まさか・・・見た目には分からない隠れ肥満ではないですか?

体重だけキープできている
なのにお腹だけポッコリなんてことも
日本人に多い隠れ肥満についてご紹介

view174

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 隠れ肥満

  • かくれ肥満は、体重は正常であるのに体脂肪が高い状態のことである。
    肥満の診断には、BMIが用いられているが、BMIは身長と体重から肥満度を割り出すため、BMI値が正常であっても、体脂肪が高いかくれ肥満である可能性がある。
    出典 :かくれ肥満 | ダイエットワード | ダイエットSlism
  • かくれ肥満は、無理なダイエットによって筋肉量が低下し、体脂肪が増えることも原因となり、女性にも増えている。
    内臓脂肪型かくれ肥満の場合には生活習慣病へのリスクも高いため、注意が必要であり、本人の自覚がない場合が多いため、BMIだけでなく、体脂肪の計測が必要とされている。
    出典 :かくれ肥満 | ダイエットワード | ダイエットSlism
     

    女性もすでに要注意なのですよ?

  • BMIが25未満でも・・・

  • かくれ肥満は、見かけ上は太っていないし、BMIも25未満なのに、体脂肪が多いことをいうんですね。かくれ肥満の人の多くは内臓脂肪型肥満だといわれています。BMIが25未満でも、内臓脂肪型の場合、安心はできないんですね。
     なぜ、かくれ肥満が起こるかというと、極端に食事を減らしてダイエットした場合が多いのです。運動しないで食事だけ減らすと、体脂肪だけでなく筋肉もいっしょに減ってしまうんですね。
    出典 :肥満症を調べる検査|厚生労働省
  • また、いったん落とした体重が逆戻りする場合、脂肪だけが増えるから、 以前よりも体脂肪が増えてしまうんです。不必要なダイエット、無理なダイエットはしないこと。ほんとうに必要な人がダイエットをする場合も、適切な方法で、焦らず長い期間をかけて体脂肪を減らしていくことが重要ですね
    出典 :肥満症を調べる検査|厚生労働省
     

    こんなメカニズムが隠れていた

  • タイプは2種類

  • 皮下脂肪型

     皮膚の下に蓄積する脂肪です。年齢とともに増加する傾向があり、二の腕が太くなる、お尻や太ももがたるむといった形であらわれてきます。女性はこのタイプが多いのですが、プロポーションにかかわる気掛かりな体脂肪です。
    出典 :「隠れ肥満」は健康とプロポーションの大敵
  • 内臓脂肪型

     

    肝臓をはじめとした内臓に蓄積する脂肪です。外見からはわかりにくいのですが、ウエストが太くなる、お腹がポコッと出るといった状態の場合は要注意。内臓脂肪の増加は、脂肪肝、動脈硬化、高血圧、糖尿病など、さまざまな病気の原因となるので、本当はこちらのほうが深刻なのです。

  • 目安と判断

  • 内臓脂肪型肥満のチェックの目安:
    •BMI値が25以上
    •立って息を吐いたときのへそ周囲のサイズが、85 cm 以上(男性)または 90 cm 以上(女性)

    BMI値が25未満の場合はかくれ肥満ですが、その場合でも上記のへそ周囲のサイズが大きい場合は要注意です。
    出典 :かくれ肥満とは?<ダイエット
  • 内臓脂肪型のかくれ肥満です。若いころよりも太った、疲れやすくなった、階段で息が切れる、体力がなくなった、運動不足である、長い昼寝をする、間食や夜食が多くなった、アルコールの量が増えた、などに思い当りませんか?ほおっておくと大変ですよ。

    もし、内臓脂肪型肥満の疑いがある場合は、すでに生活習慣病になっているかもしれません。CTスキャンなど医師の診断を受けた方がよいでしょう。
    出典 :かくれ肥満とは?<ダイエット
  • リンゴ型と洋ナシ型

  • 男性は、シャツのボタンが飛びそうになっているタイプが多く、どちらかというとウエストの上、胃の周辺や胸など上半身によく脂肪がつきます。一方女性は、中年以降になると全体に丸くなってきますが、若いうちはお尻や太ももなど腰から下に脂肪がついているタイプが見られます。見た目の印象から、男性に多いウエストより上に体脂肪が多くつく肥満を「リンゴ型肥満」、女性に多いお尻や太ももなどに体脂肪が多くつく肥満を「洋ナシ型肥満」ともいいます。
    出典 :肥満症を調べる検査|厚生労働省
  • http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/seikatu/himan/inspection.html(一部引用)

     

    リンゴ型肥満には内臓脂肪型肥満が多く、洋ナシ型には皮下脂肪型肥満が多 いとされますが、上半身の脂肪は民族による差が大きいため、あまり科学的な 分類とはいえないようです