母乳にカフェインが含まれるため、授乳中はデカフェがおすすめ!

授乳中にコーヒーなどを飲んでしまうと、母乳にカフェインが含まれてしまいます。
そのため、授乳中はカフェインレスを意識した生活をしましょう。

view74

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • カフェインが含まれるもの

  • •コーヒー •お茶 •紅茶
    上記の3つにカフェインが含まれている事は、一般的にもよく知られている事でしょう。
    出典 :妊娠中はカフェインを控えましょう-赤ちゃんの部屋
     

    お茶の中でも、緑茶やウーロン茶にカフェインが多く含まれています。

  •  

    コーヒーや紅茶を飲むのが日課になっている人も少なくないはずです。

  • •コーラ •ココア •チョコレート
    •栄養ドリンク •一部の医薬品
    など・・・。意外に知られていないものも中にはあるのではないでしょうか。
    出典 :妊娠中はカフェインを控えましょう-赤ちゃんの部屋
     

    このように、普段よく口にするものにはカフェインが含まれていることも珍しくありません。

  • よく眠気覚ましにコーヒーや栄養ドリンクを飲むのは、飲み物に含まれているカフェインが脳に刺激を与えて興奮させる覚醒作用があるからです。
    出典 :カフェインと母乳
     

    このようなことから、授乳中は母乳にカフェインの影響があると考えられています。

  • カフェインを控えるべき理由は?

  • 母乳育児中の母親がカフェインを摂ると、30分以内に体内のカフェインが最高値に達して、摂取した0.5~1.5%程度のカフェインが母乳にも入ります。ですから、カフェインを大量に摂取した後で授乳をすると、赤ちゃんにも母乳を介してカフェインを与えることになります。
    出典 :カフェインと母乳
     

    母乳にカフェインが含まれて赤ちゃんの体内に入ってしまうため、コーヒーを飲んでからの授乳は望ましくありません。

  • 赤ちゃんが、興奮状態になったり情緒不安定になったり、覚醒作用で夜泣きをしたり、といった影響が出ることもあるかもしれません。
    出典 :授乳中のカフェインの影響と注意点は? | ベビカム
     

    赤ちゃんの体質によっては、このような影響が出ることも考えられます。

  • 問題なのは、カフェインを体内に取り入れた赤ちゃんがカフェインを消化するまでにかかる時間です。大人よりも時間がかかり、約3日間消化しきれないこともあります。
    出典 :カフェインと母乳
     

    赤ちゃんは、当然ながら体内も未発達です。
    そのため、カフェインを摂りすぎると赤ちゃんの体に負担を掛けてしまいます。

  • カフェイン摂取量の目安は?

  • 1日2~3杯のコーヒーなら授乳には影響が出にくいと言われています。水のように、常にカフェイン飲料を飲む癖のある方は気を付けてください。
    出典 :カフェインと母乳
     

    息抜きにコーヒーが必要な人は、摂取量を守れば問題ありません。
    タバコと違って、カフェインはそこまで敏感になることもないようです。

  •  

    カフェインを我慢してストレスを溜めるくらいなら、少量のカフェインを摂取してストレス発散をしましょう。

  • 母乳に対する影響が気になるならデカフェをチョイスしよう

  • 本来カフェインの含まれているコーヒー等の飲み物からカフェインを取り除いた状態にしたり、カフェインを添加しないで作った飲み物を、「デカフェ」と呼びます。つまりカフェインレスです。
    出典 :カフェインと母乳
  • コーヒーショップでは「カフェインレス」ではなく「デカフェ」と記載しているお店もあります。やはり、本来の味や香りと違うという感想もありますが、我慢せずにコーヒーを飲みたい時にはデカフェという選択肢もあるのです。
    出典 :カフェインと母乳
     

    赤ちゃんのことを考えるなら、デカフェが良いかも知れませんね♪