アルツハイマーって治せるの??気になる治療法まとめ

アルツハイマーで悩んでる人も家族がアルツハイマーと診断された人も居るはずです。
気になるその治療法についてまとめてみました!!

view316

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそもアルツハイマーって何???

  •  アルツハイマー病は1907年、55歳で亡くなられた女性患者さんに関するアルツハイマー博士の論文にちなんで名づけられました。
     それ以後、アルツハイマー病は65歳未満の人に起こる病気とされ、高齢者にみられる認知機能障害とは区別されていました。しかし30年ほど前から、65歳未満の若年期のものと高齢者に起こるものが脳内の病変に共通点の多いことから、両者をアルツハイマー病とまとめて呼ぶようになりました。ただ、介護などの面では若年者と高齢者とは対応が異なるため、最近では若年期を分けてとらえることもあります。
     記憶などの認知機能の障害が症状の中心ですが、それ以外にも徘徊(はいかい)などの異常な行動や、物を盗られたという妄想などがみられます。CTやMRIなどの画像により検査すると、脳の萎縮が認められます。
     アルツハイマー病ではアセチルコリンという神経伝達物質が減っていますので、それを補う薬である塩酸ドネペジル(アリセプト)が使用されるようになりました。また、さまざまのケアなども治療の一環として行われます。
    出典 :アルツハイマー病<脳・神経・筋の病気> - goo ヘルスケア
     

    最初は若い人に多いとされていた病気!!

  • 原因は何???

  • この病気の原因は完全には明らかにされていません。β(ベータ)アミロイド蛋白、タウ蛋白が関係して、神経細胞が障害されると思われます。しかし、最大の原因は老化という時間的な因子ですが、どのように関係するかは不明です。
    出典 :アルツハイマー病<脳・神経・筋の病気> - goo ヘルスケア
     

    まだまだ謎の多い病気!!

  • アルツハイマー型認知症の発症と進行はゆるやか!!

  • アルツハイマー型認知症の発症と進行は比較的緩やかです。
    しかし、確実に、徐々に悪化していきます。
    多くの場合、物忘れ(記憶障害)から始まり、時間、場所、人の見当がつかなくなります(見当識障害)。
    物忘れは、病気の進行とともに「最近のことを忘れる」から「昔のことを忘れる」というように変化し、次第に過去の記憶や経験などを失っていきます
    出典 :認知症の種類:アルツハイマー型認知症【教えて!認知症予防】
  • ゆっくりと進行していく!!

     

    ゆっくりと進行するので家族も本人も最初は気付きにくいようです!!

  • 具体的にはどんな症状が出てくるの???

  • こんな症状が出てきます!!

  • 前駆症状
    •知的能力低下に先立つ2~3年前から、軽度の人格変化が起こる
    (例: 頑固になった、自己中心的、人柄に繊細さがなくなった)
    •不安・抑うつ症状が出る
    •睡眠障害が出る
    •不穏、幻視妄想を認めることが多い

    第一期に出る症状
    •健忘症状・・・ものごとを忘れる
    •空間的見当識障害・・・道に迷う
    •多動・・・徘徊を繰り返すようになる

    第二期に出る症状
    •高度の知的障害、巣症状(失語、失行、失認)
    •錐体外路症状(筋固縮)・・・パーキンソン病と間違われることもある

    第三期に出る症状
    •高度な認知症の末期で、しばしば痙攣、失禁が認められる
    •拒食・過食、反復運動、錯語、反響言語、語間代(例: ナゴヤエキ、エキ、エキ)がみられる
    出典 :認知症の種類:アルツハイマー型認知症【教えて!認知症予防】
     

    その過程によって症状が様々です!!
    気になる症状が出たら早目の受診がおすすめです!

  • 治療法はあるの???

  • アルツハイマー型認知症は進行性であり、根本的な治療法もありません。さらに記憶や会話、日常生活動作が失われていく「中核症状」をはじめ、徘徊や妄想、暴力行為などが生じる「周辺症状」もあり、他の疾患に比べると本人はもちろんのこと、家族の心の葛藤が大きい病気であることも確かです。しかし、早期発見および治療によって症状が改善され、全体的な進行を遅らせることも可能になりました。また、原因物質とされる「βアミロイド」がたまらないようにする治療も開発されつつあります。進行を抑制することで患者さん本来の天寿を全うすることも可能なうえ、家族にとっては大変苦労の多い局面(失禁や徘徊など)を迎えずに済むことだってあり得るのです。早期発見および治療のためにも、おかしいな・・・と思ったら早めに受診しましょう。そして、認知症と診断されても悲観せず、介護保険などの社会制度を十分に活用し、前向きに取り組むことが大切です。
    出典 :【アルツハイマー型認知症】 - 症状や治療法
     

    根本的な治療法がありません!!

  • 早期発見と家族の支えが大切!!

     

    早期発見や家族の支えなどで進行が遅くなるなどの効果があるようです!!

  • 気になる人は自分でチェックしてみましょう!!