今からでも出来る!母乳で育てるために妊娠中からすること

生まれた赤ちゃんを、質の良い母乳で育てるために、今から出来ることをやっておきましょう。

view623

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 経験上、初めて母乳をあげたときは「痛い!」のひとこと。助産婦さんに「マッサージしてね」と言われても痛くて断念!
    結局、がんばって搾り出したものの微々たる量でした。2人目のときは少し出たけど、乳首が切れて痛くて断念。量もおなかいっぱいになるまでは出ませんでした。もっと準備しておけばよかった!と思い、今妊娠中の方のためにまとめました。

  • 母乳の重要性

  • 1.母乳が栄養面において完璧であること
    2.母乳から与えられる免疫機能が大変重要であること
    3.母乳が産後の母体回復に密接に関わっていること
    4.母乳が赤ちゃんの繊細で豊かな味覚を育てること
    5.母乳をよく飲む赤ちゃんは、離乳食への移行が楽であること
    6.母乳育児でスキンシップが楽にとれること
    7.授乳をするだけで赤ちゃんの健康チェックができること
    8.授乳するお母さんの心臓の鼓動が伝わり、感情が豊かに育まれること
    9.育児のコスト(ミルク代)が抑えられること
    10.母乳育児でお母さんのダイエットにも効果があること
    出典 :助産院 名古屋 / 母乳ケア・母乳マッサージ / 名古屋の助産院 前田助産院
  • 母乳で育てたいと思っている妊婦さんは多いと思います。では、おっぱいはどのようにしたら出るのでしょうか?

  • 母乳は、乳房の奥にある乳腺で作られます。 乳腺で作られたおっぱいは、乳管を通って乳管洞(乳輪あたり)に一時貯められます。赤ちゃんが乳輪まで含んで吸うと、おっぱいが出てきます。妊娠後期には、初乳が出てくることもあります。妊娠中から体の中ではおっぱいを作るための準備がされています。それではみなさんは、どのような準備が必要でしょうか。
    出典 :相談室・母乳育児・おっぱい・ミルク・赤ちゃん
  • 特に丹念なマッサージなどは必要ありませんが、皮膚の乾燥を防ぐために後期に入ったら石けんで洗うのは避けたほうが無難です。 乾燥すると乳首が傷つきやすくなり、赤ちゃんが吸うと切れたりすることもあります。
    他には、乳首を丈夫にするためにブラジャーをはずして、直接シャツを着るなどしてください。おっぱいを出すコツは、赤ちゃんが産まれたらできるだけ早くおっぱいを吸わせる、かつ何回も吸わせることが大切です。
    出典 :相談室・母乳育児・おっぱい・ミルク・赤ちゃん
  • どんな乳頭?

  • 扁平”“小さい”など乳頭にトラブルがあればケアが必要
    女性ホルモン(エストロゲンとプロエストロゲン)や脳下垂体から分泌されるプロラクチンといったホルモンの影響で、妊娠が進むにつれて、乳頭への血液循環量がしだいに多くなり、母乳を作る乳腺組織が発達していきます。健診では妊娠経過や赤ちゃんの発育ばかりに気をとられがちですが、妊娠16週を過ぎたら、助産師さんを引き止めてでも乳頭の状態をみてもらいましょう。扁平、小さいなど乳頭にトラブルがあれば、この時期からマッサージやケアが必要。さらに、後期に、もう一度みてもらっておくと安心です。
    出典 :妊娠中からできる!おっぱいのお手入れ&マッサージ【妊娠16週からOK!】 - gooベビー
  • 自分の乳首をチェックしましょう

  • 普通の乳首

  • おっぱいの先に膨らみがあり付け根は少しくびれていて、引っ張った時に2センチくらい伸びると、赤ちゃんが吸いやすいおっぱいです。伸びが悪い時は伸びるようにトレーニングしておきましょう。
    出典 :妊娠中のおっぱいトレーニング&おっぱいケア-妊娠・出産・育児のママベビ
  • 扁平乳首

  • 乳頭が出ていなく平らな状態。伸びが良ければいいですが、悪い場合はマッサージをして伸びを良くしておきましょう。
    出典 :妊娠中のおっぱいトレーニング&おっぱいケア-妊娠・出産・育児のママベビ
  • 陥没

  • 乳頭がおっぱいの中に入り込んでいる状態。乳頭が隠れているため刺激に弱く、赤ちゃんに吸われると傷つきやすいのでトレーニングをし、乳頭は乳頭吸引器などで外に出るようにしましょう。
    出典 :妊娠中のおっぱいトレーニング&おっぱいケア-妊娠・出産・育児のママベビ
  • お手入れはいつから?

  • 母乳を作る準備は妊娠中からスタートしています。妊娠中期に助産師さんに乳頭をみてもらって手入れを始めましょう。後期に入ればマッサージも解禁。毎日の習慣にしましょう。
    出典 :妊娠中からできる!おっぱいのお手入れ&マッサージ【妊娠16週からOK!】 - gooベビー
  • 37週からOK!おっぱいマッサージ

  • 安定期に入る妊娠16週頃になったらおっぱいチェックをして、36週頃までにトレーニングをはじめるといいでしょう。トレーニングは専門医の指導のもとに行うのがいいです。トレーニングやマッサージは手を清潔にしてから、入浴中など皮膚が柔らかくなっている時に行うといいでしょう。おっぱいのトレーニングを始めると分泌物が出てくることもあります。分泌物が固まり入管や乳口に詰まっていていることがあります。取り除く時は乳頭を傷つけないように注意して取り除きましょう。分泌物が出ないとおっぱいが出ない、という訳ではないので心配しないようにしましょう。
    出典 :妊娠中のおっぱいトレーニング&おっぱいケア-妊娠・出産・育児のママベビ
  •  

    乳頭を3秒かけ圧迫し、4秒目で圧を抜く。
    位置を変えながら圧迫する
    また、つまみながらコヨリを作るように先に向かって揉むのもいいです。

  •  

    おっぱいをガバッと指を広げてつかみ、反対の手で支える。
    支えたほうのひじを張り、おっぱいをつかんでいる指に当て、ひじを上下するとつかんでいる指が動きオッパイ自体が横にずれる

  •  

    マッサージするオッパイと反対の手で下から支え、反対の手をその下に添える。
    添えたほうのひじを上下するとオッパイが上下に動く。
    斜め下から斜め上に上げるように。

  • ※お腹が張ってきたらすぐ中止してください!32週~36週も中止です。

  • 妊娠中から食べたい食事

  • 基本は低カロリーで栄養バランスのよい和食です。ごはんを中心に魚や野菜、海藻をたっぷりと食べましょう。その際は、なるべく自炊を心がけて。外食やできあいのものでは、どうしても栄養が偏ってしまいます。産後はいま以上に食生活が大事になるので、妊娠中から自分で作ることに慣れておくことが肝心です。しかし、栄養バランスにいくら気をつけていても、不足しがちなのが“鉄分”“葉酸”“カルシウム”の3つの栄養素。毎日の食事から意識的に摂取しましょう。サプリメントや栄養補助食品を利用してもOK。
    出典 :おっぱいのために気をつけたい毎日の食事 - gooベビー
  • バターや牛乳、生クリーム、チーズといった乳製品は、おっぱいを詰まらせやすくするので、なるべく控えて。とはいえ、毎日食べたいだけ食べる、ということがない限り、それほど悪影響を与えることはありません。ストレスをためるほどガマンするより、少量をごほうび程度にならOK。タバコとアルコールは絶対にNGです。
    出典 :おっぱいのために気をつけたい毎日の食事 - gooベビー