紫外線を防ぐ!日焼けを予防するワザ&アイテム

この暑い夏の季節、当然日焼けが怖くなってきますよね。皆さん様々な日焼け対策をされておられることでしょうが、あふれんばかりの紫外線を防ぎきるのは至難の業。そんな意外と難しい日焼け対策について役立つ技やアイテムを調べてまいりましたのでご覧ください。

view109

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 真夏の紫外線

  • 夏の紫外線は特別

     

    夏の紫外線量は冬の2倍と言われるほど強烈。日照時間も長く冬のそれとはダメージが違ってきます。日照時間の長さから朝塗った日焼け止めだけでは十分なケアとはなり得ません。夏にはもう一工夫が必要となってきます。

  • 日焼け対策

  • 日焼け止めの使い方

     

    単純に日焼け止めと言ってもただ塗りたくればいいというものではありません。状況に応じて使用するアイテムを使い分けましょう

  • 用途別日焼け止めの選び方
    ちょっとそこまでにも、ビーチにも、同じ日焼け止めを使っていませんか? クリーム・乳液・スプレー・ジェル・シート、コスメに含まれるものも合わせたら、数え切れないタイプの日焼け止めがあります。それぞれの利点を知って、シーンごとに使い分けるようにしましょう。
    出典 :まだ間に合う!夏の紫外線対策 | スキンケア大学
  • 本当に効果のある紫外線対策グッズは?

  • 日傘と帽子で直射日光の95%を遮ることができます。しかし手や腕は露出していることが多いのでUV手袋などでのケアが大切です。さらに直射日光でなくても壁や地面から紫外線は反射しますし、海や山では乱反射してどこから浴びるか分かりませんから、トータルでケアしてあげましょう。
    出典 :まだ間に合う!夏の紫外線対策 | スキンケア大学
  • うっかり日焼けに要注意

  • 太陽から出た紫外線は、空からまっすぐ降り注ぐ『直射光』と、空気中で広がる『散乱光』の2種類あります。この『散乱光』の量は、紫外線全体の約60%とも!アスファルトや建物などにぶつかってできる『散乱光』は、直射日光を浴びていなくても、お肌には確実に紫外線が届いています。また、4~8%ぐらいは地面に反射して下から浴びるといわれているので、日陰にいても紫外線は侮れませんよっ!
    出典 :夏の紫外線対策!うっかり日焼けに要注意! | ピュアラバリ
  • 曇りの日

  • 「今日はお天気が良くないので、紫外線も少なくって大丈夫。」と思いがち。でも、紫外線は雲を通過し、地表までしっかり届いています。雨雲の時で、快晴日の20%~30%、薄曇りであれば50~80%ほどの紫外線は届いています。曇りの日こそ、手抜きは禁物です!
    出典 :夏の紫外線対策!うっかり日焼けに要注意! | ピュアラバリ
  • 部屋の中

  • 車を運転していると、左右の腕の色が違うなんてことありませんか?日陰でも窓ガラスでも、なんなく通過しちゃうのが紫外線A波。窓から差し込む紫外線には、無防備になりがちですので、車内では長袖を着たり手袋をするなどして工夫をしましょう。室内でも同じことなので、大きな窓の近くには寄らないほうがベターですよっ。
    出典 :夏の紫外線対策!うっかり日焼けに要注意! | ピュアラバリ
  • 日焼けの防ぎ方

  • 日焼け止め以外の防ぐ方法

     

    日焼けを防ぐ方法は何も日焼け止めを塗るだけではありません。多方面から日焼けを防ぐ方法を考えましょう。

  • 日焼け対策は食べることから

  • ビタミンA、ビタミンC、 ビタミンE 。どれも紫外線対策に非常に有効な栄養素です。ビタミンCはシミやそばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑える働きのほか、肌のハリの元となるコラーゲンやエラスチンの生成を促進する働きがあります。
    出典 :意外と知らない?日焼け対策 | スキンケア大学
  • 紫外線を通さない衣服を選ぶ

  • 衣服には素材によって、紫外線を通すものと通さないものとがあります。紫外線を通さない素材は、ポリエステル素材と綿素材です。最近ではUVカットを前提とした衣服も多く販売されていますので、日焼けをしたくなり場合は、賢く利用しましょう。
    出典 :知っとこ!日焼け対策の3新事実|内&外側から体を守る方法
  • 冷やして、水分補給

  • 日焼けは火傷と心得ろ!冷やし方は、保冷剤やビニール袋に入れた氷をタオルに包んで冷やしたり、冷たいシャワーをあてたりすることをオススメします。化粧水やクリームは肌に刺激を与えるので、敏感に赤くなっていたり痛みがある場合は、治るまで避けてくださいミネラルウォーターなど水分補給をしっかり行い、内側からのケアもきちんとしましょう。
    出典 :【日焼け後のアフターケア】~しまった!日焼けしてしまったあなたへ~ - NAVER まとめ
  • 皮膚の水分補給

  • 日焼けした2、3日後にはメラニン色素が大量に増え、肌が黒くなります。これはメラノサイトというメラニン色素を活性化させる細胞が炎症により刺激されて起こる現象です。しっかり水分補給をして、お肌を沈静させましょう。
    出典 :【日焼け後のアフターケア】~しまった!日焼けしてしまったあなたへ~ - NAVER まとめ