妊娠中に歯医者で麻酔をしても大丈夫なのか?

妊娠中に歯医者で麻酔をしても大丈夫なのか気になっているという方は多いようです。ここでは妊娠中に歯医者で麻酔をするとどのような影響が出るのかについてまとめました。

view163

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中の歯の気がかり

     

    妊娠中に歯の治療をしても良いのかどうか気になっているという人達は多いです。

  • 妊娠中に歯医者で麻酔をすることに不安を感じている女性達は多いようです。
    麻酔やX線が赤ちゃんに直接影響が出ないかどうか、不安な女性達は多いのです。
    もしあなたが歯のトラブルを抱えているという場合には、しっかりと歯医者さんで治療を行う必要があります。
    虫歯や病気があり、それを放置していると、赤ちゃんに悪影響が出ることもあるからです。

  • 妊娠中は歯の治療を受けないほうがいい」と言う人がいますが、実は妊娠中にこそ、むし歯や病気がある人は治療をし、トラブル予防のケアをすべきなのです。歯が痛むとき、歯ぐきの腫れや出血がある場合は、早めに受診し、妊娠していることを伝えたうえで治療を受けましょう。
    出典 :妊娠中の歯科治療はこうしましょう - gooベビー
  • 妊娠初期は歯科治療を受けない方が良い?

  • 妊娠中に歯科治療を受けない方が良いと考えている人は多いです。
    しかし、虫歯や病気があれば治療をしていった方が良いですし、放置をすると症状が悪化してしまいます。
    ただ、妊娠初期の場合は切迫流産が起こりやすい時期。
    ですので、妊娠初期の方の場合であれば、安定期に入るまで歯科治療は行わない方が良いでしょう。

  • 妊娠初期は、切迫流産が起こりやすい時期。念のため、治療は控えたほうが安心。安定期まで待ちましょう。
    出典 :妊娠中の歯科治療はこうしましょう - gooベビー
  • 安定期に入ってどれくらいの時期に歯科治療をすると良いのか?

  • 安定期に入ってから8~9カ月ごろまでの間は、心配なく治療を行える時期。トラブルはないと思っても受診してみて。
    出典 :妊娠中の歯科治療はこうしましょう - gooベビー
  • 安定期に入っているからと言って、どの時期でも歯科治療をすることができるというわけではありません。
    しっかりと安定期の中でも、どれくらいの時期に歯科治療を行うことができるのかを確認しておく必要がありますね。
    虫歯や病気などがあるという方は、この安定期に入ってから行うようにしてください。

  • 歯のケアは妊娠中も大切!

     

    妊娠中にも、歯のケアはしっかりと行う必要があります。

  • 妊娠中の口の中はとても敏感。ちょっとした刺激で出血したり、軽い炎症が急速に悪化しやすくなっています。
    ちょっとしみたり痛みがあったりすると、歯磨きもついおろそかになりがちです。
    でも、磨きやすい小さい歯ブラシや刺激の少ない歯磨き粉を選んで必ず磨きましょう。歯磨き習慣は、自分でできる歯周病予防として、とても効果的な方法です。
    出典 :妊娠期のデンタルケア|「歯と健康」情報|デントウェルスマイル|大正製薬
     

    妊娠中こそ、歯磨きをしっかりとしないといけないんですね!

  • 妊娠中は、平常時以上に虫歯になりやすい口内環境になります。
    栄養不足の影響もありますが、しっかりと歯磨きをして、ケアを行っておくことが大切と言えるでしょう。

  • 歯周病菌は女性ホルモンを利用して発育します。したがって、妊娠中に起こる妊娠性歯肉炎なども、出血するからといって磨かずに放置すると、歯周病に進行していきます。
    歯周病は感染症なので、母体にも赤ちゃんにも影響があります。妊娠期は歯周病にかかりやすい体になっていますから、「しっかり予防」「早めのケア」「医師と相談」の3つを忘れずに、お口の健康を守りましょう。
    出典 :妊娠期のデンタルケア|「歯と健康」情報|デントウェルスマイル|大正製薬
  • 妊娠中に歯周病になるとどのような影響があるのか?

  • 最近注目されているのが、膣や子宮の炎症による早産や低出生体重児出産です。
    一部のルートとして、母体の口中に存在する歯周病原性細菌が血液を介して子宮や胎盤にまで運ばれる(血行感染)ことがあるといわれています。子宮や胎盤に細菌感染が起こると、そのために陣痛が起こって早産すると考えられています。
    出典 :妊娠期のデンタルケア|「歯と健康」情報|デントウェルスマイル|大正製薬
  • 歯周病は歯の周囲の細菌感染であり、妊娠中は口腔内が細菌感染しやすい状態ですので、治りにくく、比較的長期間にわたって細菌が存在することになり、子宮内感染を引き起こす可能性があります。実際にはあまり多くないようですが、妊娠中は特に口の中の衛生に気をつけましょう。
    出典 :妊娠期のデンタルケア|「歯と健康」情報|デントウェルスマイル|大正製薬