鈴木絢子式・さつまいも美ダイエット

美容ライターの鈴木 絢子さんおすすめのさつまいもダイエットをご紹介します!

  • nacco 更新日:2014/02/20

view598

お気に入り お気に入り2

お気に入りに追加

  • なぜ、さつまいもなのか?

  • 皆さんは、さつまいもを“ダイエットフード”として意識したことがありますか? 多くの方が、「秋になれば何となく食べるけど……」「炭水化物だし太りそう」と思われているのではないでしょうか。
    出典 :さつまいも美ダイエット:さつまいもで理想の体型へ! [美容食・インナービューティー] All About
     

    ホクホク、おいしい!女子なら大好き。
    秋のたのしみですよね。

  • さつまいもは“炭水化物のかたまり”“糖分も高そう”“モサモサして食べにくい”“芋姉ちゃんという言葉もあるし、何かダサイ”など、あまり良い印象を持たれていない風潮があるのですが、実は誤解も多いのです。
    出典 :さつまいも美ダイエット:さつまいもで理想の体型へ! [美容食・インナービューティー] All About
     

    確かに悪い意味の「イモっぽい」とかいう言葉もありますね。

  • さつまいもで理想の体型へ!

  • 私がさつまいもを食べ始めてから、15年。自分自身で日々実感できるほどの、劇的な変化がありました。あくまでこれは、私の経験。でも、実感していた全ての効果に科学的根拠が存在することがわかったのです。
    出典 :さつまいも美ダイエット:さつまいもで理想の体型へ! [美容食・インナービューティー] All About
     

    15年もイモ生活をされているという絢子さん!

  • 1.便秘解消:長年の便秘が、イモライフ・3か月にして完全解消
    2.ダイエット:最初の3か月で5キロ痩せ、その後も維持
    3.体型維持:特に運動もしていないのに、ここ10年以上体型をキープ
    4.美白効果:さつまいも開始時より、ファンデが2トーン明るくなった
    5.ニキビ効果:頬に群発していたニキビ&ニキビ跡が治った
    6.むくみ防止:帰宅後、ブーツがすんなり脱げるようになった
    7.未病:コレステロール値が下がった
    8.くすみ解消:ほくろとシミが減った
    9.疲労回復:疲れにくくなった
    出典 :さつまいも美ダイエット:さつまいもで理想の体型へ! [美容食・インナービューティー] All About
     

    個人的な感想として上げたこの9つの効果対して、
    すべて科学的根拠があったそうです!

  • さつまいもの選び方

  • 【美味しいさつまいも選びチェックリスト】
    □ ずっしりと重みがある
    □ 色が均一である
    □ 全体が紡錘形
    □ 皮の色が鮮やかでツヤがある
    □ ひげ根が少ない
    □ 根の跡が深くない
    □ でこぼこが少ない
    出典 :さつまいも美ダイエット:さつまいもの上手な食べ方 [美容食・インナービューティー] All About
     

    おいしく食べましょう!

  • さつまいもの上手な食べ方

  • ダイエットなどの意味も含めて、余分な油を落とせたり、素材そのままの味に仕上がると言うことで人気の蒸し料理。もちろん、さつまいももふかしたり、茹でたり、蒸したり……という調理法も可能ではありますが、そうするとどうしても皮がベチャッとして身にくっついてしまいます。
    出典 :さつまいも美ダイエット:さつまいもの上手な食べ方 [美容食・インナービューティー] All About
     

    ふかす、ゆでる、はべちゃっとします。

  • その点、焼きいもは、焼くことで皮と身が孤立し、どちらもまるで違う食感に仕上がります。皮の表面はカリカリして歯ごたえもあるので、ダイエット中の“噛みたい欲求”にもしっかり応えてくれます。また、身はとても甘さが引き立っており、スイートポテトのような味わいになり、まさに一石二鳥のスペシャルフードと言えるのではないでしょうか。
    出典 :さつまいも美ダイエット:さつまいもの上手な食べ方 [美容食・インナービューティー] All About
     

    おすすめはやきいも!

  • さつまいもの魅力

  • さつまいもは言わずと知れたリーズナブルな食材で、日常的に食べるものとしても、経済的。しかも、戦後の荒れ地で栽培できるほど、生命力が強い食物でもあります。

    今では旬である秋だけでなく、オールシーズンいつでもどこでも入手可能な手軽さも、魅力のひとつ。年間を通じて、「さつまいも美ダイエット」を実行することができます。
    出典 :さつまいも美ダイエット:なぜ、さつまいもなの? [美容食・インナービューティー] All About
     

    リーズナブル!年中手に入る!

  • 「キレイ」も「スリム」も「健康」も、維持するためにはいかにして日常的・金銭的・精神的に、誰でも無理なく続けられるかがポイントです!

    とはいえ、何も「毎食必ず、さつまいもを食べるべき」と言いたいわけではありません。ここで提唱したいことは「一石二鳥の美容法」であり、食べ物に関しては「どうせ食べるなら、体にイイものを」という考え方。
    出典 :さつまいも美ダイエット:なぜ、さつまいもなの? [美容食・インナービューティー] All About
     

    無理なく!
    どうせ食べるなら、という考え方なので食べ過ぎ注意!

  • そして、私がダイエットにさつまいもを選んだ最も大きな理由が、「たくさん食べても罪悪感がなかった」ということ。私はもともと食べることが大好きだったのですが、ダイエットに打ち込んでいた頃は、どんなものを食べても、食べた後に大きな罪悪感に苛まれていました。でも、さつまいもはたっぷり食べる程便通がよくなり、お腹がスッキリ! 食べた分だけキレイになれる実感を得ることができたのです。
    出典 :さつまいも美ダイエット:なぜ、さつまいもなの? [美容食・インナービューティー] All About
     

    おなかすっきりできれいになれる実感!

  • さつまいもの7大美成分

  • その1:さつまいもにしかない成分「ヤラピン」

    さつまいもの成分について語るうえで、忘れてはならないのが「ヤラピン」!
    ヤラピンは、さつまいもを切った時に見られる白い液体。皆さんも、一度くらいは目にしたことがあるのではないでしょうか? このヤラピンが、とても有能な働きをしてくれます。腸の動きを活発にして便を促す効果があり、食物繊縫との相乗効果によってさらにその効果はさらにアップ! ヤラピンと食物繊維のおかげで、さつまいもを食べるだけでスッキリとしたペタンコのお腹を維持することを可能にしたのです。

    その2:代謝アップの栄養素「ビタミンB群」

    さつまいもに多く含まれているビタミンB群。糖質の利用を助ける作用があり、不足すると疲労感が増すので、お疲れ人が多い現代社会において、必須のビタミンです。主な役割は、体内で糖質を燃焼させエネルギーに変えるときに必要な栄養素。また、脳の活動にも関与していることから、誰にでも不可欠な栄養素です。

    その3:栄養ドリンクより豊富?「ビタミンB2」

    成長を促進して健康な皮膚や粘膜を作る作用があります。エネルギー代謝のビタミンとも呼ばれ、その中でも脂質を燃焼させる働きがあるため、太りやすい体質や、ダイエットを試みる方にお勧めの栄養素! また、「発育のビタミン」とも呼ばれ、細胞が作られるときに必要で、成長期の子供に不足すると成長障害が起こるなど、成長過程においても重要な役割を果たしています。

    その4:なんとリンゴの7倍!「ビタミンC」

    さつまいもには、りんごの7倍以上ビタミンCが含まれています。ビタミンCは、つやのある肌を保つために必要なコラーゲンの形成に主要な働きを果たす他に、ニキビの予防や傷跡の回復などにも効果が。 女性を中心に美肌を追求できる栄養素の1つとして活躍してくれます。

    その5:イモ1本で1日分摂取可能!「ビタミンE」

    非常に抗酸化作用が高いことから、老化の原因と考えられる活性酸素の生成を抑える働きがあります。このため、「若返りのビタミン」と称され、女性を中心に大人気栄養素の一つとされています。また、ホルモンバランスを整える働きもあり、女性に嬉しい成分です。

    その6:ヤラピンとの相乗効果「食物繊維」

    食物繊維にはエネルギーがほとんどないことから、満腹させるだけでなく、胃や腸から消化酵素の分泌促進させる物理的性質があります。 その性質により、便の量が増えて大腸の働きを活発にし、便秘の解消にも。また、コレステロール値を下げ、心臓病の予防効果 もあります。

    その7:女性の味方「カリウム」

    カリウムは多くの酵素を活性化させる働きがあり、間接的にカリウムは筋肉のエネルギー代謝や神経伝達、筋肉の収縮を補助する作用があると言われています。その効果としてカリウムは腸内の筋肉を促進することで便秘が改善されたり、腎臓における老廃物の排泄を促したり、むくみをとる働きもあります。またストレスを改善する作用もあり、これらの働きからカリウムにはダイエット効果なども期待できると言われています。
    出典 :2/3 さつまいも美ダイエット:なぜ、さつまいもなの? [美容食・インナービューティー] All About
     

    すごい!