冬の体重増加は『季節性うつ病』かも!?

比較的女性に多いこの症状
もしかしたら
体重が増えた原因はコレかもしれませんよ?

view500

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 季節性うつ病って?

  • 秋から冬にかけてやる気が起きない、気分が落ち込む……そんなことはありませんか?

    この季節にうつ状態となり、春ごろになると症状がよくなる病態があり、季節性うつ病や季節性感情障害といわれます。

    比較的女性に多く発症するとされ、病因ははっきりと解明されていませんが、日照時間や遺伝的な光感受性の減弱が関係している可能性が指摘されています。
    出典 :冬の体重増加の原因!? 季節性うつ病について知ろう - Yahoo!ヘルスケア
     

    意外と自分で認識できていないだけで
    このうつの傾向がある場合も示唆できます

  • 冬季うつは、季節性うつ病(季節性情動障害、季節性気分障害、季節性感情障害ともいう)の一種です。名前の通り、冬季(秋から春にかけて)にのみうつ病のような症状が出る病ですが、一般的なうつ病の症状(気分の落ち込みや疲れやすいなど)だけではなく、過眠や過食という、うつ病とは正反対の症状も現れるため、うつとは自覚されにくいようです。
    冬季うつは、一度発症すると、毎年繰り返すと言われています。毎年、冬以外の季節は元気なのに、冬になるとなぜか気が重くなる、だるくなるという場合は、冬季うつかもしれません。
    出典 :冬だけ体がだるい、眠い、過食…それは冬季うつかも?|ヘルスケア情報|eo健康
     

    生活にも支障をきたすようであれば
    冬季うつになっている可能性があります

  • 原因は?

  • 冬季うつを発症する主な原因は、日照時間の短さ(日照量の減少)です。
    冬になると日照時間が減少し、体内でさまざまな変化を引き起こします。その変化こそが冬季うつを発症させる原因となるのですが、現在は2つの説が挙げられています。
    •日照時間が短くなると光の刺激が減り、脳内の神経伝達物質であるセロトニンが減少。それが原因で、脳の活動が低下してしまう
    •目に入る光の量が減ることで、睡眠に深く関わるホルモンであるメラトニンの分泌のタイミングがずれたり、分泌量が乱れ体内時計が狂う

    また、北向きなど光が入りにくい部屋での生活による日照量の減少や生活リズムの乱れ、過度のダイエットによる食生活の偏りなども、上記に結びつく要因となります。
    出典 :冬だけ体がだるい、眠い、過食…それは冬季うつかも?|ヘルスケア情報|eo健康
     

    体内時計が狂う事は、体調不良にもつながります

  •  

    活気がなくなったりと
    色々な症状の引き金になるのも
    体内時計の特徴ですよ

    要注意

  • 症状は?

  • 過眠
    しっかり睡眠をとっても寝たりない状態が続き、朝起きられないといったことが続きます。
    過食(体重増加につながりやすい)
    通常より多く食べ物を欲するようになる傾向があります。
    炭水化物・甘いものの渇望感(体重増加につながりやすい)
    パンやごはん、いもなどの炭水化物のほか、甘いものをいつもより欲する傾向があります。
    出典 :冬の体重増加の原因!? 季節性うつ病について知ろう - Yahoo!ヘルスケア
     

    この過食が
    体重増加の原因だったりするのです

  • 過食と過眠は冬季うつの代表的な症状。うつ病のような症状と共にこの2つの症状が出た場合は、冬季うつの疑いがあるため早めに病院を受診しましょう。
    出典 :冬だけ体がだるい、眠い、過食…それは冬季うつかも?|ヘルスケア情報|eo健康
     

    治す方法は何も病院だけではないですよ

  • 気になる治療法は?

  • 冬季うつの代表的な治療法は、高照度光療法です。これは、人工的に2500~10000ルクスの光を浴びることで、睡眠・覚せいリズムをつかさどっている脳内の睡眠物質であるメラトニンの分泌を調整して症状を改善させる治療法です。治療実施者の約70%の人に効果があり、1週間で効果が現れることもあります。
    なお、高照度光療法でも改善が見られなかった場合は、抗不安薬や抗うつ薬の服用、ビタミンB12(光に対する感受性を高める効果がある)の摂取なども行われます。
    出典 :冬だけ体がだるい、眠い、過食…それは冬季うつかも?|ヘルスケア情報|eo健康
     

    病院ではこの方法を取られる場合があります

  • 日常生活で行っていることを少し意識するだけで、冬季うつは予防・改善ができます。

    生活リズムを正す

    毎日、できるだけ同じ時間に起きて朝日を浴び、生活リズムや体内時計を正しましょう。どうしても起きることができない人は、部屋の照明をつけ、明かりを浴びるだけでも効果的です。

    日光に当たるように心がける

    早起きをして日照時間を増やすなど、日光に当たる生活を心がけましょう。日が入らない部屋で生活や仕事をしている人は積極的に外出して日を浴びるなど、意識的に日光に当たりましょう。

    食生活に気をつける

    冬季うつをはじめ、うつ病の原因とされているセロトニン不足。セロトニンは、食事から摂取する必須アミノ酸の一種、トリプトファンから生成されているため、食生活でセロトニン不足を改善することができます。ただし、バランスよく摂取することが大切です。
    出典 :冬だけ体がだるい、眠い、過食…それは冬季うつかも?|ヘルスケア情報|eo健康
     

    怠惰な生活習慣は万病の元

  •  

    タンパク質
    肉・魚・豆
    炭水化物
    米・そば・イモ類
    ビタミンB6
    バナナ・サツマイモ・青魚
    EPA/DHA
    青魚に含まれている
    サプリメントでの摂取も良好

  • 意識するべきは

  • 緯度が高く、日照時間が短い欧州の地域では有病率も高いことが報告されています。日光を浴びる時間が短くなると、体のリズムが狂い、セロトニン(脳の神経伝達物質)が減少し、うつ状態になりやすくなる、というわけです。

    秋・冬になるといつも気分がすぐれずやる気が起きないといった場合は意識して朝日を浴びたり、外出して日の光を浴びるようにしましょう。
    出典 :冬の体重増加の原因!? 季節性うつ病について知ろう - Yahoo!ヘルスケア
     

    冬にオススメレシピをみて、栄養のバランスを整えるのもよし

    冬季鬱にご注意を