妊娠中の出血にびっくり! これって大丈夫?

妊娠中の出血を経験したことがある妊婦さんは意外と多いものです。
実際に起こると驚きますが、実は出血にはすぐにでも受診をした方がいいものから、そうでないものまでいろいろあります。

view203

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中の出血【妊娠初期の場合】

  • 妊娠の初期に出血があると、とても心配ですよね。とっさに頭をよぎるのは、流産という言葉かも知れません。確かに、妊娠初期の出血は、流産と関係しているものもあります。しかし、他にも色々な要因がありますし、妊娠初期の出血は、よくある出来事でもありますので、慌てずに、まずは、しっかり対処をしましょう。順にご説明します。
    出典 :妊娠初期の出血について
  • 妊娠初期の場合は、着床時出血といって受精した卵子が子宮内膜に根を張るときに起こる出血が出るときがあります。通常、安静にしていれば治まることが多い出血です。
    出典 :妊娠初期の出血
     

    ただし、場合によっては流産が疑われることも・・・
    茶色のおりものや鮮血の出血があるときには注意しましょう

  • 出血=赤ちゃんのピンチとは限りません。妊娠初期の出血(薄茶色のおりものも含める)は、全妊婦さんの3割~半分くらいの人が感じますが、そのほとんどの人は無事に赤ちゃんを出産していくのです。
    出典 :妊娠2ヶ月/出血について
  • 妊娠中の出血【妊娠中期の場合】

  • 妊娠中期になると、初期に起きた、侵食による出血は起こりません。しかし、引き続き膣の炎症が原因で、内診やセックスの刺激で出血する子宮膣部びらんや、子宮頸管ポリープからの出血など、場合によっては治療をしたり、とりあえずは様子を見ておくというものがあります。
    出典 :妊娠中期出血 赤すぐ|妊娠中期の出血についての説明や妊婦さんの体験談
  • 妊娠12週を過ぎると出血することはずっと少なくなります。しかし子宮の変化(うっ血と組織の軟化)は続いていますから、子宮膣部びらんや頚管ポリープからの出血は特に性交後などに見られます。しかし出血はわずかなものです。
    出典 :医療法人双鳳会・山王クリニック
  • 妊娠中の出血【妊娠後期から出産まで】

  • 内診が刺激になって出血することも・・・

  • 妊娠後期は、血液量も増え、粘膜も分娩に備えてやわらかになるため、内診やセックスの刺激で出血することがあります。また、膣の炎症や、子宮膣部びらん、、子宮頸管ポリープからも出血しやすくなります。これらは場合によっては治療をしたり、とりあえずは様子を見ておくもので、きちんと健診を受けていれば、心配はありません。
    出典 :妊娠後期出血 赤すぐ | 妊娠後期の出血についての説明や妊婦さんの体験談
  • 卵膜ならまだしも、胎盤自体が剥がれてしまうことがあります。
    それが常位胎盤早期剥離という病気です。
    出典 :妊娠31週 妊娠後期の出血|ものいい産婦人科医 H.MAXのブログ
     

    胎盤は赤ちゃんの命をつなぐ存在。これが剥がれてしまうと赤ちゃんの命に関わります。
    また、場合によっては母体にも影響を及ぼすことも・・・

  • 妊娠後期は「おしるし」の可能性も・・・

     

    出産が近づくにつれて開き始める子宮口。
    その子宮口から粘液に血液が混ざったものが出てくるのがいわゆる「おしるし」です。

    「おしるし」は必ずしもあるものではありません。

  • こんな症状があるときは妊娠週数関係なく病院へ!!

  • 出血時に激痛を伴うとき

     

    出血と同時に激しい腹痛があるときは大至急病院へ行きましょう。特にお腹が固くなっているときは一刻を争います。

  • 出血といってもその内容は本当に様々で、心配のいらないものからすぐに受診する必要があるものまでいろいろです。
    ただ、妊娠37週未満の時の出血は早産の可能性もあることから出血が見られた場合はすぐに受診することが望ましいと考えられています。ただし、状況によってはそのまま自宅で安静にしておくように、と言われることもあります。
    出血が起こったのが夜間や休日に出血があったりすると産婦人科への連絡をためらってしまいますが、産婦人科は基本的に24時間稼働しているので出血があったらすぐに電話して指示を仰ぎましょう。