出来る事は出来るけど。。。「水中出産のデメリット」についても知っておこう!

水中出産のデメリットについてもしっかりしっておきましょう。何が起きても良いように知識が必要です。

view112

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 水中出産は色々なメリットがある

  • 水中出産のメリットとしては・・・・、
    ・温水によるリラックス効果を得られる。
    ・筋肉や陣痛の緩和、産道が柔らかくなる。
    ・会陰部も柔軟になるため切れにくくなる。
    ・胎児のストレス低減
    出典 :長谷川潤が水中出産!水中出産のメリットデメリットは?方法は?費用は?体験談は?病院は? | アイ・LOVE・めっちゃトレンド
     

    メリットは以外にも多いものなのですよ。

  • ・浮力があり動きやすい
    ・血液循環が良くなり筋肉がほぐれ出産がスムーズ
    ・赤ちゃんへの衝撃も和らぎ、スルリと出産できる。
    ・出産時間の短縮が可能になる。 などなど・・・
    出典 :長谷川潤が水中出産!水中出産のメリットデメリットは?方法は?費用は?体験談は?病院は? | アイ・LOVE・めっちゃトレンド
  • まぁ、様々ありますが、水中分娩では旦那さんも一緒に水中に入り夫婦寄り添ってゆったりとコミュニケーションを取りながら出来るらしいです。奥様はより大きな安心を得ることが出来るし、夫婦の共同作業で新しい生命の誕生を祝うことが出来るらしいですっ(*´ω`*)
    出典 :長谷川潤が水中出産!水中出産のメリットデメリットは?方法は?費用は?体験談は?病院は? | アイ・LOVE・めっちゃトレンド
     

    このような所は良い所ですよね。

  • 出産時の姿勢(しゃがむ、立つ等)を簡単にとれ、変えることもできますから、赤ちゃんも下りてきやすくなり、結果として水中出産では出産全体の時間が短くなるとも言われています
    出典 :水中出産Q&A
  • 水中出産は

     

    水中出産はお湯の中に入ることで、浮力を使って楽に動き回れるのもメリットです。よく動くことで血液循環がよくなり、全身の緊張がほぐれ出産の進行がよりスムーズになることが期待できます!これ以外にもメリットは沢山ありましたね。デメリットについても知っておきましょう。

  • 水中出産のデメリット

  • 水中出産で妊婦さんが入る水にはしっかりとした衛生管理が必須です。生まれてくる赤ちゃんへの感染症予防が必要だからです。また水中出産時の大量出血や、万が一赤ちゃんに異常があった場合の対応等、十分な解決方法が確立されていないという面は水中出産にあたってのデメリット、不安材料と言えるでしょう。
    出典 :水中出産Q&A
  • ■水が苦手な人には向いていない
    水中出産は実際に水に入っての出産となりますので、そもそも水泳が苦手、泳げないという方はかえって不安を感じるケースもあり、そういう場合はデメリットというより、不向きであると言えるでしょう。
    出典 :水中出産Q&A
  • ■水中出産可能な施設が少ない
    水中出産のメリットに共鳴している医師がいる病院やクリニックでも、水中出産専用の施設(プール)を設置できない場合が多いのが現状です。水中出産ができる施設はごく一部であることもデメリットの一つです。
    出典 :水中出産Q&A
  • ◆陣痛が弱くなることも
    陣痛の初期の段階から温水プールに入ると、ママの体力が消耗して、陣痛が弱くなってしまうこともあります。
    出典 :水中分娩.com
  • いわゆる「自然分娩」以外の方法を選択した場合、費用については基準がないのが現状です。自然分娩の費用にプラスされることがほとんどですが、+1~2万円の病院でOKの病院もあれば、数十万円単位で加算される病院もあります。
    出典 :水中分娩.com
  • ここも知っておいて!

  • 赤ちゃんを迎えるにあたって

     

    是非やってみたいと思っても、まずはしっかりとした準備が必要という考え方も必要でしょう!

  • 出産に対して「自分が産むんだ」という強い気持ちと心構えを持つことが必要とされます。そのため、まずは自分がどんなお産をしたいのか、ということをよく考えることが大切です。そして十分納得がいったら、医師や助産師の説明を詳しく聞き、自分の気に入ったスタイルで赤ちゃんを迎えましょう。
    出典 :水中分娩.com