すべての年齢に発症可能性のある「骨肉腫」

悪性腫瘍といわれる骨肉腫。どのような病気で、原因はなんなのか。予防はできるのでしょうか。骨肉腫についてまとめました。

view154

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 骨肉腫とは
    骨組織に原発する悪性腫瘍で、直接類骨(骨組織の構成要素で基質と繊維からなるもの)、あるいは骨(骨組織の構成要素でリン酸カルシウムで作られているもの)を産生する悪性腫瘍です。骨原発性悪性腫瘍のなかでは最も頻度が高い腫瘍です。
    出典 :骨肉腫の症状・診断・治療・予後 [骨・筋肉・関節の病気] All About
     

    悪性腫瘍と言われています。

  • 骨肉腫の頻度、年齢、性差
    人口100万人あたり、1年間に3人の頻度で発生する非常に珍しい悪性腫瘍です。あらゆる年齢に発生することが知られています。10歳代が60%で、20歳代が15%を占め大部分が若年者です。しかしながら高齢者にも発生することがあり、注意が必要です。女性より男性の発生が若干多い腫瘍です。
    出典 :骨肉腫の症状・診断・治療・予後 [骨・筋肉・関節の病気] All About
     

    若年層に発生することが多いそうですね。

  • 骨肉腫の原因
    水道水に加えられているフッ素が原因とする説がありますが、日本ではフッ素は加えられていないため無関係です。それ以外は原因不明の悪性腫瘍です。
    出典 :骨肉腫の症状・診断・治療・予後 [骨・筋肉・関節の病気] All About
     

    原因不明という訳で、なかなか予防が難しいのでしょうか。

  • 骨肉腫の発生部位

     

    膝(大腿骨遠位と脛骨近位)が60%、股関節が15%、肩関節が10%、顎が6%という順番の発生頻度となっています。

  • 骨肉腫の症状
    腫瘍が発生する部位の腫脹と疼痛です。通常痛みは伴いませんが、腫瘍が増大し周辺の臓器、神経を圧迫するようになると軽度の痛みが発生します。進行した場合、激痛となります。
    出典 :骨肉腫の症状・診断・治療・予後 [骨・筋肉・関節の病気] All About
     

    初期の頃にはそれほどの痛みがないため、わかりにくいそうです。

  • 診断

     

    初期には診断が難しい場合があります。進行すると骨を産生するのですぐに診断がつきます。

  • 骨肉腫の治療法
    現在骨肉腫の標準治療法は新補助化学療法(術前化学療法、手術、術後化学療法の組み合わせ)と患肢温存手術が施行されます。温存手術の適応がない場合のみ肢切断術が行われます。
    骨肉腫が診断された時点で肺転移が多く見られること、肺転移が見られない場合でも細胞レベルでは肺転移が生じている可能性が高いことから、手術の前に化学療法を施行することが標準となっています。
    出典 :骨肉腫の症状・診断・治療・予後 [骨・筋肉・関節の病気] All About
     

    化学療法が治療の中に組み込まれる場合が多いそうです。

  • 骨肉腫の予後
    新補助化学療法施行前の5年生存率は30-40%程度でしたが、術前から化学療法を施行することで5年生存率は50%以上となりました。今後も新しい抗がん剤が出現することでさらなる予後改善の期待があります。
    出典 :骨肉腫の症状・診断・治療・予後 [骨・筋肉・関節の病気] All About
     

    医学の進歩により以前よりも予後の生存率も上がってきているそうです。

  • 膝の痛みや、それに関連する症状として、以下のような特徴が見られる場合は骨肉腫が発症している可能性があります。

    •運動時に膝に軽い痛みを感じる
    •膝が腫れる。熱感を持つこともある
    腫れあがった膝
    骨肉腫による症状は、膝の痛みや腫れが見られる程度で、これといった特徴が見られません。症状がほとんど同じである筋肉痛やねんざ・打撲などと勘違いされて放っておかれることがほとんどです。
    出典 :膝の痛みの原因 〜 『骨肉腫(こつにくしゅ)』について
     

    ちょっとの違和感でも病院で診てもらうことが早期発見につながります。

  • 手術と化学療法の併用で痛みは弱まるが
    多発性骨肉腫は予後が悪いのが実情。
    出典 :骨肉腫 | 各がん種の治療 | 東京ミッドタウン先端医療研究所
     

    患者当人にとっては、つらい現実です。

  • 骨に腫瘍ができる骨肉腫は、子どもや若者に多いがんです。骨肉腫に対する治療手順のほとんどは、手術と化学療法を併用します。腫瘍の切除手術の前に、抗がん剤を使った全身化学療法を行うことが一般的で、この段階で痛みが弱まることが多いと言われています。かつては、がんができた腕や脚は切断されることが多かったのですが、技術の進歩によって現在では温存できるようになってきました。
    出典 :骨肉腫 | 各がん種の治療 | 東京ミッドタウン先端医療研究所
     

    昔は、切断していたものが、今では温存も可能だそうです。

  • 初期では何も感じない
    運動後に少し痛みを感じる
    筋肉痛に似た症状が続く
    手足の腫れ
    骨折しやすくなる
    出典 :骨肉腫の原因や初期症状と治療法 | はじめて医療保険
     

    初期症状としては、非常に気づきにくいそうです。

  • 左足に骨肉腫ができたとして、左足と右足を並べてマジマジと見てみたら腫れているのに気づくかもしれませんが、通常は左右の手足を比べるということはしませんので、Gパンが片足だけ入らなくなった、片腕だけ袖が通りにくくなったなどの明らかに腫れている状態になるまで病院を受診しない人もいるようです。
    出典 :骨肉腫の原因や初期症状と治療法 | はじめて医療保険
     

    本人が気づきにくいことで、診断が遅れてしまう事例も多いそうです。

  • 腫瘍が脊髄に転移すると、腰痛や背中の痛みを感じたりします。
    さらに腫瘍が大きくなると、脊髄を圧迫し、手足の痺れや麻痺が起こります。
    また、圧迫骨折を起こしたりすることもあります。
    出典 :骨腫瘍の症状【骨腫瘍の警告】
     

    転移にも注意が必要です。

  • 初回治療に対する反応: 
    その他の重要な予後因子は、患児の初期治療への反応性です。10週間の初回化学療法後に腫瘍細胞のほとんどが消失した患児は、同様の治療効果が表われなかった患児に比べて予後が良好です。現在、治療によく反応する腫瘍とそうでない腫瘍を区別できるような生物学的な相違点を明らかにする研究が進められています。これが診断時にわかれば、腫瘍のみに狙いを定めた治療を行うことができ、治療への反応が弱いとされる種類の腫瘍の予後を改善できる可能性があります。
    出典 :小児がん患者とご家族のために CureSearch » 骨肉腫の診断
     

    初期治療の反応で、予後の違いが出ているそうです。