ミスユニバ森理世さんもやってた!ナイナイアンサーで紹介の効率的に痩せる遺伝子検査ダイエット

ミスユニバース世界大会優勝の森理世さんもやっていた「遺伝子ダイエット」。遺伝子を調べて自分の体質に合ったダイエットをするから、効率的でムダがないと最近注目されています。7/29放送のナイナイアンサーでも紹介していました。

view244

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 遺伝子検査をして、体質を判断。
    それにより、効果のあるダイエット方法やトレーニング方法を決定。
    無理なく食べて、かつ体を動かしてやせる。
    出典 :ナイナイアンサー 驚きのきゅうり&遺伝子検査ダイエット 7月29日
     

    自分の体質に合ったダイエット方法を選択できるので、効率的ですよね。

  •  

    ミスユニバース世界大会で優勝した森理世さんも遺伝子検査をしてダイエットしたそうです。

  • 遺伝子は、5種類に分けられます。

  • FTO遺伝子(9939609多型)

  • 脂肪量及び肥満に関する遺伝子です。この遺伝子が変異することにより、新陳代謝を抑制し、エネルギーの消費効率を下げます。食べ物の選択とカロリー摂取量に影響し、本能的に高カロリー食を好み、過食しやすい傾向にあります。またこのタイプの人は、通常に比べて1回の食事につき約100kcalほど多く摂取することが分かっています。
    出典 :DNA検査:名古屋でダイエットするならプライベートジムのLIVITO
     

    肥満の人に多い遺伝子だそうです。

  • FTO遺伝子(1558902多型)

  • 脂肪量及び肥満に関する遺伝子で、最も肥満との相関がみられます。この遺伝子が変異することで、肥満になるリスクが通常に比べて約70%も高くなる、という報告もあります。食事の摂取や体型に大きく関与しています。
    出典 :DNA検査:名古屋でダイエットするならプライベートジムのLIVITO
     

    太りやすい遺伝子ということでしょう。

  • ADRB3遺伝子

  • 内臓脂肪のつきやすさと相関関係が認められる遺伝子です。 ADRB3遺伝子が変異型の人は、標準型の人と比べて、交感神経の働きの低下により糖分の代謝が低く、糖分の過剰な摂取でお腹周りに脂肪が付きやすい傾向があります。また、変異型の人は、標準型の人に比べて、基礎代謝量が200kcal少ないために脂肪を蓄積しやすく、ダイエット後もリバウンドを起こしやすい傾向
    出典 :ハーセリーズ・オンライン - 肥満遺伝子分析キット
     

    内臓に脂肪がつく、いわゆる「隠れ肥満」と言われるタイプでしょう。

  • UCP1遺伝子

  • 資質の代謝が苦手」な洋なし型の方に変異が多い遺伝子UCP1遺伝子はヒトの4番目の染色体に存在し、褐色脂肪細胞における熱産生に関与しています。UCP1遺伝子に変異があると、体温が低下した場合、皮下脂肪を燃焼させる効率が悪く、油脂を摂り過ぎると太りやすいタイプ。女性の場合は、食事を抜くなどして体温が下がると、特に下半身に皮下脂肪として蓄積
    出典 :肥満遺伝子検査結果:痩せ型タイプ判定|カンフーからキックボクシングへ
     

    下半身太りの人に多い遺伝子ということでしょう。

  • ADRB2遺伝子

  • 脂肪分解に関与していて、筋肉のつきやすさと相関関係が認められる遺伝子です。 ADRB2遺伝子が変異型の人は、標準型の人と比べて、基礎代謝量が300kcal多く、ほっそりとした体型になりやすい傾向があります。しかし、筋肉が衰えたまま肥満してしまうと、今度は極端に減量困難になるといわれています。「筋肉がつきにくく、一度太りだすとやせにくい」遺伝因子
    出典 :ハーセリーズ・オンライン - 肥満遺伝子分析キット
     

    痩せ型の人に多い遺伝子なんですね。
    太りにくい体質をいいことに油断していると、あとで痛い目に合うという・・・
    油断大敵な遺伝子です。

  • 自分がどれに当てはまるのかは、検査をすれば分かります。
    検査は、検査キットが売られていますので、自分の口内のDNAや爪などを送るだけで出来ます。

  • ハーセリーズの検査キット

     

    HPから注文できます。

  • ジーンライフの遺伝子検査

     

    個人向け遺伝子検査サービスを行っています。

  • 東大大学院の博士課程に在籍する才女高橋さんが運営するジーンクエスト。日本発の個人向け遺伝子解析サービスとして注目を浴びています。
    出典 :遺伝子検査サービスを比較「遺伝子検査サービスについてまずは知るところから」