基礎体温のグラフの見方

グラフパターン・見方。一般的なグラフ。四つの特徴。理想のグラフパターン。

  • S 更新日:2014/04/18

view174

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 基礎体温グラフのパターンと見方。

  • 基礎体温グラフ

     

    左図は、一般的なグラフパターンになります。

  • 書き方などは個人の自由ですが、初心者なら上記の図を参考に作成してみてはいかがでしょう?
    基礎体温表に描くグラフも、個人差により色々なパターンがあります。

  • 作るだけじゃダメ!きちんと見て、チェックしましょう。

  • グラフが出来上がったら、よく見てみましょう。
    特に、以下の事には注意して見てください。
    ・女性ホルモンの分泌
    ・排卵発生

  • 女性ホルモンについて。

     

    作用・名称・流れ

  • 実行してみると良いポイント☆

  • 基礎体温は、生理から次の生理までの期間の温度変化をみるので、1周期分のグラフでも良いのですが、2~3周期分のグラフをつけると月経や排卵のパターンをつかみやすくなります。
    出典 :基礎体温表を見て判断する
  • グラフには、四つの特徴があります。

  • 以下の特徴がグラフ上で見られない場合。
    婦人科の先生に相談してください!

  • 理想のグラフパターン

  • 以下の内容がグラフ上で見られれば◎
    妊娠しやすく、理想的なパターンです。

  • ・高温期、または低温期の期間は14日前後で2相に分かれてる
    ・高温期の体温は、36.8度前後を推移
    ・高温期は、36.5度を下回らず、0.2~0.3度の範囲で変動
    ・低温期と高温期の温度差は0.4度前後
    ・低温期と高温期が、二相にはっきりと分かれている
    出典 :基礎体温表の理想的な波形パターン - 東京 すずらん鍼灸院
     

    理想型について。

  • 14日前後という日数は28日周期の場合の目安です。低温期と高温期が大体半分くらいずつあれば大丈夫です。尚、排卵日の特定については低温期の最終日から3日間の内に約75%の排卵が起こると言われています。
    出典 :基礎体温表を見て判断する
  • 以下の内容がグラフ上で見られたは、改善が必要となります。

  • ・基礎体温が一定で、低温期と高温期の2層に分かれていない場合には、たとえ月経があっても無排卵が疑われます。
    ・2層に分かれていても、高温期が9日以内と短い場合には無排卵や黄体機能不全の可能性があります。
    出典 :基礎体温表を見て判断する