流産の原因を知って危険を回避しましょう!

流産というのは、赤ちゃんを授かりたい人たちにとっては、言葉では言い尽くせない悲しみですね。また、大変辛い出来事です。流産への正しい理解を深めていくことも大切になります。

view146

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 流産が起こりやすい時期って?

  •  

    気をつけましょう

  • 流産が起こりやすい時期というのは、妊娠が成立してから
    10週までの間に起こりやすいわけです。
    出典 :流産の時期
  • その初期流産の原因の多くは胎児の染色体異常が原因とみられて
    います
    出典 :流産の時期
  • 自分の遺伝子か何かに問題があるのでは?と不安になるかもしれませんが、そんなことはなく、ごくごく妊娠する中で日常的に起こっているといっても過言ではないものですから、心配はいりません!
    出典 :流産の時期
  • 流産は一般に10~15%の頻度でみられるそうです。流産の大多数は妊娠初期の12週未満(3カ月以内)に起こることが多いとのことで、この時期の流産は胎児側に染色体異常などの原因があると言われるのが6割も占めているという結果がでているそうです。

  • 流産の原因

  •  

    妊婦さんの約8人に1人の割合で,流産は起こっているそうですので、注意しましょう。

  • 妊婦のストレスが、流産と密接な関係があるようです。
    出典 :流産の原因はストレス?妊娠初期には要注意!
  • 第一に体に異変が現れたら
    すぐに病院へ行くことです。
    出典 :流産の原因はストレス?妊娠初期には要注意!
  • ストレスは原因ではない。これが今の定説になっていますが、そう決めつけるのは非常に危険です。
    出典 :流産の原因はストレス?妊娠初期には要注意!
  • 流産に気づいたらどうする

  • 帯下(たいげ)(おりもの)に混じる程度の出血、少量の茶色の帯下は経過をみて、次回の受診時に医師に告げましょう。月経くらいの出血がある場合は、病院に相談しましょう。
    出典 :流産の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 出血があれば、激しい運動は避けたほうがよいでしょう。しかし、安静にすれば流産を防げるというわけではありません。
    出典 :流産の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 流産後は1〜2カ月で月経が再開し、3カ月ほどたてば再び妊娠してもかまわないそうです。次回も流産する可能性は同率で、高くなることはないとのことです。