妊婦さんにおすすめのマタニティヨガ!!!マタティヨガの効果や自宅でも簡単に出来るポーズまとめ☆☆

妊娠中にヨガをする妊婦さんが急増中!!!
気になるマタニティヨガの効果や簡単に行えるポーズなどについてまとめてみました!!!
妊婦さん必見です!!!

view537

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • マタニティヨガってどんな効果があるの???

  • 心も体もリラックスすることが出来ます!!!

     

    妊娠中の肉体・呼吸・精神を整えて、体と心の安定を目指すのがマタニティヨガです。
    一見、ヨガはとても柔軟性が必要なポーズが多いと思われがちなのですが、大きなお腹でも可能な様にマタニティヨガではアレンジをされているので心配ありません。

  • 自律神経への働きかけを通して、お産に必要なホルモンの調節が整えられて、妊娠中によくある肩こりや腰痛などにも効果があります。
    出典 :マタニティヨガの効果:マタニティNavi
     

    肩こりや腰痛で悩んでる妊婦さん必見です!!!

  • ヨガでは呼吸法を重要視している為、陣痛の時にとても役に立ちリラックスした状態で分娩に臨めたという方も多いようです。
    出典 :マタニティヨガの効果:マタニティNavi
     

    呼吸法は出産の時にも役立ちます!!


  • 精神的効果
    ・不安が解消した・前向きになった・自信が出た・ストレスの解消が出来た・友達が出来た・自分のお産が満足出来た
    出典 :マタニティヨガの効果:マタニティNavi

  • 心身的効果
    ・腰痛が解消した・筋肉痛が無かった・腰痛の解消・運動不足の解消・肥満防止に役立った
    出典 :マタニティヨガの効果:マタニティNavi
  • マタニティヨガはいつから始められるの???

  • 妊娠中いつでも行えます!!!

     

    妊娠中期に入る妊娠14週目ぐらいからは流産のリスクもグンと低くなるので、それまではできるだけ体を無理しないように安静を心がけていた人でも、一念発起してマタニティヨガに取り組んでみてはいかがでしょうか!!!

  • ただし、妊娠初期の頃には流産というリスクが高いため、ヨガが初めての人や、流産のリスクが高い切迫流産の人などは、妊娠中期に入って母体も胎児も安定するまでは、マタニティヨガも控えた方が良いかもしれません。
    出典 :マタニティヨガいつから?【FITNESS-JAPAN マタニティビクス館】
     

    無理はしないように気をつけましょう!!!

  • マタニティヨガは、お腹が大きくなっても続ける事ができます。マタニティヨガには出産の時に役立つ呼吸法やポジションなどを修得できるポーズなどもたくさんあります。臨月に入ったからと言ってマタニティヨガをやめる必要は全くないので、出産ギリギリまで続ける事をおすすめします。マタニティヨガによって基礎代謝をアップしたり、筋肉の筋力アップをする事も期待できるので、出産時にもつらさを軽減する事ができるかもしれませんよ。
    出典 :マタニティヨガいつから?【FITNESS-JAPAN マタニティビクス館】
  • 妊娠中におすすめのヨガポーズまとめ☆☆

  • カパーラ・パーティのポーズ

     

    陣痛時の痛みを逃す時にも役立つ呼吸法だそうです。痛みでパニックになると呼吸が乱れ体力を消耗しますので、今のうちに呼吸法の練習の意味でもカパーラ・パーティのポーズを実践してみましょう!!!

  • 背筋を伸ばして顎を軽く引いた状態であぐらをかきます。手は基本は膝の上なのですが、複式呼吸を意識する為にお腹に手を当てて行うとよいです。肩に力を入れずにリラックスします。口を使わず鼻から「ふっふっふっ」と小刻みに息を吐きましょう。10呼吸を3セット程行います。
    出典 :妊娠中におすすめ!マタニティヨガのポーズ3つ | nanapi [ナナピ]
  • 猫のポーズ

     

    腰痛予防と、お産に大切な腹筋の運動になるポーズです!!!
    初心者でも簡単に出来るのでおすすめです!!!

  • 四つんばいになり、手足を腰幅に開きます。息を吐きながら猫がしっぽを両足の間に入れるイメージでお腹を引き締めながら骨盤を前に傾け、背中で天井を押し上げます。

    1度息を吸い、吐きながらゆっくりお腹の力を抜き、始めの姿勢に戻りながら頭を上げます
    出典 :妊娠中におすすめ!マタニティヨガのポーズ3つ | nanapi [ナナピ]
  • 腰上げのポーズ

     

    骨盤低筋を引き締める運動です。妊娠後期に多い失禁予防の効果もあります!!!

  • 両膝を曲げて肩幅に開きます。かかとは無理のない程度でお尻に近づけましょう。両手は手のひらを下にして両脇におきます。全身の力を抜いて肛門のみを引き締めます。

    息を吸い、次に息を吐きながら肛門・膣を引き締め、腰から順に背骨を一本ずつ床から離すようなイメージでゆっくり持ち上げます。そのままの姿勢で一呼吸したら息を吐きながらゆっくり腰を下ろします。
    出典 :妊娠中におすすめ!マタニティヨガのポーズ3つ | nanapi [ナナピ]
  • 無理は禁物です!!!

     

    体調の良い時に行うようにしましょう!!!
    ヨガの効果で安産を目指して頑張りましょう!!!