要注意!「妊娠4ヶ月の腰痛」腰痛対策をしよう!

妊娠4ヶ月の腰痛にはきをつけましょう。一度なってしまうと長引きやすい!?

view837

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠4ヶ月の腰痛は!?

  • 妊娠4ヶ月(妊娠12週)にはいったら腰痛に気をつけてください。お腹がふくらみ始めたら、腰痛に悩む妊婦さんが急増します。妊娠中のお腹のふくらみと腰痛の関係を、わかりやすく説明します。妊娠中は、1度腰痛になってしまうと長引きやすく、お産のときまで腰痛が出るケースがあります。
    出典 :妊娠4ヶ月、腰痛に注意!
     

    これはつらいですよね。

  • 妊婦さんと腰痛は

     

    赤ちゃんが出来てから腰が痛くて動くのもつらいといわれた事がりますね。腰痛になるという話は良く耳にすると思います。妊娠してお腹が大きくなると、その分腰に負担がかかるので腰痛になり易いのです。

  • 妊娠中のホルモンの影響

  • 妊娠をすると「リラキシン」というホルモンの分泌が盛んになります。赤ちゃんが生まれるためには、狭い骨盤を通過しなくてはなりません。骨盤の靭帯を緩ませ、赤ちゃんがスムーズに降りてくることができるように作用するのが、このリラキシンというホルモンです。
    出典 :妊娠中の腰痛の原因と改善法 [腰痛] All About
  • 靭帯は関節を支えていますが、この靭帯が緩むと支えが不安定になり、その周囲の筋肉が硬く緊張してしまいます。骨盤周囲や腰部、股関節に関わる関節が不安定になり、結果的に腰痛の発症へ繋がると考えられています。
    出典 :妊娠中の腰痛の原因と改善法 [腰痛] All About
  • リラキシンは

     

    妊娠初期から分泌されるので、お腹が大きくない時期にも腰痛を起こす危険性があるという事になりますね。もし、初期なのに。。。と思っていてもこの原理だから起きてしまうのですね。

  • 姿勢の変化も影響する

  • 妊娠すると10Kg前後体重が増え、姿勢の変化が起こります。そしてお腹が大きくなり、重心が前方に移動する事により、骨盤や腰椎が前傾になり、それを脊柱起立筋という筋肉で後方に支えバランスをとろうとします。そのため絶えず背中が張った状態が背部痛~腰痛の原因になります。
    出典 :第82回 妊娠中の腰痛対策 | マガジン | 生活の木
  • 以前は立ち仕事が多い妊婦さんに見られましたが、近年の妊婦さんは背筋力が低下しているのでパソコンなどデスクワークが多い姿勢でも腰痛が出やすくなってきています。
    出典 :第82回 妊娠中の腰痛対策 | マガジン | 生活の木
  • 日常生活の中で出来る対策をしっかりとしましょう!

  • •物を持ち上げたり運んだり、長時間立ったり、歩いたり、負担のかかる運動を避ける。•頻繁に快適な姿勢で休む。•膝を曲げた姿勢で横になる。膝の間に枕を挟み横になる。膝をわずかに開いて座る。足を組まない。•股を開く動作を避ける•車の乗り降りの際には膝をくっつけた状態で。
    出典 :妊娠中の3タイプの痛み - 女性の腰痛&骨盤ケア
  • •ベッドに横になったり、起き上がったりする際には足を開かないようにする。寝返りの際にも、できるだけ両足を一緒にする。•良い姿勢を保ち、腰を曲げたりひねったりしない。•水泳をする場合は、足を外側に蹴る動作のある平泳ぎなどは避ける
    出典 :妊娠中の3タイプの痛み - 女性の腰痛&骨盤ケア
  • 病院で推奨しているような、妊婦さん用のサポートベルト・帯などもあります。そういったアイテムを利用することで、関節の不安定性をサポートし、腰痛予防や痛みが緩和するケースもあります。
    出典 :妊娠中の腰痛の原因と改善法 [腰痛] All About