「心不全」の検査と治療法について

心不全はどんな検査と治療法をするのでしょうか?
今回は検査方法と治療法についてご紹介したいと思います。

view176

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 心不全

  • 発見

     

    軽度の心不全は、むくみや夜間頻尿など他の疾患でもみられるような自覚症状である事が多い為、早期段階で発見されずに治療が遅れてしまうケースも少なくありません。
    狭心症や不整脈などの心疾患がある場合には、心不全になる可能性が高い為定期的に検査を受ける事が重要です。

  • 検査方法

  • 基本的な検査では、血液、胸部エックス線、心電図、超音波(エコー)が行われます。心臓肥大や血中の成分を調べることは、他の疾患を見つけるためにも重要な検査です。また、心音の乱れから不整脈や狭心症、血液の逆流音などから心臓の弁に異常が無いかを確認した足や背中等にむくみが見られないかを触診・視診で確認します。
    出典 :【心不全の検査と治療】 - +心臓病
  • 血液検査では、ホルモンのひとつBNP(脳性ナトリウム利尿ペプチド)は心不全の重症度を反映して上昇します。また、肝臓や腎臓の障害を合併することがあるため、血液検査は重要です。
    出典 :慢性心不全 - goo ヘルスケア
  • 精密検査

  • 精密検査では、カテーテルでラジオアイソトープを静脈に注入し、それをエックス線撮影する事で弁や冠動脈の異常、心不全の重症度を判断する「心臓核医学検査」が行われます。また、MRIでは、心臓の状態だけでなく肝不全等の合併症や不整脈等、他の疾患の有無についても調べる事が出来ます。
    出典 :【心不全の検査と治療】 - +心臓病
  • 不整脈の様子を知るために、ホルター心電図を行います。原因として冠動脈硬化が疑われる場合は、冠動脈CT、心筋シンチグラフィや冠動脈造影検査(心臓カテーテル検査)が行われます。
    出典 :慢性心不全 - goo ヘルスケア
  • •心電図検査(ECG)•胸部X線検査•血液検査(とくにBNP)•心臓超音波検査•運動負荷心電図検査(ストレステスト)•心臓カテーテル検査
    出典 :心不全_トップページ
  • 治療法

  • 薬物治療

     

    薬物治療をしっかりしましょう
    どのような治療と
    どのような薬を使うのか
    みてみましょう
    心不全の状態が悪化しないようにする
    それが先決です

  • 薬を使う心不全の治療は、心不全の症状の改善や心臓機能の回復が目的です。その為薬物療法は長期間薬の服用が必要となります。また、他の疾患や合併症がある場合、さらに心不全の状態を悪化させる可能性もあるため、疾患の治療を先に始めるのが一般的です。
    出典 :【心不全の検査と治療】 - +心臓病
     

    疾患の治療を先に始めるのが一般的ですが
    場合によっては先に心不全を治す事もあるので注意しましょう

  • 心不全の治療にはさまざまな薬剤が使用されます。利尿薬やACE阻害薬、アンジオテンシン受容体拮抗薬、β遮断薬、血液抗凝固薬など、症状に応じ、複数の治療薬を組み合わせて処方するのが一般的です。
    出典 :心不全_心不全の治療
  • 一般的な治療としては、安静、飲水・塩分制限、酸素吸入を行います。
    出典 :慢性心不全 - goo ヘルスケア
  • 手術

  • 心不全によって心臓から送り出される血液が不安定になっていたり、心房細動、脚ブロック等、電気刺激が効果的な疾患には、電気除細動を与えて状態を観察します。しかし、この治療方法は、一日一回行う必要があります。また、重症度や合併している他の疾患の徐湯体によってはペースメーカーを埋め込む必要があります。
    出典 :【心不全の検査と治療】 - +心臓病
     

    重度になってしまうと、治療も大変ですね

  • 心不全の原因が心臓の弁の障害の場合、弁を修復するための手術や、人工弁にとりかえる手術が行われることがあります。心不全が重症で、回復が不可能な場合には、心臓移植術が検討されることもあります。
    出典 :心不全_心不全の治療