偏頭痛にコーヒーは効果的!美味しく飲んで偏頭痛を乗り切ろう!

ズキズキ痛む偏頭痛。偏頭痛にコーヒーを飲むと効果的って聞いた事ありませんか?美味しく飲んで、偏頭痛を解消できるなら試してみたいですね!                                                                              

view200

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 偏頭痛とは?

  • 片頭痛の特徴

     

    脈打つような拍動感を伴う強い痛みがある点で、痛み方は「ドクンドクン」「ズキンズキン」「ガンガン」などと表現されます。
    この拍動感のある痛みは、一般的には頭の片側に生じますが、頭の両側に生じる場合もめずらしくありません。痛みは進行すると拍動感がなくなり、持続的な痛みとなります。
    起こる頻度は月に1~2回程度で、痛みは4時間から人によっては72時間ほど続きます。 痛み以外にも、吐き気や嘔吐を伴ったり、光、音、匂いなど外界の刺激に敏感になる場合も多いといわれています。

  • 片頭痛は頭の片側からこめかみにかけて脈打つように「ずきずき」「がんがん」と痛み、ひどいときには日常生活が妨げられるほどの強さの痛みや、吐き気を伴うとてもつらい頭痛です。
    片頭痛は思春期頃から発症することが多く、日本では人口の約8%が罹患していて、中でも若年から中年の女性に多いといわれています。
    出典 :片頭痛 | e治験.com
  • 原因は?

  • 偏頭痛の原因とは

     

    現在偏頭痛の原因ははっきりと解明をされていません。
    偏頭痛の原因の一つに血流が関係しているといわれていますが、動脈の収縮によって脳への血流の変化によって偏頭痛が引き起こされるということです。
    脳への血流変化を引き起こす原因として言われているのが、ストレス、疲労、睡眠不足などの不規則な生活習慣や食べ物、飲み物などによって血流の変化を引き起こす原因といわれています。

  • 片頭痛の種類

     

    小児や高齢者を除いてたいていの人が頭痛のあらわれる30分から数時間前に前ぶれを感じます。 片頭痛は、前兆(目の前にチカチカと光が見えたり、星が見えたりする症状:閃輝暗点)のある片頭痛と、前兆はないがなんらかの前駆症状(頸すじ・肩の張り、生あくびなど)のある片頭痛、前兆も前駆症状もまったくない片頭痛と、大きく3つに分類されます。

  • コーヒーと頭痛の関係

  • カフェインには頭痛をやわらげる作用がある

     

    カフェインは、コーヒー、紅茶、緑茶などに含まれる成分としてよく知られていますが、実は鎮痛作用をもっています。
    医薬品として使われている成分でもあり、鎮痛薬にもカフェインが配合されているものが多くあります。
    頭痛のときに、鎮痛薬の飲み過ぎが少し気になるという場合は、かわりにカフェインをとると有効なことがあります。

  • 頭痛はタイプや症状により、治し方もそれぞれ変わってきます。
    症状が辛い場合は診察を受ける必要がありますが、強い痛みをともなう鎮痛剤の効きにくい偏頭痛にコーヒーが効果があると言われています。
    出典 :頭痛 治し方 コーヒー
  • コーヒーや紅茶等に含まれるカフェインには鎮痛作用があるため、鎮痛薬の飲み過ぎで胃が荒れたり習慣として利用するのに便利です。コーヒーの鎮痛作用は鎮痛剤等の薬品にも使われています。
    上手な飲み方として重要なことは痛みが起きる予感がしたときに飲むことです。痛みが起こってからでは効果が見込めません。
    出典 :頭痛 治し方 コーヒー
  • カフェインの作用

  •  

    カフェインには脳血管を収縮させる作用があります。その関係でカフェインをとると偏頭痛がやわらぐと言われるのです。さらにカフェインには眠気や疲労感を取り除き、思考力や注意力を増す作用があると言われています。

  • ◎中枢興奮作用・・・脳の働きや感覚を高め眠気や倦怠感の解消
      ◎骨格筋への作用・筋肉を収縮させる働きにより疲労を軽減する
      ◎利尿作用・・・ 腎臓の血管を拡張させる働きがあり、尿の
               生成を増加させて、尿の量を増す。
    出典 :カフェインで頭痛を軽くする
  • ◎心筋への作用・・・心筋の収縮、脈拍、拍出量を増加。
      ◎脳の血管への作用・脳の血管を収縮させる働きがあり、
                血管拡張型の頭痛である片頭痛の
                痛みの軽減に効果があると考えられる。
    出典 :カフェインで頭痛を軽くする
  • コーヒーの取りすぎに注意

  • カフェインは偏頭痛を悪化させる?

     

    専門家は下記のように言います。
    •カフェインは痛みに影響します。
    •カフェインは頭痛に効果がある場合があります。しかしカフェインを摂るのは1週間に2回以内にすべきです。
    •偏頭痛の人がカフェインを週に3日以上摂ると依存性が生じ偏頭痛の頻度が高まるかもしれません。
    •頻繁に頭痛がある人は、一切カフェインを取らないのが理想的です。少なくとも頻度が少なくなるまで控えましょう。

  • アデノシンという体内で重要な働きをしている物質(ヌクレオシド)があり、アデノシンは中枢神経に対しては抑制的に働きます。一方カフェインはアデノシンの作用を阻害します。カフェインに覚醒的な作用があるのはこのためです。そしてカフェインの効果が切れるとき、血管が拡張するのだそうです
    出典 :カフェインは偏頭痛を悪化させる - 米国統合医療ノート
  • カフェインと禁断性頭痛の関係

     

    偏頭痛をやわらげると言われるカフェインですが、カフェインの依存性には気をつけなければなりません。1日500ミリグラム以上のカフェインをとっていると、カフェインがきれた時に血管が拡張し偏頭痛が起こると言われています。カフェインを摂取すると偏頭痛が治まります。コーヒー1杯に含まれるカフェインは100~150ミリグラム、お茶1杯50~75ミリグラム、コーラはコップ1杯50ミリグラムです。カフェインの摂り過ぎは神経過敏、睡眠障害、利尿、吐き気などにも関係します。偏頭痛をやわらげるカフェインですが、摂取量には注意しましょう。