保湿効果バツグン!のセラミドが入っている化粧品

綺麗な肌作りは保湿が大切!
ということで、保湿力が最も高いといわれているセラミドについて調べてみました。

view126

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • セラミドって?

  • セラミドとは、人間の肌にもともとある成分のひとつで、肌細胞の間に存在し、水分や油分をため込んでくれる、優秀な保湿成分です。
    出典 :セラミドの保湿&美肌効果を徹底調査してみました
  • 肌(角質層)は、『角質細胞』という細胞が、たくさんくっつき合って、構成されています。そして、細胞同士は、細胞間脂質(さいぼうかんししつ)という、接着剤の役割を持つもので、繋ぎとめられています。 セラミドは、この細胞間脂質に含まれる成分の一つです。
    出典 :セラミドって本当に乾燥性敏感肌に効果があるの? | 乾燥肌のスキンケア
  • 体内のセラミドが減少するからといって、化粧品で肌にセラミドを補ったとしても、体内まで浸透することはありません。これは、当たり前のことです。つまり、セラミドは、体内ではなく、肌の上でしか活躍できないということになります。
    出典 :セラミドって本当に乾燥性敏感肌に効果があるの? | 乾燥肌のスキンケア
  • バリア機能を司っているのは肌表面を覆う角質層と呼ばれる部分です。さらに細かく見ると、角質層には、角質細胞というものが10~15層ほど積み重なった構造になっています。そして、その細胞と細胞のすき間を埋めるように満たされているのが「セラミド」と呼ばれる脂質です。
    出典 :アトピー肌さん必見!保湿のカギはセラミドにあり | スキンケア大学
  • セラミドは肌のうるおいといった保湿機能の改善や、肌から水分が蒸発するのを防止したり、外部からの刺激や細菌の進入を防ぐ働きがあります。これは、セラミドが角質層においてバリアとして機能していることを意味しています。
    出典 :セラミドとは|美肌成分の説明一覧
  • は、科学的にはまだ腸からセラミドがどのぐらい吸収されるのかは、まだ研究段階とのことなので…質の良いセラミドを効率良く吸収したいと考えている乾燥肌や敏感肌の方は、やはり肌から吸収させるほうが効率がよさそうです。
    出典 :セラミドのためのスキンケアとおすすめの食品
  • セラミドと一緒に取りたい保湿成分

  • みなさんは、アンチエイジング対策としてセラミドかコラーゲンか、ヒアルロン酸かという選択肢に悩んでいるかもしれません。ですが、それらの美容成分は各々をサポートし合っているので、単体ではなく一緒に摂取するのがおすすめなのです。
    出典 :お肌をうるおすセラミド化粧水ランキング
  • セラミドは肌のバリア機能を正常にし、水分を閉じ込めてキープする働きをもつ、美容には欠かせない成分です。また、様々な保湿成分や美肌成分との相乗効果があり、それを併用することでその効果が何倍にも高まったり、より効率よく肌をキメ細やかにすることができます。
    出典 :セラミドと一緒にとりたい保湿成分
  • セラミド効果がある化粧品たち

  • ソフィーナボーテ

  • そんな夢をかなえるお手伝いをするソフィーナボーテシリーズは、スキンケア業界でセラミドをいち早く取り入れ、30年以上にわたり技術を進化させてきたソフィーナだからこそ提供できる成分をふんだんに配合したデイリーケアコスメです。
    出典 :セラミド化粧品ソフィーナボーテ愛用者からの口コミ
  • 花王 キュレル

  • 皮脂や乾燥に特化したものはもちろん、美白ケアなどもあり乾燥肌を克服したその先でもずっと使える、お肌にやさしいシリーズです。フェイスケアだけでなく、ボディやヘアまでトータルケアできるのも乾燥肌には嬉しいところ。
    出典 :キュレルの口コミ | セラミドが決め手な化粧品カタログ
  • セラミドは直接肌につけた方が効果的です。
    そして、さらにその保湿効果を高めたいと考えているのであれば、セラミドに加えて、コラーゲンやヒアルロン酸を一緒に摂取することでより保湿力があがります。
    各メーカーからアンチエイジングを兼ねた化粧品シリーズがあります。その中にはセラミドを含有した商品まで。こららをうまく使って保湿を高めていきましょう。保湿力を高めれば、乾燥によるシワや日焼けによるシミなどを防ぐことができるでしょう。