ダイエット効果に高血圧予防に!アルギン酸が効果的!

ダイエット効果だけではなくコレステロール値を下げる効果もある
アルギン酸についてをまとめてみました

view179

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • アルギン酸とは

  • アルギン酸とは、コンブやワカメ、ヒジキ、モズクなどに含まれる多糖類の一種で、天然の食物繊維として知られています。アルギン酸は、血圧の上昇を抑制する効果やコレステロール値を下げる効果、ダイエットに対する効果、動脈硬化を予防する効果など様々な効果を持ちます。
    出典 :アルギン酸 | 成分情報 | わかさの秘密
     

    動脈硬化予防は嬉しいですね

  • 健康効果たっぷり

  • ◎高血圧を予防する効果
    ◎コレステロール値を下げる効果
    ◎ダイエット効果
    出典 :アルギン酸 | 成分情報 | わかさの秘密
  • ◎動脈硬化を予防する効果
    ◎腸内環境を整える効果
    ◎胆石を予防する効果
    出典 :アルギン酸 | 成分情報 | わかさの秘密
  • アルギン酸の正体!

  • 昆布のぬめり

     

    皆さんは食卓に上がったコンブを食べる時に、ヌルヌルして取りにくかったことありませんか?
    「アルギン酸」とはコンブからとれる水溶性の食物繊維のことで、このヌルヌルとした「ぬめり成分」こそ「アルギン酸」の正体です!

  • コンブのぬめりのもとになる水溶性食物繊維「アルギン酸」は、食べ物に含まれているコレステロールを包み込みます。それによって体内へのコレステロール吸収をしにくくします。カイゲンの『コレカット』には、この優れた働きを残したまま、ドリンクに配合しやすいように独自の製法で低分子化したアルギン酸を配合しています。
    出典 :アルギン酸とは|素材知識|カイゲンファーマ健康食品
  • もっと細かく知ろう

  • アルギン酸は、昆布やわかめなど海藻類の細胞間物質に含まれているゼリー状の多糖類です。海藻のぬめり成分を構成しています。アルギン酸は、カリウムと結びついており、腸内でカリウムを放出することで、ナトリウムを吸着して体内での吸収を防ぎます。このため、アルギン酸は、高血圧の予防に効果的です。
    出典 :アルギン酸とは?アルギン酸が多く含まれる食品
  • さらに、アルギン酸は、血中コレステロールの抑制作用や血糖値の上昇抑制作用、便秘解消、動脈硬化の予防などの作用もあります。一般的に、「昆布は血圧を下げる」といわれますが、これはアルギン酸の作用によるものです。
    出典 :アルギン酸とは?アルギン酸が多く含まれる食品
  • アルギン酸ナトリウムを分解した低分子化アルギン酸ナトリウムは、おなかの調子を整える作用のほか、コレステロールを下げる作用も確認されており、厚生労働省が効果を認めるトクホ(特定保健用食品)の飲料に配合されています。
    出典 :アルギン酸とは?アルギン酸が多く含まれる食品
  • 食物繊維も入ってる

  • 水溶性食物繊維「アルギン酸」には、水をたくわえる性質があり、便を適度に柔らかくすることで、ボリュームを持たせ、おなかの調子を整えます。カイゲンの『コレカット』には、1本に4g、レタス約1個分の食物繊維を配合しています。
    出典 :アルギン酸とは|素材知識|カイゲンファーマ健康食品
  • ダイエット効果

     

    アルギン酸を含んだ食品やドリンクを摂取することで、長時間にわたり満腹感を感じることができます。また、体内にほとんど吸収されることがないため、摂取カロリーを下げる効果もあります。
    そのため、アルギン酸はダイエットに効果的な成分です。