心と体の為に・・・ストレス耐性を高める秘訣①

あなた「ストレス耐性」に自信はありますか?
日々の生活中で、ストレスを感じない日は無いと言っていいかもしれません。
だからこそ、“耐性”を高めておく必要があるのです。
特に、女性にとっては美容にも影響しますしね。
どうすれば良いのか・・・まとめてみました!

view327

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ストレスに打ち勝つ力

  •  

    ストレス耐性とは、ストレスにどれだけ耐えられるかという強さのことです。ストレスを感じやすいか、ストレスに負けやすいか、ストレスによって病気になりやすいか、これらの事項はストレス耐性が強いか弱いかで大きく変わってきます。

    引用)http://contest.japias.jp/tqj1998/10065/jh/study_jh/study_9.html

  • ストレス耐性の要素

  • ストレス「感知能力」

  •  

    ストレッサーがあった時にそれに気付くか気付かないかということです。いくらストレス状態になっても、それに無頓着であればストレスに耐えること(というよりは耐えるまでもなく気付いていない)は容易です。これは性格にもよりますし、体格などにも影響されるでしょう。丈夫な人ならば、ちょっとのめまいも気にならないかもしれません。反対に、今まで丈夫だった人が急に大きな病気にかかると弱い自分に対して失望することもあります。

    引用)http://contest.japias.jp/tqj1998/10065/jh/study_jh/study_9.html

  • ストレス「回避能力」

  •  

    ストレスを作りやすい性格を改める。ここでのコツは、「少しくらいは人の言いなりになってもいい」「少々の失敗や恥を笑われてもいい」と開き直ることです。この様に考える人は、他人の勝手な指示や自分の失敗に対して、ストレスを感じにくくなります。

    引用)http://ameblo.jp/kenbijin/entry-11132739755.html

  • ストレス「処理能力」

  •  

    ストレスの原因であるストレッサーをなくす、または弱めることです。ここでのコツは、「自分のストレッサーを見極め、そのストレッサーに有効な処理(ストレス解消)を施すこと」です。まずは、ご自分の心身の弱点を探し、素直に認めることで気持ちを楽にすることから始めましょう。

    引用)http://ameblo.jp/kenbijin/entry-11132739755.html

  • ストレス「転換能力」

  •  

    ストレッサーに出会い、ストレス状態に陥った時に、そのストレッサーの意味を考え直していい方向に持っていったり、ストレッサーをバネにして生きていったり出来るという能力です。

    引用)http://contest.japias.jp/tqj1998/10065/jh/study_jh/study_9.html

  • ストレス「経験」

  •  

    様々なストレッサーに数多く出会い、ストレスと感じることを多く体験することです。ここでのコツは、「場数を踏む、自分にっとて怖いと思うことをやってみる」ことです。同じストレッサーに再び出会った場合、そのストレッサーに慣れストレス状態になりにくい事もありますが、逆に耐性を弱めてしまう場合もありますのでご注意ください。

    引用)http://ameblo.jp/kenbijin/entry-11132739755.html

  • ストレス「容量」

  •  

    ストレスをどれくらい溜められるか、ストレス状態の程度がストレス容量の許容範囲ならば、ストレスをストレスと感じないでいられます。これはその時の精神状態・身体状態によって異なります。「生まれ育ったものだから」「性格だから」「今まで何十年もそれで生きてきたから」、今さらストレス耐性を高めることはできない・・・とは思わないでほしいです。

    引用)http://beautyhealthy.web.fc2.com/sutoresutaisei.html