とびひにゲンタシンは効くのでしょうか??

よく子供に発症するとびひですが、どんな薬が効果があるのでしょうか?とびひにゲンタシンは効くのでしょうか?

  • kei 更新日:2014/09/29

view40

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • とびひってどんな病気?

  •  

    とびひは子供に多く発症するものですが、どんな病気なのでしょうか?

  • 黄色ブドウ球菌あるいは 連鎖れんさ球菌が皮膚の浅い部分に感染し、 水疱すいほうあるいは 膿疱のうほうをつくる化膿性の病気です。
    出典 :伝染性膿痂疹(とびひ)| 皮膚の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • 黄色ブドウ球菌が原因の時は水疱ができるので、水疱性膿痂疹(ブドウ球菌性膿痂疹)と呼ばれ、連鎖球菌が原因の時(黄色ブドウ球菌との混合感染のことも多い)は膿疱や厚い 痂皮かひ(かさぶた)ができるので、非水疱性あるいは痂皮性膿痂疹(連鎖球菌性膿痂疹)と呼ばれています。
    出典 :伝染性膿痂疹(とびひ)| 皮膚の病気 - Yahoo!ヘルスケア
     

    夏に多く発症する病気ともいわれていますね。

  • とびひにゲンタシン

  • とびひに効く薬はどのようなものがあるのでしょうか?

  •  

    ゲンタシンはとびひに効くお薬なんでしょうか?

  • ゲンタシンとはどんな効果があるお薬なんでしょうか?

  • 細菌を殺菌する塗り薬です。化膿性の皮膚病に用います。
    出典 :ゲンタマイシン:ゲンタシン
     

    化膿性の皮膚病に用いるというはとびひにも効果があるんですね!

  • アミノグリコシド系抗生物質です。細菌の増殖を阻害し、局所の感染症をなおします。一般的にはヘルパス、にきび、とびひなどの皮膚病への塗薬として処方されます。また、表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、慢性膿皮症や外傷、熱傷、手術創などの二次感染などにも処方されます。
    出典 :ゲンタシンがよくわかる |家庭の通販医療薬
     

    とびひに処方されるお薬なんですね。

  • 子供に使うことが多いですが、安全なんでしょうか?副作用等は??

  • 皮膚病の薬はステロイドを含んでいるものが多いですが、ステロイドは含まれておりません。また、においもほとんどなく、半透明でなめらかな塗り薬になっているので抵抗なく塗れます。
    出典 :ゲンタシンがよくわかる |家庭の通販医療薬
     

    ステロイドが含まれていないということで少し安心します。

  • 副作用はほとんどありませんが、ときに発赤や腫れ、かゆみ、発疹などの過敏症状を起こすことがあるようです。また、稀なケースでは長い期間の使用により耳鳴りやめまいが生じる場合もあるとされています
    出典 :ゲンタシンがよくわかる |家庭の通販医療薬
     

    副作用はほどとんどないとされていますが、気をつけなくてはいけませんね。

  • 場合によっては難聴や腎障害を起こすおそれがあります。長期の大量使用は控えるようにします。
    出典 :ゲンタマイシン:ゲンタシン
     

    ほとんどないそうですが、少なからず、こういう可能性もあることは覚えておきましょう。

  • 必ず医師の指導のもとに使用するようにしてください。アレルギーがある方や、妊娠中や授乳中の場合は特に自己判断での使用を避けてください。
    出典 :ゲンタシンがよくわかる |家庭の通販医療薬
     

    どんなお薬でもそうですが、自己判断はやめましょう!