これからの時期に! 

これから花粉の時期が待っていますね
そんな時期のまつげの扱い方についてまとめました

view215

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 花粉の時期のまつ毛の扱い方

  • 花粉の時期はまつエクがオススメ?!

  • 今年も花粉シーズンの時期に入り、花粉症の方は苦労されていらっしゃると思いますが、今年は例年よりスギ・ヒノキ花粉飛散総数は少ないとのこと。ただ、黄砂やPM2.5などの影響も気になるので、花粉症でない方でも目元がいつもより痒くなって擦りやすい時期かと思います。
    出典 :花粉の時期のまつ毛の扱い方 [美ログ] スキンケア大学
     

    マスクが手放せなくなりますね~

  • 女性は毎日メイクをするので、「目のかゆみ」は本当に気になります。できればメイクはしたくない、と思われている方も多いのではないでしょうか。そんな時マスクは便利。マスクをすると顔の半分以上カバーできるのでメイクはしなくてもOK。でも目元はメイクをしておきたい。

    そんな時にまつげエクステをつけておくと、手間のかかるマスカラやアイライナー、アイシャドウはなしでいられる、という手軽さがあります。ただ、目が痒くて擦ってしまうとまつげに負担がかかって抜ける原因になるので、サロンに行ったら「花粉症で目が痒い」と相談するようにしてください。
    出典 :花粉の時期のまつ毛の扱い方 [美ログ] スキンケア大学
     

    なるほど~。

  • まつげエクステ長さと太さの選び方

  • まつげエクステ の長さをは自分のまつげの長さからプラス1~3mmを選びましょう。あまり長いエクステンションを選んでしまうと接着面が少なくなり、すぐに向きがばらついて、取れやすくなってしまうことがあり、また、切れたり抜けたりというダメージのリスクもあります。

    また太さは、まつげが細くハリがない場合は太さは細めの0.1mmがオススメです。しっかりとしたまつげの方は太めの0.2mmのまつげエクステを選んでも大丈夫でしょう。
    出典 :まつげエクステのカール・本数・太さについて [まつげエクステ・まつげエクステンション] All About
  • まつげエクステで1番多い誤解が「より長くて太いまつげエクステをつけるほうが、目が大きく見える」というもの。
    目のサイズにあわない長くて太すぎる まつげエクステ は、エクステそのものの重さでまつげが下がって目にかかるため、かえって目を小さく見せてしまいます。

    初めてまつげエクステする人は自分のまつげの長さからプラス1~3mmを目安に、長さ9mmぐらいのエクステンションを選んで様子を見るとよいでしょう。

    また、カール選びも重要です。一重やまぶたがかぶるタイプの人は、カールの強いCカールではなく、カールが弱めなJカールを選ぶのもポイント。
    出典 :まつげエクステのカール・本数・太さについて [まつげエクステ・まつげエクステンション] All About
  • サロンでの花粉症対策

  • サロンの花粉症回避策として例を上げると、

    ・ついつい掻いてしまう目頭、目尻にはエクステをあまり付けない
    ・いつもより細い、または短いエクステに変える

    などできるだけ負担の少ない方法で施術を行います。

    その他おすすめの花粉対策として、

    ・外から帰ったら目元をドライヤーの風を当てて花粉を飛ばす
    ・洗浄液で目を洗浄する

    このようなケア方法により、最小限の負担で済みます。
    出典 :花粉の時期のまつ毛の扱い方 [美ログ] スキンケア大学
     

    洗浄液もいいですね

  • まつ毛を育てる時期にする

  •  

    あまりにも目の痒みがひどい方は花粉の時期はまつげエクステ、マスカラ等はお休みをして、まつげを育てることに集中する「まつげ育毛強化」にあてるのもオススメです。

    引用)
    http://www.skincare-univ.com/daily/column/002681/

  •  

    砂漠のラクダはまつげが長いのは、そもそもまつげは目を外的刺激から守る働きがあるので、砂嵐から目を守るためにまつげが長いと言われています。

    それと通じるのが、私たち人間でも花粉の時期になると通常よりまつげの伸びが早くなる傾向があるようです。また、アレルギー体質の方もまつげが長いようです。

    引用)
    http://www.skincare-univ.com/daily/column/002681/

  • まつ毛が長い人はアレルギー体質なんですね!

  • この時期を上手に利用して育毛成分配合のまつげ専用美容液を使うことで、毛根を活性化し、よりまつげを強くすることに集中してみるのもいいのではないでしょうか。

    花粉の時期が終わった頃には元気なまつげに復活しているでしょう。
    出典 :花粉の時期のまつ毛の扱い方 [美ログ] スキンケア大学