気持ちが良いリラクゼーション効果【アロマバス】美肌を作ろう♪

アロマバスでリラックスしながら効果を実感しましょう
いつものお風呂にちょっとした一工夫!
そんなアロマバスをご紹介!

view155

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • アロマバスって?

  • アロマバスも植物の有効成分をお湯に入れることで、いろいろな効果を期待するものです。もちろんお風呂自体、身体を温め、清潔にし、リラックス&リフレッシュの効果をもたらします。そこに香りがプラスされることで、さらに効果がUPします。
    出典 :アロマオイル(精油)を使った入浴剤 [アロマテラピー] All About
  •  

    温かい湯気と一緒に、ふんわり包まれるアロマな香りの広がるアロマバス。 1日の疲れをゆっくりと癒してくれるバスタイムに、いつもよりリラックスさせてくれる、 アロマバスを愉しんでみませんか?

  • アロマバスの方法はとっても簡単!

  • ichi バスタブにエッセンシャルオイル(精油)を3~5滴程度落とします。(入れすぎないように注意)
    ni よくかき混ぜて、エッセンシャルオイル(精油)をお湯の中に拡散します。
    san 心地よい香りを楽しみながら、ゆっくりとお湯の中に浸かってください。
    出典 :エッセンシャルオイル(精油)の使い方 - アロマバス
  • アロマバス(全身浴)の効果をより高めるために、お湯の温度にも少し気を配ってみてください。リラックスしたい場合や冷え性の体を温めたいときには、38度前後のぬるめのお湯に時間をかけて浸かるのがおすすめです。エッセンシャルオイル(精油)の香りを深く吸い込みながら、ゆったりとリラックスしてください。長時間浸かるためには、のぼせにくく、心臓への負担も少ない半身浴がより適しています。みぞおち辺りの高さまでがお湯につかるようにして、長め(30分から40分ほど)に入ってください。
    出典 :エッセンシャルオイル(精油)の使い方 - アロマバス
  • 逆に眠気を覚ましたり、意識をシャキっとさせたい場合には、40~42度ぐらいの熱めのお湯で入浴するのが適しています。肩までしっかり浸かり、入浴時間は短めにして下さい。朝の目覚め後の入浴や、勉強や仕事等に眠気を覚ましたいときにおすすめです。
    出典 :エッセンシャルオイル(精油)の使い方 - アロマバス
  • 手浴(ハンドバス)

    洗面台のシンクや洗面器にお湯をはり、アロマオイルを2~3滴たらして両手を浸します。同時に蒸気を吸い込むようにすれば、芳香浴を楽しむことも可能です。指先だけでなく上半身を温めることができますので、肩や首の健康にもおすすめです。ひじをお湯につける「ひじ浴」という方法もあります。
    出典 :アロマバス | アロマオイル事典
  • 足浴 (フットバス)

    簡単に足元から体を温める方法です。大きめの洗面器やバケツに熱めのお湯をはり、アロマオイルを3滴ほどたらします。両足首を入れ、10分ほどつかります。足首や指先のストレッチを行なうとより効果的です。
    出典 :アロマバス | アロマオイル事典
  • 座浴

    大きめの洗面器を利用して、お尻までつかるアロマバスを座浴といいます。
    お湯にアロマオイルを1滴たらし、お尻を洗うようなイメージで2~3分間つかりましょう。
    出典 :アロマバス | アロマオイル事典
  • オイルの効果

  • ラベンダー
    鎮静効果に優れるため、リラックスして休むときに最適な香り

    ゼラニウム
    ホルモン調整や皮脂分泌作用に優れるため女性におすすめの香り

    カモミール・ローマン
    お肌にも優しく、リラックスできるりんごの香り
    出典 :アロマオイル(精油)を使った入浴剤 [アロマテラピー] All About
     

    この辺はとても良いですね

  •  

    ローズマリー
    気力を高め、肌を若返らせるスッキリ系の香り

    クラリセージ
    幸福感を高め、からだの緊張をほぐすハーブの香り

    ローズ
    スキンケア効果に優れるだけでなく、リッチな香りは普段のお風呂をワンランクアップさせます

    ジュニパーベリー
    冷えやむくみなど、からだを解毒するのに最適。ひのき風呂のような香りです

  • 注意する事はちゃんとあるから知っておく!

  • アロマバスでエッセンシャルオイル(精油)を使う場合は、使用する滴数に注意する必要があります。お湯に入れる量は多くても5滴程度に留め、よく掻き混ぜてからお湯に入ってください。複数のエッセンシャルオイル(精油)をブレンドして使う場合も、合計滴数を5滴以内に収めます。入れすぎると、お肌に刺激になって赤くなったりヒリヒリしたりすることがありますので注意してください
    出典 :エッセンシャルオイル(精油)の使い方 - アロマバス
     

    いれすぎは良くありません

  • * 3歳未満の乳幼児はアロマバスは行わない
    お肌のデリケートな3歳未満の乳幼児は、アロマバスは行わないようにしてください。3歳以上のお子様の場合も、エッセンシャルオイル(精油)の量に気をつけて、お肌の反応を見ながら行ってください。赤くなったり、ヒリヒリしたりする場合は、そのエッセンシャルオイル(精油)の使用は中止してください。
    出典 :エッセンシャルオイル(精油)の使い方 - アロマバス
     

    これは一番注意です!