コレステロールを下げる方法あれこれ

現代人の生活は暴飲暴食に合わせて慢性的な運動不足でもあります
この状態はまさにコレステロールを高める環境といえます
高すぎるコレステロールは動脈硬化をはじめ様々な病気の原因になります
というわけで、コレステロールの簡単な仕組み、下げる方法を紹介します

view184

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • コレステロールの基礎

  • コレステロールが高くなると、動脈硬化や高脂血症の危険性が高まるとされています。さらに中性脂肪が増えると、今話題のメタボリックシンドロームにつながってしまいます。しかし「コレステロールはすべて悪者だ!」と決め付けるのもダメ。大切なのは、体内のコレステロールをどうコントロールするかです。
    出典 :コレステロールを下げる方法
     

    正確にいうと、コレステロールは下げるべきではなく程よくコントロールするべきなのです

  • そこで、コレステロールが悪者になります。コレステロール値が高かったり、中性脂肪がたくさん貯まると、それが内臓脂肪になり、 メタボリックシンドロームということになるのです。
    出典 :コレステロールの働きについて
     

    高コレステロールと中性脂肪過多、これがメタボリックシンドロームです

  • コレステロールが高すぎると、確かにいろんな病気の元になるので、確かにいいことはありません。しかしこのコレステロール、実は体になくてはならない、大切な働きを持っているのです。
    出典 :コレステロールの働きについて
  • コレステロールは、体に必要な脂質です

  • コレステロールや中性脂肪は、体を維持するのに、なくてはならない脂質です。メタボリックシンドロームが注目される中、 その原因になる中性脂肪やコレステロールは、低ければ低いほうがいいということで、無理なダイエットをしたり、 極端に油分をとらなかったりするのは、ちょっと問題があります。
    出典 :コレステロールの働きについて
     

    コレステロールと中性脂肪は低すぎても良いものではないのです

  • コレステロールは低すぎても良くないのです

     

    昔、日本がまだ貧しかった時代は、脳出血で亡くなる人が多くいましたが、これは、必要な栄養を取れなかったために、 コレステロールが不足していたからなのです。

  • 私たちの体を作っている骨や筋肉、内臓、皮膚などは、すべて細胞の集まりです。そして、その細胞膜を作っている物質のひとつが、コレステロールなのです。コレステロールが不足すると、細胞膜が弱まって、 ウイルスなどが入りやすくなったり、血管の壁が薄くなって、脳出血を起こしやすくなるのです。
    出典 :コレステロールの働きについて
  • 実は、血液中の総コレステロールの80~90%は肝臓など体内で合成されていて、食事に由来するものは約10%程度ってご存知でしたか?さらに食事から摂る総コレステロール量が多い時には、肝臓で合成される量が減り、血液中の総コレステロール値が高くならないように調整されるしくみになっています
    出典 :コレステロールを下げるために気をつけること【食事編】 : タニタ運営[からだカルテ]
  • 現代人の暴飲暴食は圧倒的にコレステロールを上げてしまっていると言える現状でしょう

     

    食べ過ぎや飲みすぎが続くと、肝臓で作られるコレステロールが増えるということが分かっています。しかも増えやすいのは、悪玉と言われるLDLコ レステロール!さらに、肥満や運動不足、魚ではなく肉を中心とした食生活も、血液中のLDLコレステロールを上げる原因と考えられています

  • コレステロールを下げる食品

  • 海藻

     

    わかめ、昆布に含まれる食物繊維を「アルギン 酸」といいますが、これは野菜の食物繊維と同じように腸内のLDLコレステロールを排出する働きがあります。わかめ、昆布はカロリーも低いのでダイエット 時も安心して食べることのできる食品です。

  • 大豆・大豆製品

     

    動脈硬化の凶器となるのが脂質が酸化してできる過酸化脂質ですが、大豆に含まれるサポニンやレシチンには過酸化脂質をできにくくす る働きがあります。また、大豆に含まれるたんぱく質には、血液中のLDLコレステロールを減らす働きがあるため、大豆や豆腐などの大豆製品はLDLコレス テロールの高い方へはおすすめの食品です

  • オレイン酸

     

    LDLコレステロールの高い方は脂肪を多く含む食品に注意が必要ですが、脂肪の中でも飽和脂肪酸を多く含む肉の食べすぎに気をつけることが大切です。
    特に、大切なのは、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸のバランス!
    脂肪の中でも、常温で液体化している植物油や魚油に多く含まれる不飽和脂肪酸はLDLコレステロールを減らす働きがあり、特に、オリーブ油に多く含まれる 一価不飽和脂肪酸はLDLコレステロールを下げ、HDLコレステロールを減らさない特徴があるため、LDLコレステロールの高い方におすすめの食品です

  • ビタミンE

     

    ビタミンEには抗酸化作用があるためLDLコレステロールの酸化を防ぐ働きがあります。
    アーモンド、うなぎの蒲焼き、アボカド、かぼちゃなどがビタミンEを多く含む代表的な食品。
    さらに、ビタミンEの抗酸化作用を高めるビタミンCを一緒に摂ると効果的です。

  • コレステロールを下げる運動

  • コレステロールが高くなる原因には、過食や高カロリーの食事によるエネルギー過多と同時に、運動不足が考えられます。運動は、体内の脂質の代謝をよくし、コレステロール値を下げる効果があります。
    出典 :コレステロールを下げる運動 | コレステロールを下げるための運動方法
  • 運動の効果としてもっとも目立つのは、中性脂肪値が下がることです。運動に必要なエネルギーは、まず筋肉内のグリコーゲンを分解して供給されますが、その後は脂肪を分解してまかなわれます。
    出典 :コレステロールを下げる運動 | コレステロールを下げるための運動方法
  • 歩くだけでもコレステロールや中性脂肪が減る
    日頃、運動をしなれてない方なら、激しいトレーニングでなくてもウォーキングがいいのではないでしょうか。
    出典 :コレステロールを下げる運動 | コレステロールを下げるための運動方法
  • 1日の歩数が多いほど、総コレステロール値や中性脂肪値は低くなり、善玉のHDLコレステロール値は高くなっていきます。HDLコレステロールは、運動を続けるほど増加し、やめるともとに戻ってしまいます。適度な運動を継続して行うことが肝心です。
    出典 :コレステロールを下げる運動 | コレステロールを下げるための運動方法