【あなたはいくつやってる?】妊娠線予防のおすすめ

あなたは妊娠線予防のおすすめをどれだけ実践していますか?妊娠線といえば『一度できたら二度と消えない』と言われていて、妊婦さんにとっては大きな悩みの一つですよね。一番良いのは『妊娠線自体を作らない』ことです。
今回は『妊娠線予防のおすすめ』をわかりやすくまとめてみました。是非お試しください!

view160

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 『妊娠線』ができる原因は?

  • 妊娠すると、お腹の中の赤ちゃんが育ってくるにしたがってお母さんのお腹はせり出してきます。お腹だけではなく、乳房も母乳が出る準備を始め、豊かに膨らんできますし、体を支える太ももや、おしりもふっくらと肉付きが良くなってきます。
    出典 :妊娠線ができる原因 | 妊娠線予防ガイド
  • 太くなった体の皮膚は引っ張られて伸びていきます。イメージとしては、風船が膨らんでいくような感じです。
    出典 :妊娠線ができる原因 | 妊娠線予防ガイド
     

    お腹のなかの赤ちゃんが大きくなるにつれて、そのお腹を覆う皮膚も急激に伸びていくのです。

  • 皮膚は、表面を表皮といい、その下に真皮、皮下組織と三層に分かれています。表皮は伸びやすいのですが、真皮や皮下組織は急激には伸びることができません。柔軟性のない皮下脂肪などの影響も受けますから、伸びやすいところとそうでないところがあります。
    出典 :妊娠線ができる原因 | 妊娠線予防ガイド
  •  

    真皮・皮下組織は表皮のように柔軟に伸びることができません。また、一度断裂により傷ついてしまうと自己再生ができないのです。

  • 『妊娠線予防』はいつ頃からはじめたらいいの?

  • さて、妊娠線は『真皮・皮下組織』の断裂であるということがわかりました。ではこの妊娠線ケア、いつごろからはじめればいいのでしょうか?

  • 妊娠線(にんしんせん)というと、お腹が大きくなる6ヶ月以降に目立つ妊婦の肌トラブルだと思われがちですが、実は妊娠初期から妊娠線になりやすい部分には注意が必要です。早めにケアを始めていれば、肌に妊娠線が必要以上に増えることを防げます
    出典 :妊娠線とは e-妊娠
     

    『まだケアをはじめなくても大丈夫』と安心していたら、あっという間にお腹が大きくなって気づいたら既に妊娠線ができていた!というケースもあります。油断せずに早め早めのケアをしていきましょう。

  • 妊娠線が出やすい時期は、妊娠初期以降、またはつわりが終わり、食欲が急激に増加するのに比例して体重が増加する頃に出始める頃にあたります。
    出典 :妊娠線のできるしくみと予防時期、予防方法 - はっぴーママ.com
  • 【早速実践!!】妊娠線予防のおすすめ

  • ■こまめに保湿する
    肌が乾燥していると妊娠線ができやすくなってしまいます。こまめに保湿することが大事です☆
    出典 :妊娠線クリームを買う前に! 妊娠線予防クリームランキング.com
     

    やはり妊娠線予防には『保湿』が何よりも大切です。特に冬場は妊娠線がよりできやすい季節だそうです。乾燥は妊娠線の大敵、と認識し、十分な保湿を心がけましょう。

  • 直接的な予防策としては、妊娠線専用クリームで保湿ケアをすることです。保湿が目的ですから、必ずしも妊娠線専用のものにこだわる必要はなく、ボディークリームや顔用のクリームでもいいでしょう。
    出典 :妊娠線を残さないための予防とケア方法 | スキンケア大学
     

    最近では『妊娠線クリーム』が様々なメーカーから発売されていますね。勿論妊娠線ケア専用クリームとしてたくさん研究がなされている製品ばかりですが、『保湿』という観点からいえば、必ずしも『専用クリームでなければダメ!』というわけでも無いようです。とにかく『毎日欠かさず保湿をする』ということが何よりも大切なのです。

  • ■早寝してしっかり睡眠
    午後10時から午前2時は美肌を作るシンデレラタイムと言われています☆この時間にしっかり眠ることで、妊娠線ができやすい場所を含め、肌をキレイにキープ出来る可能性がアップします。
    出典 :妊娠線クリームを買う前に! 妊娠線予防クリームランキング.com
     

    皮膚・肌の調子を整えるためにも、しっかりと睡眠をとり体調を整えることが大切です。

  • 妊娠線には肥満が大敵!ということです。妊娠線を作る大きな原因は、肥満だからです。そう、高カロリーな食事や外食を控えて、栄養価が高くてバランスの良い食生活を心がける必要があります。低脂肪、低カロリーは必須条件。
    出典 :妊娠線対策に必要な食事
  •  

    妊娠線ができる直接の原因は『急激な体重増加』です。それを防ぐためにも、妊娠中の食事には特に気を配る必要があります。勿論、妊娠線予防のためだからといって、妊娠中の過度はダイエットはNGです。食事に気をつかってうまく体重コントロールをしましょう。

  • 重くなったおなかを下からしっかり支えると、皮膚が伸びすぎず、妊娠線の予防にも役立ちます
    出典 :犬印本舗(もっと知りたいママのための…Mother's Beauty Book)
     

    おなかを支える『腹帯』『ガードル』等の使用が有効とのこと。妊娠線予防だけでなく、腰痛予防にもなります。

  • 上記の他に、『妊娠線予防マッサージ』もまたおすすめの予防ケアの一つです。妊娠線のできやすい箇所にクリームを塗りながら、丁寧にマッサージしていきます。

  • 1番気になるお腹は、優しくなでるようにクリームを塗ります。押す力は不要です。クリームやオイルを滑らかに伸ばして、お腹の皮膚に膜を作るような感覚で優しくマッサージします。お腹に手のひらを当てて、「の」の字を描くようにクリームを乗せていきます。
    出典 :妊娠線のマッサージ
  • 二の腕、太もも、おしりは下から上へ手のひらを使って、クリームをのばします。妊娠中は血行の流れが悪くなりがちなので、手のひらを下から上へ動かして、肌をさすることで血行の改善にも効果があります。
    出典 :妊娠線のマッサージ
  • バストは乳首を境に上部は下に向けて、下部は上に向けて手のひらで優しくマッサージします。これは妊娠線の予防と同時に、授乳準備のマッサージでもあります。
    出典 :妊娠線のマッサージ
  • いかがでしたか?
    産後に『あの時しっかり予防ケアをしておけばよかった…』と後悔しないためにも、できるケアからコツコツと継続して続けていくようにしましょう!