不眠の原因。(主な原因と意外な原因)

身体的な理由・精神面からくる病気・ストレス・脳を興奮させる原因

  • S 更新日:2014/04/14

view105

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 不眠症の主な原因

  • 睡眠は、浅い眠りと深い眠りが90分サイクルで繰り替えされてます。この質の良い深い睡眠をとる為には、副交感神経優位のリラックス状態に近づいて就寝することや、その状態を睡眠時も維持すること、体内リズムを整える事が大切になります。しかし、何らかの原因で脳が興奮状態にあるという事で、寝つきや熟睡を阻害してしまうのです。
    出典 :あなたの不眠症を引き起こしている主な原因と対策方法 | iGotit
     

    悪影響を及ぼしている直接の要素を改善する事で、不眠症は解決できます。

  • 身体疾患の場合

  • 呼吸器の疾患や消化器の疾患によって、不眠症を併発している場合もあります。例えば十二指腸潰瘍を患っていれば、胸部の痛みにより早朝覚醒や中途覚醒を惹き起こしかねません。アトピー等の皮膚疾患は、痒みによる不眠の原因にもなります。
    出典 :不眠症対策ガイド~不眠症の原因・対策・改善方法~
  • ストレスが原因の場合

  • 過度のストレスが原因で、不眠症となってしまう場合もあります。ストレスは交感神経を活発にはたらかせ、副交感神経のはたらきを阻害します。交感神経は心身を緊張状態にする役目を、副交感神経は心身をリラックスさせる役目をもっています。
    出典 :不眠症対策ガイド~不眠症の原因・対策・改善方法~
  • この副交感神経がうまくはたらかないことによって、不眠症の原因となってしまうようです。交感神経が活発にはたらいていると、心拍数も早くなりますし、血圧も上がります。これではとても快適な眠りにつくことはできません。
    出典 :不眠症対策ガイド~不眠症の原因・対策・改善方法~
  • 就寝時間中になっても、脳を興奮させる原因

  • • 一日中部屋の中にいて体内リズムが整っていない時
    • 就寝前も頭や身体を使って刺激を与えていた時
    • 鬱病などを患わっていて、不安やストレスを強く感じている時
    • 睡眠薬を内服していて急に辞めた時
    出典 :あなたの不眠症を引き起こしている主な原因と対策方法 | iGotit
  •  

    睡眠薬は必ずしも誰にでもいつでも効くというわけではありません。

  • 睡眠には、脳がリラックスしている状態であることが必要で、この興奮状態の状態のまま寝床につくと、寝つきにくいだけでなく、睡眠の途中で目が覚めやすくなってしまいます。これが、不眠症の主な原因になります。脳を興奮状態させてしまう行動をしない、脳がリラックスする行動を意識的に行うことで、熟睡を得ることができます。
    出典 :あなたの不眠症を引き起こしている主な原因と対策方法 | iGotit
  • 精神面からくる不眠症

  • 精神関連の不眠症

     

    精神病の一種とも言われています。
    病気と言うには少々大袈裟に聞こえるかもしれませんが、早急に解決しないと更に酷な状況に陥ってしまいます。
    病状がステップアップしてしまう前に、できるだけ早めに手を打つこと!

  • 精神疾患が、結果として不眠症の原因となる場合もあります。神経症や精神分裂病、うつ病などの精神疾患は、不眠をよくひきおこします。特にうつ病は不眠を併発することが多く、その関係性は非常に密接なものとなっています。その場合、専門医の診断・治療が必要になります。
    出典 :不眠症対策ガイド~不眠症の原因・対策・改善方法~
     

    精神病との関連性です。

  • 精神障害による不眠
    精神衛生の悪化の兆候として現れる睡眠障害。不眠のレベルがそのまま精神状態に直結しています。
    出典 :不眠症になる10の原因 - GIGAZINE
     

    精神障害による不眠の場合。

  • 精神心理学的な不眠
    睡眠が取れていないという過度の不安からなる不眠。突然発症した後、不安で眠れない日々が積み重なることで、年月を経てゆっくりと症状が悪化。家以外だと普通に眠れる場合もあるそうです。
    出典 :不眠症になる10の原因 - GIGAZINE
     

    精神心理学的な原因の場合。