30代以上の女性に多い【子宮腺筋症】の症状は?

30代以上の女性に多い子宮腺筋という病気。その症状をご紹介いたします。

view201

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 子宮腺筋ってなに?

  • 子宮腺筋症とは、通常であれば子宮内にある子宮内膜が、何らかの原因で子宮の筋層の中へ入り込んでいく病気です。
    出典 :子宮腺筋症ってどんな病気? [不妊症] All About
  • 月経では子宮内膜が出血とともにはがれ落ちますが、子宮筋層にもぐり込んでいる子宮内膜からも月経時に出血が生じます。それが病気の元となります。
    子宮腺筋症
    子宮腺筋症は強い腹痛が特徴的です。

    そして、出血したところが治るとそこに瘢痕という硬い組織ができます。そのため、子宮のサイズが月経毎に徐々に大きくなっていきます。場合によってはソフトボールぐらいの大きさになることもあるそうです。
    出典 :子宮腺筋症の症状・治療法 [子宮の病気] All About
     

    という病気です。ようは、本来起こらないことが起きてしまい、結果子宮が大きくなってしまう病気。

  • 子宮腺筋症の症状は?

  • 知らない間にじわりじわりと悪化し、最終的には月経以外にもほとんど毎日耐え難い痛みに悩まされるようになることもあります。また子宮腺筋症では月経量が多くなり、貧血になります。
    出典 :子宮腺筋症の症状・治療法 [子宮の病気] All About
     

    強い腹痛が大きな特徴のひとつです。

  • 子宮腺筋症も子宮内膜症も激しい月経痛や下腹痛、腰痛を起こすだけでなく、不妊症の原因にもなります。しかも大変治りにくい病気なのです。癌のような悪性の病気ではありませんが、女性をしつこく悩ます病気で、しかも治療しても再発しやすい病気です。
    出典 :子宮腺筋症の症状・治療法 [子宮の病気] All About
     

    という、とっても恐ろしい病気でもあります。

  • 子宮腺筋症になる人が増えている

  • 年齢的に30代後半の女性に多くみられますが、最近は20代であっても腺筋症になる女性が増えています。
    出典 :子宮腺筋症と子宮筋腫の違いは?
     

    若年化しつつある病気です。現代ではさらに晩婚化、初産年齢の上昇などによって、より発見が遅れやすくなっている病気のひとつでもあります。

  • 子宮腺筋症の治療について

  • 妊孕性温存の必要がない場合には子宮摘出術が行われ、挙児希望、子宮全摘を拒否する患者では筋腫(腺筋症)核出術が選択される。
    薬物療法としては、症状緩和目的での対症療法、術前のGnRHアナログ投与、閉経前の逃げ込み療法などがあるが、薬物療法のみでの完治は期待できない。
    出典 :子宮筋腫,子宮腺筋症 | 社会福祉法人 恩賜財団 済生会支部 済生会長崎病院 SAISEIKAI NAGASAKI HOSPITAL | 良心と思いやりをもって 地域の人々の医療・福祉・保健に貢献します。
     

    難しいことを言っているようですが、ようするに子どもが必要ないなら子宮摘出。どうしても子どもが欲しいならなんとか薬物で治療するものの、再発性が高く完治するのはまず無理。そういう病気です。

  • 病院に行って診断してもらおう

  • 症状のほか、内診や超音波検査、MRIなどの画像診断や腫瘍マーカーの一種であるCA125の値などから診断します。子宮鏡検査も参考になります。確定診断は切除した検体の病理組織診断によりますが、病理組織診断以外で、診断上で最も有力なのはMRIです。

    子宮腺筋症と子宮筋腫とは症状が似ており、ともに子宮が大きくなる病気です。子宮を残す手術を予定する場合は両者の区別が重要です。多くの場合、MRIで両者の区別は可能です。
    出典 :子宮腺筋症のページ
     

    子宮筋腫となにが違うの、と思われてしまう病気です。子宮筋腫と症状が似ているせいでもあるのですが、その凶悪さはまったく違います。

  • 症状が似ているからこそ、ちゃんとした診断を受けて子宮腺筋症でないか確認しておかないといけません。いざ妊娠したとして、それから病気が発見されたら大変です。どんな病気も早期発見早期治療が一番良いのは共通です。