喘息患者の10人に1人がアスピリン喘息!?アスピリン喘息について

喘息患者の10人に1人がアスピリン喘息って知っていましたか?アスピリンなどで発病する、アスピリン喘息についてまとめてみました。

view50

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 想像以上に怖い「アスピリン喘息」

  • 季節の変わり目であるこの時季は咳き込む人が多いが、単なる風邪や喘息だと思ったら大間違いのことがある。発熱、腰痛、歯痛、頭痛などで解熱薬や鎮痛薬を飲んで突然呼吸困難になったら、アスピリン喘息を疑った方がいい。
    出典 :アスピリン喘息ここまで知らないと危ない | 日刊ゲンダイ 健康・医療ネット
  • 病名くらいは知っていても、想像以上に怖いこの喘息の正体は、ちゃんとわかっていない人が多いのだ。
    出典 :アスピリン喘息ここまで知らないと危ない | 日刊ゲンダイ 健康・医療ネット
  •  

    喘息の患者の10人に1人は、アスピリン喘息とも言われています。

  • アスピリン喘息(NSAIDs過敏喘息)とは?

  • アスピリン喘息(Aspirin induced asthma:AIA)は、
    アスピリンおよびアスピリンと同じような作用がある解熱鎮痛剤(解熱薬、頭痛薬、鎮痛薬、かぜ薬、坐薬などに使用)によって誘発される喘息をいいます。
    出典 :■宮川医院■アスピリン喘息■
  •  

    アスピリン喘息は、解熱鎮痛剤を服用して15~30分後、遅い場合でも2時間以内に喘息発作が起こるとされています。

  • アスピリン(アセチルサリチル酸)などの非ステロイド性消炎鎮痛薬の投与により、アナフィラキシー様の症状(呼吸困難、血圧低下など)とともに、気管のれん縮が起こり、重い喘息発作から死に至ることもあります。
    出典 :アスピリン喘息の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 一般にアスピリン喘息による死亡あるいは致死的事故は、アスピリン喘息について十分な知識がない医師のところで起こるといわれています。したがって、そんな場合は必ず喘息でかかりつけの先生に連絡してたずねることが大切です。
    出典 :■宮川医院■アスピリン喘息■
  • (アスピリン喘息の自己チェック)
    ・市販の風邪薬を飲むとつらくなる
    ・成人してから喘息になった
    ・鼻詰まりする
    ・味覚が鈍くなった
    ・季節と無関係に発作が出る

  • 非ステロイド性消炎鎮痛薬は、市販されている薬剤(セデス、ノーシン、バファリンなど)にも含まれているため、これをのんだあと、喘息発作が起きたかどうかが重要です。
    出典 :アスピリン喘息の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • アスピリン喘息の治療の方法

  • アスピリン喘息に対する治療の中心はステロイド薬になります。病態が軽症な患者さんは全身的に影響の少ないステロイドスプレーの鼻への噴霧、ステロイド液の点鼻などの局所投与で鼻症状のコントロールがつく場合もありますが、病態が重症な患者さんはステロイド薬の全身投与が必要になる場合もあります。
    出典 :アスピリン喘息の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • また、鼻の治療とともに喘息のコントロールが非常に重要です。内科の先生への通院・治療が必要になります。 外科的手術としては、内視鏡下に鼻・副鼻腔手術を行い、鼻茸を始めとする病的粘膜の除去、鼻腔・副鼻腔の換気ルートを確保することが大切になります。
    出典 :アスピリン喘息の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • ただし手術をして病気が根本的に治るわけではないので、手術後も引き続き根気よく治療を続けることが大切です。アスピリン喘息の患者さんはさまざまな薬物に対して過敏症があるため、手術に際しては慎重な対応が必要です。
    出典 :アスピリン喘息の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 最後に

  • 喘息があり、種々の薬剤や食品、添加物に過敏性がある場合、鼻づまりや嗅覚障害といった鼻の症状がある場合はアスピリン喘息が疑われます。さらに中耳炎を合併することもあるので、内科の担当医に相談しましょう。耳鼻咽喉科医の診察も必要になります。
    出典 :アスピリン喘息の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • アスピリン喘息と診断された場合には、その後医療機関を受診する際に必ずアスピリン喘息であることを先生に話すようにしてください。自宅でも、薬局で買う風邪薬、熱下げ、痛み止め、頭痛薬のほとんどは、アスピリン喘息を誘発する成分が含まれていますので十分注意が必要となります。
    できれば喘息でかかりつけの先生にアスピリン喘息であることを証明するカードのようなものを発行してもらって常に携帯することが望まれます。