『花粉症の治療法』まとめ

こらからつら~い花粉の季節!【花粉症の治療法】どんな方法が?
そんな色々まとめてみました。

view117

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 花粉症

  • 主な症状は、くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみとされ、一般に花粉症の4大症状と呼ばれる。耳鼻科領域においては、目のかゆみを除外したものを3大症状と呼んでいる。

    くしゃみ、鼻水、鼻詰まりなどはアレルギー性鼻炎(鼻アレルギー)の症状であり、花粉の飛散期に一致して症状がおこるため、季節性アレルギー性鼻炎(対:通年性アレルギー性鼻炎)に分類され、その代表的なものとなっている。目のかゆみや流涙などはアレルギー性結膜炎の症状であり、鼻炎同様に季節性アレルギー性結膜炎に分類される。広義には花粉によるアレルギー症状全てを指すこともあるが、一般的には上記のように鼻および目症状を主訴とするものを指す。また、狭義には鼻症状のみを指し、目症状は結膜花粉症(または花粉性結膜炎)、皮膚症状は花粉症皮膚炎または花粉皮膚炎、喘息の症状は花粉喘息、喉の不快感などの症状はアレルギー性咽喉頭炎などと別に呼ぶことがある。
    出典 :花粉症 - Wikipedia
  • 早めの対策がポイントとなる

  • 花粉症の原因となる花粉はスギ花粉が1番多く、花粉症患者の7割といわれます。スギ以外にもヒノキ、シラカバ、ハンノキ、ケヤキ、コナラなどの樹木、またカモガヤ、ブタクサ、ヨモギなどの草花の花粉も花粉症を起こすことが知られています。
     花粉症でスギ花粉が1番の原因になるのは、全国の森林面積の18%、国土の12%を占めるという広大なスギ林が生み出す花粉量の多さによります。スギ花粉の飛散量がきわめて少ない北海道や、スギの木がない沖縄では花粉症患者もわずかです。
    出典 :花粉症対策、早めがポイント!
  • 治療方法

  • 花粉症の治療には、薬物療法、減感作療法、手術療法があります。
    また、症状による病型と重症度に基づいて、適切な治療法を選択します。
    花粉症の原因になるスギ花粉は、1月に飛散が始まり、5月の初旬まで続くのでこの間をいかに乗り切るかがポイントです。
    出典 :花粉症対策、早めがポイント!
  • 花粉症の治療方法には大きく分けて『抗アレルギー薬』によるものと『ステロイド』によるものがある

     

    さらに分類すると

    ⇒抗ヒスタミン薬の投与

    ⇒局所ステロイド投与

    ⇒ステロイド注射

    ⇒減感作療法

    ⇒レーザー治療

    ⇒民間療法、漢方

    など、さまざまな治療法が用いられています。

  • アレルゲン免疫療法

     

    アレルギーの原因物質(アレルゲン)を少しずつ体内に吸収させることで、アレルギー反応を弱めていく治療法です。

  • アレルゲンを体内に入れる方法は、主に注射による皮下免疫療法と舌の下の粘膜から投与する舌下免疫療法があります。
    従来、アレルゲン免疫療法は皮下免疫療法が中心でした。しかし、舌下免疫療法では注射の痛みや通院の必要がないこと、そして全身におよぶ副作用の発現率が低いため安全面から今注目が集まっています
    出典 :教えてドクター! 花粉症のための『舌下免疫療法』|花粉症ナビ
     

    最近注目されている治療法。

  • 皮下免疫療法

     

    今では「皮下免疫療法」は副作用が懸念され「舌下療法」の方が用いられる事が多い

  • 舌下免疫療法

     

    アレルギーの原因物質(アレルゲン)を含むエキスを舌の下に投与し、体内に吸収させる方法です。この投与を継続的に行うことで症状を軽減させていきます。

  • 治療薬

  • 現在のところ、花粉症を完全に治す薬はありませんが、症状を軽くするために、症状の種類や重さによって飲み薬や点鼻薬が使われます。ベースとなるのは「抗ヒスタミン薬」の飲み薬で、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりなどを軽くする効果があります。指示通りにきちんと飲み続けることが大切なので、花粉の飛ぶ量が少なく、症状が軽い日なども自己判断で飲むのをやめないようにしましょう。
    出典 :花粉症の治療法|アレルギーi