【プロテイン系ダイエット】は本当に痩せる?その効果とは?

プロテインダイエットは本当にやせるか
行い方と一緒にまとめてみました

view343

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • プロテインダイエットとは?

  • プロテインは低カロリー・低脂肪なのに栄養素も豊富!かしこくやせたいダイエッターの強い味方です。摂取カロリーを1食あたり約200kcal程度に抑えられるので、どんどん体重が落とせるのだとか。ダイエット用プロテインの種類も増え、注目されているダイエット法です。
    出典 :【プロテインダイエット】 | 健康食品・サプリメント | 方法 | 食事 | ダイエットSlism
  • プロテイン系ダイエットは本当に痩せる?

     

    近ごろダイエット食品などで見られる「プロテイン」「ダイエット」というキーワード。タンパク質は太らない栄養素でダイエットにもプラス、というイメージがあるのか、女性向けの商品も多く発売されていますし、それらを使って見事に痩せた! という有名人の広告もちらほら目にしますよね。

  • プロテインとは

  • プロテイン(protein)は、タンパク質のこと。食品では、肉、魚、卵、豆・豆製品、乳製品などに特に多く含まれ、ご飯やパンなどの主食にも含まれます。人が生きて行く上で必ず必要とされている三大栄養素(炭水化物、脂質、タンパク質)のひとつでもあり、成人女性には一日に50g、男性には60gを摂ることが推奨されている栄養素です。1gあたり4kcalのエネルギーがあります
    出典 :プロテイン系ダイエットは本当に痩せる?その効果とは [食事ダイエット] All About
  • なぜプロテインがダイエットに必要か

  • プロテインがダイエットに必要な成分であるのかというと、プロテイン(たんぱく質)が筋肉の主成分だからです。プロテインを摂取しなければ体が筋肉を作ることができません。筋肉は体の基礎代謝を上げるために必要であり、筋肉の量が増えれば基礎代謝が上がり、筋肉の量が減れば基礎代謝が低下します。
    出典 :プロテインダイエットの効果とリバウンドを防ぐ方法 | ダイエット効果ブック
  • ダイエット方法

  • プロテインダイエットは、食事にプロテインを取り入れて、必要な栄養素を補給しながら、摂取カロリーは抑えるダイエット法です。
    プロテインを摂取する方法には、食事をプロテインに置き換える方法と、食事にプロテインをプラスする方法があります。
    出典 :【プロテインダイエット】 | 健康食品・サプリメント | 方法 | 食事 | ダイエットSlism
  • 食事をプロテインに置き換え

    1日の食事のうちの1~2食をプロテインに置き換え、そのほかの食事は普段通りに食べます。
    食事は500~600kcalに抑えることが望ましいでしょう。食べ過ぎは良くないので、よく噛んでゆっくり食べるようにしましょう。

    食事にプロテインをプラス

    1日のうちの1~2食にプロテインをプラスします。食前にプロテインを摂取すると、空腹感がなくなることで、食べ過ぎを防げます。
    プロテインには、豊富なたんぱく質が含まれているので、肉や魚のおかずを抑えて、野菜と主食を中心に摂取すると良いでしょう。

    プロテインの種類

    ダイエット向けのプロテインには、ドリンクタイプだけでなく、ケーキやリゾットなど食感を楽しめ、食べ応えのあるものもあります。
    商品によって、含まれている栄養素や味が異なるので、自分の好みに合った商品を利用すると良いでしょう。

    プロテインの飲み方

    ドリンクタイプのプロテインは、水か牛乳に混ぜて飲みます。商水に溶かす商品と牛乳に溶かす商品があるので、確認してから作りましょう。

    グラスなどに入れてかき混ぜても大丈夫ですが、シェイカーで溶かすとダマになりにくく、飲みやすくなります。
    出典 :【プロテインダイエット】 | 健康食品・サプリメント | 方法 | 食事 | ダイエットSlism
     

    一連のダイエット方法です

  • プロテイン系置き換えダイエットのデメリット

  • どんなダイエット方法にもメリット・デメリットの両面があります。プロテイン系ダイエットのデメリットは、次の2点が考えられます。

    ・利用方法を誤るとリバウンドにつながる
    ・長期的(数ヶ月)継続するのが難しい可能性がある
    出典 :3/3 プロテイン系ダイエットは本当に痩せる?その効果とは [食事ダイエット] All About
  • 普段の食生活がかなりカロリーオーバーであれば、1ヶ月徹底して続ければ2~3kgの減量も可能な場合もあるでしょう。ですが、ダイエットの専門家の間でも、一般的には1ヶ月で体重の5%以上(60kgの場合は3kg以上)を減量すると、「急激な減量」として、身体に大きな負担がかかり、リバウンドの原因になると言われています。

    したがって、プロテイン系食品での置き換えは一日1食にし、継続は1ヶ月というのが目安ではないかと考えられます。一日3食のうち、2~3食を置き換えるなどの方法は、結果的にデメリットが大きいと考えらるので、避けたほうが良いでしょう。また食事として考えたときには、味わいの面での飽きが来ない工夫も必要です。

    出典 :3/3 プロテイン系ダイエットは本当に痩せる?その効果とは [食事ダイエット] All About
  • 体重60キロの人が必死に頑張って1日3食をプロテインダイエットに置き換えて1か月に6キロのダイエットに成功した場合、翌月または近いうちに体重60キロ付近までリバウンドする可能性は高いです。そしてずっとプロテインダイエットから抜け出せない悪循環にはまることとなります
    出典 :プロテインダイエットの効果とリバウンドを防ぐ方法 | ダイエット効果ブック
     

    負のスパイラルですね

  • メリットもきちんとある!

  • 1食あたりの摂取カロリーを約200kcalにできる!

    食事をプロテインに置き換えると、摂取カロリーは160~220kcalに抑えることができます。
    低カロリーでありながら、栄養素はバランスよく配合されているので、1日に必要な栄養素の多くをプロテインで摂取できてしまうのです。
    出典 :【プロテインダイエット】 | 健康食品・サプリメント | 方法 | 食事 | ダイエットSlism
  • 筋肉はやせやすい体を作ります!

  • プロテインダイエットは、豊富なたんぱく質を摂取できるので、筋肉量や基礎代謝量の低下を防ぎ、効率良くダイエットすることができます。プロテインダイエットは、運動と組み合わせることでさらに効果UPが期待できます。
    出典 :【プロテインダイエット】 | 健康食品・サプリメント | 方法 | 食事 | ダイエットSlism
  • 脂肪燃焼を促進するアミノ酸が豊富

     

    プロテインには、アミノ酸がバランス良く配合されていて、脂肪の分解、脂肪燃焼を促進する効果があります。

    http://slism.jp/method/meal-protein.html(一部引用)

  • プロテインダイエットをやめた後に過食してしまう原因の1つには、体重を短期間で一気に落としすぎたことが関係しています。

    体はゆっくりした変化には適応しますが、急な変化には適応しにくい構造になっています。毎月1%程度しか体重を減らさないゆっくりペースのダイエットなら、リバウンドする可能性はグッと低くなります。
    出典 :プロテインダイエットの効果とリバウンドを防ぐ方法 | ダイエット効果ブック