全身性エリテマトーデスという膠原病の病気について

膠原病を一つの病気と思っている人も多いと思いますが、膠原病はそれぞれの病気の総称です。そんな膠原病の一つである全身性エリテマトーデスという膠原病について、まとめてみました。

view215

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 赤い発疹が出る「全身性エリテマトーデス」

  • 全身性エリテマトーデス(SLE)は、名前の通り、全身の様々な臓器に炎症が起こる病気。症状が起きる臓器によって、さまざまな症状が出ます。Lupus(ループス)は、ラテン語で「狼(おおかみ)」と言う意味で、erythematosus(エリテマトーデス)は「紅斑(こうはん)」と言い赤い発疹を指します。
    出典 :全身性エリテマトーデス(SLE)の症状 [膠原病・リウマチ] All About
  • つまり、「全身性エリテマトーデス(SLE)」は、狼に噛まれた跡のような赤い発疹が全身に出てくることからついた病名なのです。
    出典 :全身性エリテマトーデス(SLE)の症状 [膠原病・リウマチ] All About
  •  

    日本ではの患者数は約2万人~4万人と言われています。

  • 紫外線、ウイルス感染、怪我、外科手術、妊娠・出産、薬剤などの様々な原因によって免疫異常が起こってしまい、そのために症状が出てしまいます。日本ではの患者数は約2万人~4万人いると考えられて、男:女は1:9で女性に多く、10代後半から30歳ぐらいまでの女性に多いと言われています。
    出典 :全身性エリテマトーデス(SLE)の症状 [膠原病・リウマチ] All About
  • 全身性エリテマトーデスという膠原病の症状とは?

  • まず、膠原病はひとつの病気の名前ではなく、総称であって診断名ではありません。

  • 膠原病をご存知の方でも、一つの病気と思っている方がいらっしゃいますが、膠原病は総称であって診断名ではありません。膠原病はそれぞれの病気ごとや個々人により、症状・経過・予後、そして治療方法が全く違います。
    出典 :膠原病と仲良くする100の方法
  • 全身性エリテマトーデス(SLE)は、細胞の核成分に対する抗体を中心とした自己抗体(自分の体の成分と反応する抗体)が作られてしまうために、全身の諸臓器が侵されてしまう病気です。よくなったり悪くなったりを繰り返し、慢性に経過します。
    出典 :全身性エリテマトーデス - goo ヘルスケア
  •  

    全身性エリテマトーデスでは、非常に多くの症状が発症します。

  • 一般的に、全身症状、皮膚関節症状がほとんどの患者さんに見られます。これに、さまざまな内臓、血管の病気(一人一人異なる)が加わります。この内臓の症状が全くない軽症のタイプもあります。
    出典 :難病情報センター | 全身性エリテマトーデス(公費対象)
  • もっとも有名なのは、頬に出来る赤い発疹で、蝶が羽を広げている形をしているので、蝶型紅斑と呼ばれています。 皮膚をさわると、一つ一つが丸い発疹が、重なりあい、少し盛り上がっているのが特徴です。同じ、頬に出来るものにも、盛り上がりのない、ハケで薄紅色の絵 の具をぬったような紅斑も見られます。
    出典 :難病情報センター | 全身性エリテマトーデス(公費対象)
  • 強い紫外線にあたった後に、皮膚に赤い発疹、水膨れ、あるいは熱が出る人がいます。このような症状は、日光過敏症といい、この病 気でよく見られます。この症状が、病気の始まりであることも少なくありません。
    出典 :難病情報センター | 全身性エリテマトーデス(公費対象)
  • 【その他の症状】
    全身症状(発熱、全身倦怠感、易疲労感など)、関節症状(手や指が腫れて、痛む関節炎など)、脱毛、口内炎、臓器障害

  • 全身性エリテマトーデスの症状は沢山あって、いずれの症状も初発症状としての可能性が沢山あって、どのような症状なのかはすべての患者さんに違いがあります。
    出典 :私の膠原病(SLE)との闘病記
  • そして、この病気の患者さんはこれらのすべての症状を持つ訳ではありません。全経過を通して、一つの臓器の障害や症状で済む患者さんもいれば、二つ以上の臓器障害が、同時にまたは時を異にして認められる患者さんもいます。
    出典 :私の膠原病(SLE)との闘病記
  • 免疫異常によって全身に炎症が起こっているので、炎症を抑える治療が中心になります。特にどの臓器が炎症を受けているかによって多少の治療の違いはありますが、現在ではステロイドを中心として炎症を抑える治療を行います。
    出典 :全身性エリテマトーデス(SLE)の検査・治療 [膠原病・リウマチ] All About
  •  

    全身性エリテマトーデスの原因は、まだよくわかっていませんが、さまざまな要因が考えられています。

  • SLEの原因はまだよくわかっていませんが、動物モデルにみられるように、複数の遺伝的要因が関与することは確実だと思われます。これは、ヒトでも一卵性双生児でのSLE発症の一致率が約70%と高いことからも裏づけられます。
    出典 :全身性エリテマトーデス - goo ヘルスケア
  • こうした遺伝的素因に、何らかの外因(感染症や紫外線など)が加わって発症するものと考えられています。また、女性に圧倒的に多いことから女性ホルモンが関与している可能性も示唆されています。
    出典 :全身性エリテマトーデス - goo ヘルスケア
  • 最後に

  • 現在では早期の診断が可能となり、有効な治療法が確立されてきたためSLEの予後はこの30年で著しく改善されました。しかし、経過の予測は困難で、実にさまざまな経過を取ります。一般的には、初期の炎症コントロールが良好であれば、長期にわたる経過の見通しも良好とされています。
    出典 :全身性エリテマトーデス | 帝京大学医学部内科学講座リウマチ・膠原病グループ/研究室
  • 「膠原病」という病名は、「難病」「一度かかると治らない」といったイメージを持つ人が多いようですが治療法も確立されてきています。症状に気になるものがある場合には、早めの診断を心がけましょう。