慢性化すると便秘になる?急性胃腸炎と便秘の関係について

いつかかるかわからない胃腸炎、慢性化すると便秘になることもあるという、急性胃腸炎と便秘の関係について、まとめてみました。

view1286

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 突発的に発症する「急性胃腸炎」

  • これといった前兆もなく、突発的に発症する”急性胃腸炎”。その名前のとおり、胃腸に急性の炎症が起こり、激しい下痢や嘔吐を繰り返すツライ症状のことをいいます。
    出典 :急性胃腸炎になった時「早く治すため」にやるべきこと3つ - Peachy - ライブドアニュース
  • この急性胃腸炎には、細菌性のものやウイルス性のもの、また原因物質や感染経路が明らかでないものがありますが、夏には細菌性のもの、冬にはウイルス性のものが流行傾向にあるそう。
    出典 :急性胃腸炎になった時「早く治すため」にやるべきこと3つ - Peachy - ライブドアニュース
  • 急性胃腸炎とは?

  • 急性腸炎とは、厳密には1つの病気の診断名ではなく、腸に炎症を引きおこす 疾患群の総称である。すなわち、 食中毒のような細菌によるものにせよ、 アルコールの飲みすぎのような物理化学的な刺激によるものにせよ、 腸に炎症をおこし、その結果、下痢や腹痛を生じさせる病気をまとめて 急性腸炎と呼んでいる。
    出典 :腸炎 :一口メモ
  •  

    急性胃腸炎の症状は、自宅で自然に回復する軽いものら、入院治療が必要な重症なものまでさまざま。

  • 急性胃腸炎とは、その名のとおり胃や腸に急性の炎症がおこった状態のことで、激しい下痢、腹痛、嘔吐、血便、発熱、食欲不振などの症状があらわれます。ひとくちに急性胃腸炎といっても原因はさまざまですが、大きく分けて感染性のものと非感染性のものとがあります。
    出典 :急性胃腸炎
  • 【 急性胃腸炎の主な原因 】
     感染性腸炎
      ・・赤痢菌、O-157、コレラ菌、サルモネラ菌、腸炎ビブリオ菌、カンピロバクター菌など。
     ウイルス性腸炎
      ・・腸管ウイルスのエンテロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルスなど。
     非感染性腸炎
      ・・アルコールの暴飲、食物アレルギー、かぜや一時的な体調不良、腸の血管の動脈硬化など。

  • 感染症の特徴として見られる発熱は、時に高熱を呈します。 一般的にウィルス性に比べ細菌性のものの方が症状は重篤です。またウィルス性のものでは咳や鼻水などの上気道炎症状を伴うこともあります。
    出典 :菊地医院 内科,小児科,外科,皮膚科 往診
  • 急性腸炎を引き起こした場合、腸粘膜の炎症のため、腸の運動が活 発になり、下痢や腹痛を引きおこすので、腸を安静にさせる必要がある。 具体的には、症状の強いときは絶食させ、症状が改善してきたなら、消化 が良く、刺激の少ない食事を摂る。
    出典 :腸炎 :一口メモ
  •  

    下痢止めなどの薬は飲まずに、体の中の悪いものをすべて出し切るのが重要。
    また、下痢の間は基本的には絶食し、 経口補水液などで水分補給をおこなうこと。

  • 下痢と便秘を繰り返すときは「慢性腸炎」の可能性も

  • 腸の粘膜がいつでも炎症を起こしているようになると、慢性腸炎となる。 慢性腸炎になると、食べたものが消化されないまま腸を通過してしまい、 腸内での発酵や腐敗が起こる。
    出典 :腸炎 :一口メモ
  • 急性腸炎にかかったとき、十分な治療をせず、不規則な生活を続けたりしてなる場合が多い。ときには胃や肝臓、すい臓、心臓などの病気から腸が 刺激されて慢性胃炎を起こすこともある。また不摂生や精神的ストレスが原因となり起こる場合がある。
    出典 :慢性腸炎 医学・健康情報サイト J-Medical
  •  

    慢性腸炎の治療法は、基本的にはストレスを溜めないことと、対症療法をおこなうことになる。

  • 下痢と便秘が交互の起こることもあります。おもに朝、または夜に下痢があり、日中にはなんら異常が起きない場合もあります。便は1日数回起こり、軟便の ものから水様便になることもあり、粘膜がまじっています。ときに、肉眼で見られるような血液の混じっていることもあります。
    出典 :腸炎 / 病気・症状Navi
  • 排便には一日数回行くことが多く、軟便もあれば水様便もあるというように、便の状態が色々で、粘液や血液が混じることもある。
    出典 :慢性腸炎
  •  

    慢性腸炎にかかり、腹痛が毎日続くようになるとイライラやストレスが溜まり、他の症状も発症することがあるため、早いうちに診断を受け、適切な治療をおこなうことが重要です。

  • 最後に

  •  

    急性腸炎は、細菌やウイルスによる食中毒によるものが多く、夏場の魚介類や食材の鮮度に十分気をつけることにより、予防できます。

  • 慢性腸炎を防ぐには、規則正しい食生活やストレスをためない生活習慣を 心がけることが基本となる。
    出典 :慢性腸炎 医学・健康情報サイト J-Medical
  • また、乳酸菌、ビフィズス菌、プロバイオティクスなどを摂取することによって、腸内環境を整えると、腸炎の改善だけでなく、下痢や便秘予防、免疫力アップ、肌荒れ解消などのメリットもあります。
    出典 :慢性腸炎