【乾燥の季節】お金を掛けずに保湿効果があるパックのやり方まとめ

乾燥の季節がやってきた!乾燥を防ぐためにも保湿は大事!もちろん、保湿効果の高い、高価なスキンケア用品を購入すれば良いのかもしれませんが、そんなお金だって持ってません。そこで、出来る限りお金を掛けずに、保湿ケア出来るパックの方法をまとめてみました。さぁ、今すぐレッツチャレンジ!

view83

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 簡単に出来るパック

  • フェイシャルエステのようにお金を掛けて保湿をしてくれるのなら良いのですが、もちろん、そんなお金はありません。そして、実は、そんなにお金をかけなくても効果的なパックのやり方をいくつかご紹介しましょう。
    乾燥している肌に直接潤いを与えることが出来る、効果的なパックはいつでもやりたいですよね。

  • ラップパックで保湿効果!

  • 普段フェイシャルマスクは使っていますか。最近では、プチプラコスメとして定着しているフェイシャルマスク。しかし、これは、つけた行為で満足していてはいけません。フェイシャルマスクはつけている時間が長すぎると、マスク自体に含まれている水分が蒸発してしまい、逆にマスクから自分の肌の水分を吸い取られてしまうというデメリットもあるんです。それを防ぐためにも効果的なのが、この「ラップパック」なんです。

  • ラップパック

     

    やり方は簡単!普段使っている美容液が含まれたフェイスパックの上にラップでパックをするという方法です。フェイスパックでパックしている顔の上に、同じように模ったラップをかぶせてしばらくパックするんです。
    フェイスパックでしている時間よりも5分から10分長い時間置くことでさらに効果的!

  • ラップパックは、シートタイプのパックをする時に「蒸発防止のフィルム」として使う方法の他に、化粧水や美容液、保湿クリームなどを塗った直後に、肌へ直接、ラップを貼る方法もあります。
    出典 :「ラップパック」で顔パックの保湿効果が数倍アップ!潤肌スキンケア - ガールズSlism
     

    もちろん、フェイスパックを使わなくても、スキンケアを行った後に、直接ラップでパックすることも!

  • オイルパックで保湿効果!

  • オイルパックは入浴中にやることで効果があがります。入浴中に体を温めることで、固くなっている角質などが柔らかくなることで、オイルが肌に浸透しやすくなっているからです。
    基本的には、洗顔後に数滴のオイルを顔に塗り込みます。このときに一緒にマッサージをすることが出来るのもメリットですね。そして、その後オイルをふき取って、洗顔後にいつも通りのスキンケアをするだけ。
    こんな簡単なことですが、実は、これをすることで、化粧水の浸透力も格段にあがってくるそうですよ。

  • オイルパック

     

    ヘアケアだけではないんです。椿油は、スキンケアにも使えます。
    普段をヘアオイルとして使ってもいいけれど、週に1回くらいのペースでオイルパックを入浴しながらやってみませんか?

  • 毎年のように冬になると乾燥の影響で肌が荒れてしまう方、秋にしっかりと肌の受け入れ態勢ができていれば慌てることも恐れることもありません。早い方は夏場から、乾燥を意識したお手入れを始められています。あまり意識されていなかったという方、じわじわと乾燥している秋から、このオイルパックケアを始めてみませんか? 日頃から乾燥肌気味の方にももちろんオススメです。
    出典 :スキンケア アドバイス(お手入れ応用)− オイルパック|SCORAGEN
     

    普段からドライスキンのタイプの方には、まずこの方法をしてみませんか?
    基本的には、何も入っていないピュアオイルが良いです。

  • はちみつパックで保湿効果!

  • はちみつパックも色々とやり方が紹介されていますね。例えば、オイルパックと同様に入浴している間に、洗顔後にはちみつを顔に薄く塗って、5分くらい待つ。その後に洗顔からの通常のスキンケアをするだけ。これだけで、かなりの保湿効果があるとか。
    また、一方では入浴中でなくても、顔に薄くはちみつを塗って、蒸しタオルで5分ほど蒸らし、その後その蒸しタオルで拭き取るだけというやり方もあります。
    いずれにしても、それだけで肌が柔らかくなることで、化粧水などの浸透力が変わってくるそうですね。

  • はちみつパック

     

    IKKOさんもおすすめしている、おうちにある「はちみつ」で保湿。
    これがかなり効果があると口コミでも評判なんです。
    さらに、このはちみつには、アンチエイジング効果もあるとか。
    アレルギーだけには気をつけてましょう。