「咽頭がんの治療」ってどんな治療をするの?

咽頭がんの治療ってどんな方法で治療するのでしょうか?
今回は治療法についてご紹介したいと思います。

view123

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 咽頭がんの治療・・・

  • 治療は手術・放射線・抗がん剤を単独もしくは複数を組み合わせて行われます。
    出典 :咽頭がん|頭頸部がん|がん研究会
     

    組み合わせて行われるのですね・・・

  • 咽頭がんの治療・・・

     

    手術療法には喉頭部分切除術と喉頭全摘出術があるそうです・・・ほかにもレーザー治療を取り入れている施設もあるようです・・・

  • 上咽頭がんの治療・・・

  • 上咽頭がんは放射線治療が主体となります。病気の進んでいる場合、化学放射線治療を行います。
    出典 :咽頭がん|頭頸部がん|がん研究会
     

    放射線治療が行われるのですね・・・

  • 中咽頭がん・下咽頭がんの治療・・・

  • 下咽頭がんも早期の場合放射線治療が選択されることが多く、進行がんでは化学放射線治療もしくは遊離皮弁を用いた再建手術を行っています。進行した下咽頭がんの場合喉頭に近接しているため、喉頭も含めて切除せざるを得ない場合もあります。
    出典 :咽頭がん|頭頸部がん|がん研究会
     

    進行している場合は切除になってしまうのですね・・・

  • 下咽頭にできたがんや、頸部リンパ節を切除するために行います。初診時60%以上が進行した状態で見つかる下咽頭がんにおいては、放射線や抗がん剤用語集アイコンだけで完治する割合は非常に少ないため、手術が治療の中心となります。
    出典 :下咽頭がん 治療:[がん情報サービス]
  • 放射線治療・・・

  • 治療期間は通常6週から7週で、週5回(月~金)放射線を照射します。
    出典 :下咽頭がん 治療:[がん情報サービス]
  • 咽頭がんに放射線は良く効きます。しかし、放射線治療だけですべてがうまくいくわけではありません。
    出典 :放射線治療Q&A|JASTRO 日本放射線腫瘍学会
     

    放射線治療だけで治るわけではないのですね・・・

  • 抗がん剤治療・・・

  • 手術前に放射線治療を行う場合、咽頭上部から鎖骨部にわたる広い範囲に通常4週から5週の治療を行い、終了後1ヵ月までには手術をします。
    出典 :下咽頭がん 治療:[がん情報サービス]
  • 手術でがんをとりきれなかった可能性がある場合には、手術後に放射線治療を行います。治療範囲は上記と同様の広い範囲に通常5週から6週の治療を行います。がんが残っている可能性が特に高い部位に範囲を限って治療することもあります。
    出典 :下咽頭がん 治療:[がん情報サービス]
     

    手術で取り切れない事もあるのですね・・・

  • 咽頭がんの治療・・・

     

    咽頭がんの治療法は、できた場所によって違うのですね・・・治療法も手術・抗がん剤・放射線治療など組み合わせて行われるのですね・・・