉炎で口臭!?

  • 歯の病気の一つに歯肉炎というものがあります。これは、歯の土台となっている歯肉の部分が炎症を起こしてしまうことです。歯肉の部分は、主に歯茎といった呼ばれ方をしています。口を大きく開けてしゃべれないほどまで歯茎が腫れてしまったという経験のある人もいるでしょう。この状態になると、かなりの痛みを伴います。
    出典 :歯肉炎による口臭 | 口臭の原因を考える! 口臭の原因をつかんで口臭を予防
     

    痛みをともなってしまうのですね。

  • 歯石の部分で細菌が増殖してしまい、その段階で歯肉の部分にも入り込んで炎症を起こしてできます。主に、歯茎と歯の隙間の部分から入り込んでいき、その中で増殖して歯肉の部分で分解された歯垢や食べ物の残りかすを腐敗させて膿みを生じさせてしまうのです。この膿みの臭いは、自分でも気づくほどの悪臭を放ちます。
    出典 :歯肉炎による口臭 | 口臭の原因を考える! 口臭の原因をつかんで口臭を予防
     

    歯肉炎で口が臭い理由はここにあるのです。

  • 口臭のなかでも、相当にひどいものといえるでしょう。こうしたケースでは、もちろん痛みを伴うために通院を余儀なくされますが、痛みが一時的に引いたときなどは、治ったものと勘違いされるので注意が必要です。腐敗が進んでいないために炎症が引いただけで、その素となるものは解決されていないからです。
    出典 :歯肉炎による口臭 | 口臭の原因を考える! 口臭の原因をつかんで口臭を予防
  • 歯肉炎では

     

    膿みが出来ていないので、口臭が抑えられているそうですが、いつでも条件がそろうと膿みが出来てしまう為口臭の原因となってしまう事が多いのです。歯槽膿漏になってしまうと尚更なのです。

  • 妊娠中も要注意!?

  • 妊娠中はプロゲステロンやエストラジオールといった女性ホルモンの影響で虫歯や歯周病にかかりやすくなります。歯肉から出る歯肉溝浸出液(しにくこうしんしゅつえき)という体液と女性ホルモンが混ざって細菌の繁殖を助けます。歯肉炎に妊娠という因子によって歯茎が腫れたり出血しやすくなります。妊娠2~3ヶ月からかかりやすくなります。
    出典 :【歯肉炎】 - 歯の治療マニュアル
     

    このようになってしまうと口臭の原因になってしまう事もあるのです。

  • 歯肉炎を放置すると

  • 歯肉炎を放置していると炎症が周囲に広がり歯周病になってしまいます。以前は、歯槽膿漏と呼ばれていました。歯周病は、初期の段階では症状がないので、気づかないうちに進行してしまいます。
    出典 :口臭の原因と対策法: 歯周病による強烈な臭い
  • 歯周病を起こす細菌は誰の口内にもあり、程度の差はあっても成人の7、8割は歯周病にかかっているといわれています。中高年に多い病気ですが、最近は10代、20代の若い人にもみられます。忙しくて数日歯磨きを怠ったりすると、歯茎が赤く腫れてきます。これは歯肉に炎症が起こっている状態で、歯肉炎といい軽度の歯周病です。
    出典 :口臭の原因と対策法: 歯周病による強烈な臭い
     

    このような事が起きるので注意したいのです!

  • 口臭が出る前に対処をしよう

  • 同じような歯磨きを続けていては、歯肉炎は治りません。これまで以上のブラッシングを必ず毎日行なうようにします。この際、歯ブラシが歯と歯肉の両方接触するようなイメージで磨きましょう。
    出典 :歯肉炎の予防・治療 [歯周病] All About
  • 歯石は自分では取ることができないので、病院で除去してもらいましょう。この歯石を付着したままにしておくと歯周病に進行し、歯の周囲の骨や歯肉などが失われる原因となります。
    出典 :歯肉炎の予防・治療 [歯周病] All About
  • 歯肉炎の段階で治療し、歯間ブラシなどを用いて歯のケアを怠らないようにし、早期発見などにも努めましょう。
    出典 :歯肉炎による口臭 | 口臭の原因を考える! 口臭の原因をつかんで口臭を予防
  • 予防するには

     

    歯肉炎を予防するには何といっても日ごろの歯磨き、歯肉マッサージです。プラークを歯に寄せ付けないようにすることが大切です。放っておくと1度歯肉炎を治療したことがある人でも再発したり歯周炎に進行してしまいます。歯と歯茎の間って、意識しないと磨かないかもしれませんよ!