目がかすむ、目がぼやける、何が原因なのでしょう?

目がかすむ、目がぼやける。こんな症状ありますよね。そんなときどんな対策をすればいいでしょうか?原因と対策を知りましょう。

view49

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 目がかすむ、目がぼやける・・ちょっと心配

  • 目がかすむ、目がぼやける・・こんなときは何が原因なんでしょうか

     

    目がかすんだり、目がぼやける原因は大きく分けて二つあります。

    ①疲れ目の場合
    ②病気などが潜んでいる場合

    大きく分けてこの二つが挙げられます。疲れ目の場合は、最近はインターネットやスマートフォンの普及に寄り、小さな液晶画面で文字を読んだり操作する機会が増えてきました。これは目に対してはとても疲れることなのです。画面を見ている時間は目にとっては、集中し、神経を集中させて働いています。なので、無意識に目が疲れてしまうということがあります。
    病気などが潜んでいる場合ですが、自覚症状の出初めに目がかすむ、目がぼやけるといったことが起こりやすくなります。この場合は、白内障や緑内障、あるいは糖尿病による視力の低下が考えられます。白内障、緑内障は早ければ30代から起こり、一番発症しやすい年齢は40代ですので、もし気になるようであれば、眼医者さんへ診断に行きましょう。糖尿病は生活習慣病です。他にも症状がみられると思いますので、眼科だけでなく内科の診断も必要となります。

  • ”目のかすみ”は病気が潜んでいる場合と、疲れ目が原因の場合と、この2つが大きな原因です。最近は疲れ目によるかすみ目が増えています。
    出典 :目がかすむ、ぼやける、その理由と対策は
     

    目がかすんだら、目が疲れているということです。少し目をつむったり、遠くの景色を見るなどして、目を労わり休ませてあげることもとても大切です。目を少し休ませることで、リフレッシュでき、再度勉強や仕事に集中することもできます。とにかく疲れたら、目をつむる、休ませる。そして目がかすんだり、めがぼやけるなどの症状が出てきたら、目をこすることはせず、目薬などを点眼するといいでしょう。

  • 目がぼやける原因は、やっぱり疲れ目!

     

    目がぼやける原因は、やっぱり疲れ目!どんな時に起こるかというと、
    長時間パソコンを使ったとき、長時間運転をした時、長時間の事務作業、夜間の勉強、夜間に本を読む、近距離でテレビを見る時に起こりやすくなります。
    原因は目の筋肉、毛様体という筋肉が疲労しすぎてしまうときに、目がかすんだり目がぼやけるという症状になるのです。つまり目の筋肉も、全身の筋肉と同じです。運動をすれば、疲れが出てきます。このような症状がある時には、目を労わり休ませてあげましょう。

  • この状態は一時的なものであるケースが多く短時間の休憩だけでもある程度目の筋肉の疲労が取り除かれ視力は回復してきます。逆にこの状態を放置したまま作業を継続していくと文字通り慢性的な眼精疲労となってしまいますので注意が必要です。
    出典 :ぼやける・かすむ症状は疲れ目の合図? | 疲れ目の原因
     

    目を休ませれば、回復してきます!しっかり休むときは休む、やるときはやる!というようにリズムを付けることで目の筋肉も回復しますし、結果として集中力も回復しますので、勉強や仕事がはかどります。「目が疲れたな」、「目がぼやけるなあ」といったことが一つのサインになるかもしれません。目が疲れたら少し休むというリズムを作るのもいいかもしれません。

  • 眼を酷使する作業をしている時は、1時間とか2時間に一度は休息してください。そして遠くの景色を眺めたり、目薬を差したり、お湯で顔を洗ったり、目を温めたり、ちょっとしたケアで、目の筋肉がストレッチされて、血行を良くする事で疲労物質の蓄積も予防する事が出来ます。
    出典 :目がかすむ、ぼやける、その理由と対策は
     

    覚えておいて損はないやり方です♪

  • 目がかすむ、目がぼやける時の解消法

     

    では、目がかすんだり、目がぼやけるといった症状の時、どのようにすれば改善されるのでしょうか??
    ①目を洗う
    少し疲れたなあ、というとき目を洗うのも効果的です。でもコンタクトが入っている人は気を付けてください。それから女性の場合はお化粧が取れてしまうので、あまりお勧めはできません。目を洗うことは、顔を洗うことでもありますので、男性におすすめの方法かもしれません。かなりリフレッシュするので効果的な方法です。

    ②目薬を指す
    やはり、一般的なのは目薬を指すという方法です。色々なタイプのものが出ていますから、自分の症状に合ったものを選びましょう。またクール系の目薬にもクール成分の強弱がありますから、自分がどのタイプなのかは薬局などで相談するといいでしょう。合わない目薬を使い続けることで、ストレスも高くなります。自分が気に入ったものを使うことによって、目薬をするのが楽しくなります。

    ③ホットタオルを目に置く
    ホットタオルをまぶたの上におくのもいい方法です。じわ~っと温かいので、目を労わります。こうすることで目の充血することをなりにくくしたりもします。