心臓にも影響が!?「心サルコイドーシス」とはどんな病気!?

心サルコイドーシスとはどのような病気!?心臓に影響があるらしいのです。

view212

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 心サルコイドーシスの定義とは

  • サルコイドーシスは原因不明の他臓器疾患である。若年(20~30代)と中年40~50代)に好発し、両側肺門リンパ節、肺、 眼、皮膚の罹患頻度が高いが、神経、筋、心臓、腎、骨、消化器などの臓器も罹患する。特に治療上注意すべき臓器は眼、肺、心、神経、腎などquality of life や予後に関係する臓器の障害は十分な管理が必要である。
    出典 :難病情報センター | サルコイドーシス(公費対象)
     

    心臓に罹患した場合は、心サルコイドーシスという事になりますね。

  • サルコイドーシスは、全身のいろいろな臓器に肉芽腫(にくげしゅ)という炎症性の病変が生じて障害を起こす原因不明の病気です。肺や眼の病気として知られていますが、心臓にも肉芽腫ができて心臓のはたらきを邪魔することがあります。
    出典 :心サルコイドーシスの症状や原因など - goo ヘルスケア
     

    原因不明なのですね。

  • 原因としては

  • 原因は不明であるが、抗酸菌、α溶連菌、P.acnesなどが原因菌として提唱されている。しかし、何れも確証されていない。
    出典 :難病情報センター | サルコイドーシス(公費対象)
     

    確証されていないのですね。

  • 発症率は

     

    地域差があるそうで、北に多く南に少ないという傾向があるのです。人工10万対7.5~9.3程度だそうです。かなり低い方ですね。

  • この病気は主として肺とリンパ系に発病する原因不明の全身性肉芽腫性疾患です。 発症すると細胞性免疫が障害されるのでしばしば陽転していたツベルクリン反応が陰転化することが知られています。この病気は40歳以下の成人に目立ち、特に20歳台にピークがあります。また、北欧と日本では50歳以上の女性にも第2のピークがあります。
    出典 :サルコイドーシス/医学小知識
  • 注意しておきたいこと

  • 稀ですが、生命の危険を伴うものとして心サルコイドーシスがあります症状は不整脈です。特に致死的不整脈とされる心室性不整脈での頻脈には注意が必要です。
    出典 :サルコイドーシス/医学小知識
  • 確定診断には心臓カテーテルにより心筋の一部を採ってくる心筋生検が必要ですが、侵襲の少ない核医学心筋シンチなどの画像診断や他の部位での生検診断、心電図や24時間心電図の解析などから総合的に診断して治療をすることもできます。
    出典 :サルコイドーシス/医学小知識
  • 症状として

  • 本症発見時約1/3は無症状である。霧視・羞明・飛蚊・視力低下などの眼症状で発見される場合が最も多く、次いで皮疹、咳、全身倦怠が多い。その他、発熱、結節紅斑、関節痛などがある。
    出典 :難病情報センター | サルコイドーシス(公費対象)
  • この病気に合併する不整脈(ふせいみゃく)や心機能障害による症状が出現します。重篤な徐脈(じょみゃく)性、もしくは頻脈(ひんみゃく)性の不整脈のために、意識を失う発作を起こすことがあります。また、心筋の収縮力低下により心不全が生じると、息苦しさや動悸、むくみといった自覚症状がみられます。
    出典 :心サルコイドーシスの症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 反対に頻脈で重篤になる人もいます。この病状の人には抗不整脈剤を 使いますが、それでも治まらない人には、ペースメーカーに似た植え込み 型除細動器という機械を使います。
    出典 :�T���R�C�h�[�V�X��X�搶�u��
     

    このような事になる場合もあります。

  • この病気について

     

    原因不明とされている現在は、根治療法はまだ見つかっていません。多くは無治療で経過観察をし、日常生活に支障が出る場合のみ治療が行われているそうです。今後根治療法がみつかるとよいですね。