嫌がる幼児の耳掃除は耳鼻咽喉科でやってもらうのが一番

嫌がる幼児の耳掃除、ご家庭でうまくいかないことが多いのではないでしょうか。
幼児の場合、無理に行うと耳の中を傷つけてしまう恐れがあります。
耳鼻咽喉科でやってもらうのが一番です。

view163

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 幼児の耳掃除。子供が嫌がる。

  • 幼児の耳掃除

     

    嫌がる子供の耳掃除どうしていますか?

    家でやろうとすると、たいてい子供は逃げようとしますよね。

    耳に触れるだけでも、抵抗する場合、耳掃除ってどうしていますか?

    無理やり押し付けてやろうとすると暴れるので、耳の中を傷つけてしまう危険性もあります。

  • 家庭でやろうとすると抵抗するのなら、耳鼻科で耳掃除をしてもらってはいかがでしょうか。

  • 幼児の耳掃除ぐらいで病院に行くのは抵抗がある

  • 幼児を持っている母ならきっと解ってくれると思いますが、何も問題のない(病気ではない)幼児二人を病院へ連れて行くのは大変&周りに申し訳ないので躊躇してしまいます・・・
    出典 :子供(幼児)の耳垢取りについて(500枚です)6歳と3歳の子供を持つ母です... - Yahoo!知恵袋
     

    耳掃除ぐらいで病院に行くのもと、ためらうことはありませんか。

  • 子供の耳かきをして、鼓膜や外耳道を傷つけたり、または、耳かきをすると気持ちがいいので、毎日やって、耳から水が出るようになったなど、耳掃除によるトラブルをよく聞きます。
    出典 :かみむら耳鼻咽喉科のホームページ
  • 幼少児は危険ですので、必ず、耳かき棒より綿棒を使いましょう。
    出典 :かみむら耳鼻咽喉科のホームページ
  • そもそも耳掃除ってしないといけないものなの?

  • 鼓膜の表面から耳の入り口に向かって常に細胞が動いていて、耳あかを押し出そうとする力が働いています。
    出典 :かみむら耳鼻咽喉科のホームページ
  • 原理から言えば、耳あかは自然に耳からこぼれ落ちます。
    出典 :かみむら耳鼻咽喉科のホームページ
     

    自然に垢って落ちるものなんですね。

  •  

    幼児の耳垢を取る場合には、耳かきを使うのは厳禁です!!

    では何を使えばいいのかと言うと、綿棒です。

    綿棒は乳幼児用の小さめのタイプがドラッグストアで販売されているので、小さめの綿棒を使うようにしましょう。

  •  

    真中が乳幼児用の綿棒です。

    大人の耳と違い、耳穴がとっても小さいので、小さいものを使うと上手にお掃除が出来ますよ。

    綿棒を入れるのは、1センチのみにしておきましょう。
    入口部分だけを掃除をし、どうしても取れないものは耳鼻咽喉科で取ってもらうのが一番です。

    無理やり掃除をしていると、逆に耳垢を耳の奥へ入れてしまうこともあるので、やりすぎは禁物です。

  •  

    耳鼻科での診察時の注意点☆

    幼児を耳鼻科で連れていく場合、診察中に子供が暴れてしまうこともあります。
    子供が暴れてしまうと、小さな耳にピンセットなどの医療器具を入れているため、耳の中を傷つけてしまうおそれがあります。

    そこで診察室では保護者の膝の上に子供を座らせ、子供を抱きかかえながら診察をすることになります。

    保護者は子供をしっかりと抱き抱えて、動かないようにするのがポイントです。

    保護者の膝の間に子供の足を入れて固定すれば暴れたときもしっかり捕まえられますよ。

  •  

    耳垢塞栓に注意をしましょう☆

    家庭で自己流の耳掃除をしていると、垢が耳の奥にたまった状態になってしまい、耳垢塞栓することもあります。

    こびりついた垢は、簡単に取ることができないため、耳の中に洗浄液を入れ洗い流すこともあります。
    また垢を放置しておくと、難聴になったり耳鳴りになったりすることもあるので、定期的に耳鼻科を訪れるようにしましょう。

  •  

    家で綿棒で耳掃除をするときは、一か月に一度程度で大丈夫です。

    入口部分だけをきれいに掃除をし、大きな垢があるのに気がついた時には迷わず病院を受診するようにしましょう。

    耳鼻科では医療用の細いピンセットで垢をつまんで取りだしてくれます。

    わずか1分程度ですむので、垢がたまりやすいお子さんならば一月に一回程度、定期的に通えばよいでしょう。

    また医療保険で見てもらうことができるので、無料でやってもらえます。

  •  

    プレイルームがない耳鼻咽喉科に通うときは、子供が退屈しないように家から遊び慣れたおもちゃを持っていくといいかもしれませんね。

    万全に用意しておけば待合室でグズってしまう心配もありません。

  • いかがでしたでしょうか。
    幼児の耳掃除はやりすぎは禁物です。
    耳の奥にたまってしまった垢は、家庭で無理やり取るよりも耳鼻咽喉科へ取ってもらうようにしましょう。
    最近では子供用のプレイスペースを置いた病院もあるので、こうした病院をあらかじめリサーチしておくと、待ち時間に子供がグズってしまう心配もありません。