セルフで出来る【シミの除去】するならこれからの季節がオススメ

紫外線を浴びたお肌、加齢と共に現れてくるシミについて気になってきてはいませんか?シミを除去するには日光からの紫外線が減り始めるこれからが季節です。

view96

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • シミのメカニズム

  • 表皮は表皮細胞(ケラチノサイト)、色素細胞(メラノサイト)などからなり、厚さわずか0.1~0.3ミリの中は4つの層に分かれています。一番下の基底層にあるメラノサイトが、シミのもととなるメラニンをつくり出します。
    出典 :紫外線と、女性ホルモンに注目。シミのメカニズム|かんぱんINFORMATION
  • 紫外線を浴びることによってどんどん増えるメラニンと、ターンオーバーが追いつかなくなって消えていかないメラニン。これがシミの原因となります。
    出典 :紫外線と、女性ホルモンに注目。シミのメカニズム|かんぱんINFORMATION
  • シミが消えるメカニズム

  • 表皮内に拡がっていたメラニンは、一日一日新しく作られる表皮細胞に押し上げられ、角質と一緒に毎日排泄されていきます。
    出典 :シミが消えていく秘密 | サッポー美肌塾
  • しみは紫外線とともに増え続けます。ですが、ターンオーバーによって表面のシミは排除され新しい皮膚へ生まれ変わっているのです。それでもシミが消えないのは、皮膚が生まれ変わる周期よりもメラニンが生成されるスピードが速いから、皮膚の生まれ変わりが追いつかないためです。では、この皮膚の生成が早くなって、メラニンの生成が遅くなれば.....そう、シミは改善されるのです。

  • シミを増やさないためにすること

  • つまり、紫外線を初めとする強いダメージを肌に与えないように、かなり徹底した配慮をする。
    •心身不調の時には、とりわけ紫外線に注意する。
    出典 :シミが消えていく秘密 | サッポー美肌塾
     

    あなたの皮膚は紫外線を浴びたらメラニンを作るというサインを過剰に出している状態が続いていました。それを紫外線の量は少ないのでメラニンを作らなくてもいいよというサインに置き換わるまで続けなければいけないそうです。

  •  

    少なくとも1年間は徹底的に紫外線を浴びない覚悟が必要。

  • 「顔のしみを消す」をいう観点から、現在いちばん効くとされているのは
    皮膚科でも処方されているハイドロキノンです。老人性色素斑、肝斑、炎症性色素沈着などに広く効果を発揮しますので複数の種類のしみができてしまった方にもおすすめです。
    出典 :顔のしみ 自分で消せます!
  • シミを消す食べ物・・・といえば基本は美白に効果的なビタミンCを多く含む食品を摂ること☆
    出典 :シミを消す食べ物 -39歳からのシミを消す方法
     

    代表的な物はレモンやグレープフルーツです。

  • イチゴ、アセロラ、柿なども良いですね。
    野菜では、トマト、ブロッコリー、パセリ、ピーマンなど。
    また、βカロチンは、ビタミンCと一緒に摂取することで、しみを消す効果がより高くなります
    出典 :シミを消す食べ物 -39歳からのシミを消す方法
     

    βカロチンは、かぼちゃ、にんじん、のり、シソ わかめ 青菜などの野菜

  • 美白では消えないシミもあります

  • 目元から鼻の頭にかけてのしみが、いわゆるソバカスです。
    これは遺伝によるものなので、美白化粧品で治すことはできません
    出典 :顔のしみ 自分で消せます!
  • レーザーや凍結療法で取り除くのが効果的な方法です
    出典 :美白化粧品では消えないシミもある!あなたのシミに必要なケアとは? | 美容ブログ [女性の美学]
     

    やはり、普段からの美白の予防では補えないがんこなシミはエステや美容整形外科で治療する必要があるようです。