心も体もすっきり!?ストレス発散は大切!

忙しい毎日に追われて
ストレスがたまっていませんか?

ストレスと上手に付き合って
発散させることも大切ですよ?

view340

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まずはストレス状態のチェック!!!

  • ・よく寝れなかったり、眠りすぎる。また、夜中に一度目が覚めると、寝付けない
    ・外出が億劫で、人に合うのもなんとなく面倒(引きこもりだ)
    ・以前からの趣味が急に楽しめなくなった(やる気も出ない)
    ・常にだるさや肩こりを感じている。または休んでも不調の兆しがない
    ・周囲に気を使い、評価が気になる
    ・どちらかといえばマイナス思考だ
    ・周りの人や出来事にいらだつころがおおく、不満や怒りを募らせる事が多い
    ・物事を早急に片付けようとするあまり、常に心が焦りがちで落ち着かない

  • ストレスの原因を「ストレッサー」と呼ばれ、その種類に応じて


     ・物理的ストレッサー (寒冷、騒音、放射線)
     ・化学的ストレッサー(酸素、薬物など)
     ・生物的ストレッサー(炎症、感染)
     ・心理的ストレッサー(怒り、不安) に分類することができます。
    出典 :ストレス発散で自信を取り戻せ!上手な気持ちの切り替え18選 | ザ・チェンジ
  •  

    5つ以上当てはまるあなた!
    危険信号が出ています
    ストレスを発散しましょう!

    すべて当てはまるあなた!
    周囲の信頼できる人に今すぐ
    相談して下さい!!!

  • 働く女性に多いストレスとは?

  • 男性は仕事や職場に起因するストレスが多く、女性は家庭生活や暮らしに起因するストレスが多いといわれていたのはひと昔前のこと。働く女性はその両方の影響を受けていることになります。
     特に女性が一生働くことを想定した場合、女性は男性よりも多くの役割をこなさなければいけません。そこには2つの問題があります。
     1つは性差の問題。男女平等が当たり前になった今も、実際には男性だというだけで優遇されたり、逆に女性だからということで負担を強いられるケースが現実にまだまだあります。そこには、仕事の役割とは別に"女性らしさ"や"女性ならではの視点"が求められることも。このように仕事上の役割を果たすだけではなかなか評価されない性差に基づくストレスを感じている人は少なくありません。
     もう1つは、取り巻く環境の問題。女性の人生にはいくつもの転機が訪れます。中でもシティ世代は、結婚・妊娠・出産の時期と仕事の充実期が重なり、たくさんの役割を持ち合わせることになります。いろいろな役割をすべて完ぺきにこなさなければいけないというプレッシャーが、大きな負担になるという現実も、働く女性特有のストレスといえます。
    出典 :ココロもカラダもスッキリ ストレス発散のススメ
  • ちなみにストレスとは

    緊張感
    気持ちのハリ
    気遣い
    我慢
    を強いられた心が感じる

    ”負担”です

  • ストレスとは本来、外部からのさまざまな刺激によって、心や体に負担がかかることをいいます。それによって心身に生じた歪(ゆが)みをストレス反応といい、不眠やうつ、胃痛や頭痛、さらには胃潰瘍(かいよう)などがその代表的な症状としてあげられます。
     でも実際は、もう少しカジュアルに使われることが多いストレスという言葉。例えば普段、私たちが「ストレスがたまっている」と表現する場合は、心が負担に思うこと全般を指しています。つまり、一般的には緊張感を持って向き合うこと、必要以上に気を遣うこと、我慢を強いられることなどに対して、不快と感じるすべてを称して、ストレスといいます。
     ただし、ストレスは主観的な要素も大きく、ある人にとってはすごくストレスだけれども、ほかの人にとってはそれほど感じない…というパターンも当たり前にあります。自分のストレスを理解されないからこそ、人との関わりの中でストレスを感じる人が多いのかもしれません。
    出典 :ココロもカラダもスッキリ ストレス発散のススメ
  • 感じやすいタイプの人とかってあるの?

  • ストレスを感じやすい人というのは、さまざまな物事に対してやや過敏に反応してしまう傾向があります。同じ状況の中にいても、あまり頓着せず受け流す人もいれば、とても不快に感じる人もいます。その場合、後者の方が我慢を強いられることになりますから、その分、大きなストレスを感じてしまうのです。でもコンディションによって敏感になってしまうことは、誰にでもあり得ることです。
    出典 :ココロもカラダもスッキリ ストレス発散のススメ
     

    こういう人だからこう

    というのは通用しないのですよ?

    万人に当てはまるのがストレスです!!

    私は違うと思っていても
    たまっていませんか?

  • ストレスを解消させる為には?

  • 「ストレスがたまっているかも…」と感じたら、まずは体を休ませること。疲れている時ほど、心は負担を感じやすいものです。そんな時は負担を感じていること(=ストレスの原因)から離れることが大切です。
    出典 :ココロもカラダもスッキリ ストレス発散のススメ
  • 寝る

    ストレス解消の一番簡単な方法は寝ることです。眠っていれば、ストレスの原因に関して考えることなく、体をリラックスさせることができるからです。

    アロマをお持ちの方はリラックスに向いている香りを選んでアロマを焚きながら眠ってもいいかもしれませね。

    運動する

    もし、趣味でスポーツをされる方であればスポーツをすることをお勧めします。スポーツをして汗をかくことでスッキリした気持ちになることができるからです。

    普段、あまりスポーツをしない方は散歩でもいいかもしれません。景色を楽しみながら散歩をするとすがすがしい気持ちになりますよね。

    その際にもストレスの原因になっていることを考えないように、音楽を聞きながら歩くといいでしょう。

    大声を出す

    ストレスが溜まっているときに大声を出す行為って、ストレスを発散しているイメージがありませんか?心理的なストレス解消方法かもしれませんが、大声を出してストレス発散をするのもいいと思います。

    大声を出すことってなかなかありませんから、どうすればいいかわからないと思います。そんな時に利用したいのがカラオケです。

    カラオケで歌を歌いながら大声を出せば人に迷惑をかけずにストレス発散をすることができます。

    マッサージ

    少しお金を奮発できるなら、マッサージもお勧めです。ボディーケアをすることで、体の疲れを取り除くことができ、心身ともにリフレッシュすることができます。

    ツボ押しや整体、タイ式、アロマなどとても多くのマッサージがありますので色々と試してみてはいかがでしょうか?
    出典 :シンプルな4つのストレス解消法 | 今日からできる!ストレス解消プログラム
  •  

    ・体を休める事
    心にとても良いコンディションを取り戻す事が出来ます

    ・癒し
    精神を安定させリラックスする事により
    自律神経のバランスを整え
    本来の調子を引き出す事が出来ます!

    ・娯楽
    ストレスから目を離し
    気持ちをそらす事でココロがほぐれます

  • 日頃から

  • 物事に対して敏感になっている人は、他の人よりもストレスを感じやすいものです。ではもし、そんな人が職場にいたらアナタはどうしますか? こういったケースでは日ごろのコミニュケーションがとても重要になってきます。もちろん必要以上に気を遣ったり、距離をとる必要はありませんが、発した言葉に対して自分と受け取る側にズレがあることを感じたら、「いやそんなつもりじゃなくて…」とすぐに修正して、正確な意図を伝えることが大切です。お互いに感じていることを伝えやすい人間関係を構築し、丁寧に関わることを心がけましょう。
    出典 :ココロもカラダもスッキリ ストレス発散のススメ