スパイスの王様シナモンはダイエットにも効果的!?

シナモンはスパイスの王様と呼ばれていますが
副作用もあるので注意したい所ですね

view303

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • シナモンを知ろう

  • シナモンは香り豊かで「スパイスの王様」も呼ばれ、香辛料としてよく知られているが、生薬としても利用されている。生薬として利用される場合は桂皮と呼ばれている。
    出典 :シナモン - カロリー計算/栄養成分 | カロリーSlism
     

    香辛料として使われているのは知っていましたが生薬として使われている事は初めて知りました

  • シナモンは肉桂・桂皮とも呼ばれ、漢方に用いられたり、スパイスやお菓子作り、アロマオイルにもよく使われています。また、シナモンの歴史は古く、正倉院には乾燥シナモンが保存されており、奈良時代にすでにシナモンが伝わっていたことが知られています。
    出典 :シナモンとは
     

    アロマオイルにもシナモンはあるのですね

  • 歴史も結構古い

  • 日本には乾燥されたものが8世紀頃に入ってきたのがはじめとされ、正倉院にも保存されているそうです。生きた樹木として入ってきたのは享保年間(1716~36)とされますが、このとき入ってきたのは近縁のシーボルディー種だと思われます。
    出典 :シナモンとは |ヤサシイエンゲイ
  • こちらはシナモンのスティック

     

    色々なものに使われているシナモンですが
    どんな効果があるのでしょうか
    花を咲かせるそうなのですが
    あまり見栄えの良いものじゃないと
    いう話も聞いたことがありますね

  • 効果は

  • シナモンには抗菌作用があり細菌感染を防止する効果や自律神経を整えて気分を落ち着かせる効果、血行を促進して体温を上昇させて冷え症を改善する効果などが期待できる
    出典 :シナモン - カロリー計算/栄養成分 | カロリーSlism
     

    冷え性解消にシナモンは役立ちそうですね

  • シナモンには、血糖値や中性脂肪・コレステロール値低下など、新たな作用が注目されています。
    出典 :シナモンとは
     

    ダイエットにも活用できそうですね

  • しわやたるみの解消にも効果的

  • シナモンは毛細血管の保護にも役立つとされているため、毛細血管の減少によるしみ、シワ、たるみの解消にも効果が期待されています。
    出典 :シナモンとは
  • 副作用に気をつける

  • シナモンにはクマリンといわれる成分が含まれており、このクマリンを過剰摂取すると肝障害を引き起こす可能性があります。シナモンの過剰摂取はクマリンの副作用を起こしやすくなるだけでなく、香気成分のシンナムアルデヒドが胎児に悪影響をおよぼすため、妊婦さんへのリスクとなるともいわれています。
    出典 :シナモンの副作用
  • シナモンが毛細血管の老化、美肌とハゲ予防に効果があるからといって、シナモン入りの食品を摂ってさらにシナモンサプリメントを飲むと過剰摂取になってしまいます。
    出典 :シナモンの副作用
  • シナモンは色々と

     

    効果がありますが
    実際過剰摂取には
    充分注意しておきたい
    所ですね