アレルギーマーチの原因を知り、マーチを止めましょう!

幼児期のアレルギーはアレルギーマーチの始まり・・・アレルギーマーチの原因を知り、アレルギーマーチを止めましょう!!

view53

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • アレルギーマーチってご存知ですか?

    アレルギー反応の関係・・?
    うーん、なんでしょう・・?

  • アレルギーマーチとは・・・

  • 〔和 ドイツ Allergie+英 march〕
    小児アレルギーにおいて,加齢とともにアレルギーの原因抗原と症状が次々と変化していく現象。
    乳幼児期の食物アレルギーによるアトピー性皮膚炎から始まるケースが多く,喘息やアレルギー性鼻炎,花粉症などへ次々と移り変わっていく。
    〔さまざまなアレルギー性疾患が行進しているかのように次から次へと現れることから〕
    出典 :アレルギーマーチとは - コトバンク
  • アレルギーの病気が、年齢と共に変わっていく、その様子がアレルギーが行進しているように変わっていくので、「アレルギー・マーチ」と呼ばれているそうですょ。

  • 例えば・・・
    乳幼児の時に、アトピー性皮膚炎の症状が出てきたとします。
    そして、小学校上がる前ぐらいには気管支喘息が発症。
    さらに思春期が過ぎる頃に花粉症になる、といった感じです。

    ね、アレルギーが行進しているようでしょ・・・。

  • ぜんそく・・・

  • そもそもアレルギー反応はどのようなしくみで起きるのでしょうか?
     
    私たちの体には異物を排除したり、防衛するバリア機能が備わっています。
    このバリア機能が壊れていたり、未完成だったり、逆に過剰なために起こるもの、それがアレルギー反応なのです。
     
    このバリア機能の問題に加えて、アレルギーを起こしやすい体質、またアレルギーを起こしやすい環境がアレルギーの症状を作り出していると言われています。
    アレルギー疾患の根っこにある原因は共通してこの3つなのです。
    出典 :ひとつ治ったらまた別のアレルギーが!アレルギーマーチの予防法は? | 実践!子供のアレルギー対策研究室
  • アレルギーの予防のためにできることはないのでしょうか・・・?  
     
    アレルギー発症以前にアレルギー体質かどうかを正しく診断し、その除去に努めることが大事!です。

    何でも、2親等以内に何らかのアレルギーがあれば、アレルギー体質である可能性が高い!そうです。
    実際には、出生時にアレルギー体質かどうかを判断することはなかなか難しいので、家族内にアレルギーを持つ人がいる場合は、発症の可能性が高いと考えて、生活の中のアレルゲンを減らすように努力することが大切です~。

  • 具体的には、何をどうしたらよいのでしょう・・・?

  • 小児ではアレルギーマーチ・・が懸念されますよね。
    乳児期になんらかのアレルギー症状が出た場合、将来もアレルギー性疾患を発生しやすい(アレルギーマーチ)と考えて早めの予防策をとるのがよいと思われます。

    つまり・・・
    授乳期から、アレルギー予防に努めること!
    例えば、授乳している母親の鶏卵摂取をやめる、母親に第2子の妊娠時から除去食療法を行う・・・などです~。

  • 乳・幼児期にアレルギーを発症しないように、・・・ですね!!
    小さいころにアレルギーがなければ、アレルギーマーチはおきませんものね~。

  • でも、アレルギー体質で、アレルギー症状が出てしまったら・・・
    大丈夫、あきらめず、面倒がらず!今後のアレルギーマーチを頭において、日々のアレルゲン除去に努めていきましょう。

    アレルギーマーチの原因は、いったい、何なんでしょう・・・?

  • アレルギーが変わっていく原因として考えられるのは、成長の段階でアレルゲンが変わっていくためと考えられます。
    乳・幼児→卵を中心にした食物

    学童→ダニを中心とした環境

    成人→スギ花粉を中心とした環境
    出典 :アトピーの基礎知識vol.5 アレルギー・マーチって何だ? [アトピー性皮膚炎] All About
  • アレルギーマーチの原因を除去すれば、アレルギーマーチ、止まるんじゃないの・・・?
    なかなか除去しきれないのが現状でしょう・・。

    でも、アレルギーマーチの原因となるものを減らすことが、アレルギーマーチを止める第一歩になると思われます。

    環境を整えること・・・!
    ・・・ダニを減らす、花粉を減らす・・・

    あと、お薬も、もちろん、効果を期待できます。ですので、病院、専門医に、ご相談してください!

  • 環境を整える・・・

    花粉は・・・とにかく持ち込まない!入れない!ですね~。

    ダニ対策は・・・?

  • 毎日の掃除機を使った畳、絨毯の掃除に加え布団や布ソファー、カーテンなどのダニ対策。
    掃除機は紙パック式で頻回に取り替えられる物を使用する。排気によりダニや埃などをまき散らさないタイプの掃除機が望ましい。
    畳・絨毯の掃除は、1平方メートルあたり一分間くらいかけて吸引する必要があります。
    出典 :アレルギー予防法
  • 床は、畳よりフローリング。絨毯はできればとって。

    絨毯なしのフローリングって不安って方・・・こどもの足音などの防音、こどもがつける傷などが気になる場合はジョイント式のマットを敷く、などで対応してみて。

  • お布団はどうしましょう・・・。

    やっぱり、布団を干すことはとても良い!ようです。
    布団のシーツ、布団カバー、枕カバーも週に1回くらいは洗濯機で洗ってあげましょう~。
    布団に黒い布やビニールをかける(市販のものを使っても。)と高温で、乾燥した状態が作れてなお良いですよ~。
    布団を干すのはもっとも乾燥しているお昼間、10時~15時に、2~3時間(夏の日差しの強い日は1~2時間)で十分です~。

  • 今、話題の布団用掃除機は、どうなの・・・?

    天日に干して、乾燥させてから使用すると効果大!!だそうです。
    雨の日は、布団乾燥機を。
    布団乾燥機は天日干しよりダニを死滅させる効果が高いんです!!
    布団乾燥機をかけたあとに、布団用掃除機をかけるとかなりダニを減らせるそうですょ!!