5、6ヶ月頃はどうしたら良い?【離乳食のすすめ】

離乳食はまだまだ続きますよね
どうしたらよいか
ちょっとまとめてみました

view304

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 5、6ヶ月頃(ゴックン期)

  • 離乳食の開始は5、6ヶ月ごろが適当と言われています。
    5ヶ月になったらすぐにスタート!と焦る必要はなく、6ヶ月になってから開始する…くらいの気持ちでよいと思います。
    首がしっかりとすわっている、支えてあげると座れる、大人の食べている様子を見て食べたそうなそぶり(よだれが出る、口をモグモグと動かすなど)をする、スプーンを口に入れても舌で押し出すことが少なくなる、などが離乳食をスタートする目安です。
    出典 :離乳食の進め方 5、6ヶ月頃(ゴックン期)【離乳食を作ろう。】
  •  


    唇を閉じてゴックンと飲み込む練習をする時期。
    大人が食べているのをじっと見ていたり、よだれが出たり、口をもぐもぐ動かす様子が見られたら、離乳食をスタートしてみましょう。

  • 回数     1日1回
    授乳回数   赤ちゃんが飲みたいだけ
    おかゆ    10倍がゆをすりつぶす
    かたさの目安 なめらかにすりつぶした状態
    味付け    しない(だし程度)
    出典 :ゴックン期(初期)基礎 & らくらく|離乳食|ベネッセ子育てインフォ
  • 一回あたりの量 I群 穀類 つぶしがゆから始める

    すりつぶした野菜なども試してみる

    慣れてきたら、つぶした豆腐・白身魚
    などを試してみる
    出典 :離乳食の進め方 5、6ヶ月頃(ゴックン期)【離乳食を作ろう。】
  • らくらくポイントだそうです

  • ここは押さえて

  • どう食べさせる?

  • 最初はつぶしがゆなどの穀類から始めます。小さじ1(5ml)の量からスタートしましょう。
    1週間たっておかゆに慣れてきたら、今度は野菜のメニューを加えます。初めてのものを与える時は、必ず小さじ1の量から始め、赤ちゃんの様子(下痢していないか、発疹が出ていないか等)を見ながら1さじずつ量を増やしていきます。
    3週目になったら、次はたんぱく質を小さじ1から…というように、焦らず少しずつ食べられる量と種類を増やしていきます。

    この時期は、離乳食を飲み込むこと、離乳食の舌ざわりや味に慣れることが一番の目的なので、食べてくれないからといって心配する必要もないと思います。
    出典 :離乳食の進め方 5、6ヶ月頃(ゴックン期)【離乳食を作ろう。】
  • 進め方

  • 母乳・ミルクの前に、初日はおかゆ1さじから。
    唇を閉じてゴックンと飲み込めているかをチェック。


    1週目 炭水化物

    おかゆ1さじから。様子を見ながら数日かけて増やし、
    慣れたら新しい食材を加えていく。


    2週目 ビタミン

    すりつぶした野菜などを1回に1種類、1さじから加えてみる。


    3週目 タンパク質

    豆腐や白身魚などをすりつぶしたものを1回に1種類、1さじから加えてみる。

    出典 :ゴックン期(初期)基礎 & らくらく|離乳食|ベネッセ子育てインフォ
  • この時期から食べられる主な食材

  • 炭水化物 米 うどん そうめん 食パン じゃがいも さつまいも
    ビタミン・ミネラル にんじん たまねぎ 大根 かぶ ほうれん草 小松菜 白菜 キャベツ
    かぼちゃ ブロッコリー カリフラワー トマト とうもろこし
    りんご 桃 いちご みかん メロン すいか なし バナナ
    タンパク質 豆腐 麩 しらす干し ちりめんじゃこ ひらめ かれい
    出典 :ゴックン期(初期)基礎 & らくらく|離乳食|ベネッセ子育てインフォ
  • 固さの目安は?

  • 10倍がゆ

     

    ドロドロ状。プレーンヨーグルトが固さの目安です。


    基本的に、食材をやわらかくゆでてすりつぶしてのばしたものを与えます。最初はさらに裏ごしして、なめらかにしてあげると食べやすくなります。
    徐々に水分量を減らしていき、初期の終わりごろには少し粒が残っていても食べられるようになってきます。