【急上昇中】若年性認知症の初期症状知ってますか?

非常に怖い、若年性認知症が今急上昇中なんです。万が一の時のためにも、初期症状を知っておきましょう。気になるところがあったら、すぐ病院へ!

view239

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 今、急増中の若年性認知症って?

  • 認知症は高齢者の病気――そんな誤解をしている人が多い。しかし、実は働き盛りの年代でも認知症になることがある。それが「若年性認知症」。18~64歳で発症する認知症の総称だ。旧厚生省の研究によれば、患者数は推計27,000~35,000人。現実にはその3倍以上におよぶとも言われている。
    出典 :若年性認知症〜働き盛りにしのび寄る「認知症」|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
  • 認知症、いわゆるボケや痴呆と混同されることもあるこの病気は、今若年層にも広まっています。

  • 若年性認知症になると、どうなるの?

  • 65歳以上で発症する老人性認知症と同様に、脳血管障害やアルツハイマー病などによってもの忘れ、言語障害などの症状が現れる。
    出典 :若年性認知症 とは - コトバンク
  • 言葉が上手く話せなくなったり、今まで普通にできていたことが突然できなくなったり・・・とても恐ろしい病気なのです。

  • 若年性認知症は、進行が速く診断が難しい

  • 65歳以上の高齢者に見られるアルツハイマー病に比べ、若年性アルツハイマーは、比較的、病状の進行
    が早く、初期症状が現れてから重症化するまでの期間が短いようです。
    出典 :若年性アルツハイマーの初期症状と間違えやすい主な病気
  • 初期の段階で医師が若年性認知症と診断することは難しい場合が多く、うつ病や統合失調症、女性の場合は更年期障害と間違われることも少なくありません。
    認知症が進行していくうちに、幻覚や妄想、抑うつ等の症状が出てきて、診断がはっきりすることも多いのです。
    出典 :若年性認知症 | 認知症の症状が家族に出たとき、あなたはどう対応しますか?[認知症の窓]
  • まさか認知症だとは思わなかった、ということが非常に多いです。中には、本人は異常を訴えているけれど、家族がちゃんと受け止めておらず、病院に行くようなことでは・・・と診療の邪魔をしてしまうことも。

  • 若年性認知症の初期症状

  • 頭痛、めまいなどの回数が増えた…
    他人への配慮がなくなり、周囲の人から自己中心的になったと言われることが増えた…
    人の名前が思い出せないことが増えた…
    脈略のない文章を書いてしまうことがある…
    通い慣れた道のはずなのに迷ってしまうことがある…
    出典 :若年性アルツハイマーの初期症状と間違えやすい主な病気
  • 住所や日付けを書き間違えることが増えた…
    重要だと思っていたはずの約束さえ忘れる回数が増えた…
    仕事の能率が下がったり、台所での作業も要領が悪くなった…
    最近、ムキになったり怒りっぽくなった気がする…
    (女性)閉経を迎えている…
    出典 :若年性アルツハイマーの初期症状と間違えやすい主な病気
  • こういった病気が原因になることも

  • アルツハイマー病、脳血管障害、脳腫瘍後遺症、頭部外傷、薬物・アルコール依存症、クロイツフェルト・ヤコブ病、パーキンソン病、エイズ、ピック病など、背後にさまざまな病気が考えられる
    出典 :若年性認知症〜働き盛りにしのび寄る「認知症」|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
  • 日常の些細な変化を取りこぼさないように、普段から「あるかもしれない」と心構えを作っておくことが大切です。まず自分、そして自分の周囲にいる人が若年性認知症の初期症状を出したらすぐ気がつけるように準備しておきましょう。